UML 要素をモデルに追加する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

UML モデルに要素を追加する方法について理解するには、まず図とモデルの区別を理解しておく必要があります。

[モデルエクスプローラー ] ウィンドウの階層ツリービューにモデルが表示されます。

図は、ツリービューのアイコンによって表されるモデルのビューで、UML モデル図図面ファイルのページを描画します。

UML モデル図テンプレートを使用する場合は、次の情報を念頭に置いてください。

  • 図に要素を追加するには、ツリービューからアイコンをドラッグするか、ステンシルから図面ページに図形を挿入します。

  • ステンシルから図面ページに図形をドラッグすると、図形はモデルの一部になります。クラス図形、ユースケース図形、コンポーネント図形など、図面ページにドラッグした図形の多くは、ツリービューにもアイコンとして自動的に追加されます。

注: ツリービューから図面ページにアイコンをドラッグすると、モデル要素のビューが作成されます (新しいモデル要素ではありません)。

  • ツリー ビューに要素を追加すると、要素を表すアイコンをツリービューから図面ページにドラッグしない限り、その要素は図に表示されません。

  • ツリービューで要素を複製したり、要素アイコンを別のパッケージにドラッグしたりすることができます。

  • ツリービューから同じ要素アイコンを別の図面ページにドラッグすることで、同じ要素のさまざまなビューを異なる図に追加できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×