UML ユース ケース図を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Visio を使用して、統一モデリング言語 (UML) ユースケース図を作成できます。統合モデリング言語 (UML) は、ソフトウェアモデルを描画する標準的な方法です。

"システム境界と、境界外のアクターが境界内のユースケースに与える影響を定義するユース ケース図"

吹き出し 1 システム境界を定義すると、システムの外部または内部と見なされる内容が決定されます。

吹き出し 2 アクターは、外部オブジェクトによって再生される役割を表します。一方のオブジェクトは複数の役割を果たすことがあります。したがって、複数のアクターによって表されます。

吹き出し 3 通信関係は、ユースケースでのアクターの参加を示しています。

吹き出し 4 ユース ケースは、アクターがシステムを使ってプロセスを完了したときに発生する一連のイベントです。通常、ユースケースは、個々のステップやトランザクションではなく、比較的大規模なプロセスです。

  1. [ファイル] タブで、[新規作成] をポイントし、空白の図を開きます。

  2. [その他の図形] 、[ソフトウェアとデータベース]、 [ソフトウェア]、[ UML ユースケース] の順にクリックします。

    ユースケース図を作成する

  3. ユースケース図のサブシステムを示すには

    1. [サブシステム] 図形を図面ページにドラッグします。サブシステムは、全体または主要なコンポーネントを表すことができます。

    2. [サブシステム] 図形をダブルクリックし、新しい名前を入力します。または、delete キーを押して既存の名前を削除します。図面ページの図形の外側をクリックします。

    3. サブシステムのサイズを変更するには、図形を選択し、選択ハンドルをドラッグします。

  4. ユースケースステンシルからユースケース図形をドラッグし、サブシステム境界内に配置してから、 アクター図形をサブシステム境界の外側にドラッグします。

  5. コネクタ図形を使用して、ユースケースとアクター間の関係を示します。次の5つのコネクタを使用できます。

    • アソシエーション: アクターとユースケースの関係を示します。

    • 依存関係: 1 つのユースケースに別の依存関係があることを示します。

    • 一般化: ユースケースは、一般的なユースケースの目標を達成するための特定の方法であることを示します。

    • インクルード: ユースケースを小さなステップに分割する方法を示します。

    • Extend: 1 つのユースケースが別の機能に追加されることを示します。

    例: アクターとユースケースの関係を示すには

    1. ユース ケース図で、[アソシエーションコネクタ] 図形を図面ページにドラッグします。

    2. [関連付け] 図形の1つの端点を、アクター図形の接続ポイントに接着します。他のエンドポイントをユースケース図形の接続ポイントに接着します。

  6. 図面を保存します。

関連項目

ユースケース図 (および Microsoft Visual Studio を使用してユースケース図を作成するための手順) の詳細については、「 UML ユースケース図: リファレンス」を参照してください。

  1. [ファイル] タブで、[新規作成] をポイントします。

  2. [テンプレートのカテゴリ] で、[ソフトウェアとデータベース] をクリックします。

    [ソフトウェアとデータベース] を選択する

  3. [ UML モデル図] をクリックします。空白の図面ページが表示されます。

    UML モデル図を選ぶ

  4. ツリービューで、ユースケース図を含めるパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして、[ケース図の使用] をクリックします。

    ユースケース図をクリックします。

    空白のページが表示され、[ UML ユースケース] ステンシルが最上位のステンシルになります。図を表すアイコンがツリービューに追加されます。

    ユースケースがツリービューに追加される

    注: ツリービューが表示されていない場合は、[UML] タブの [表示/非表示] グループで [モデルエクスプローラー] を選択します。

  5. ユースケース図のシステム境界を示すには

    1. [システム境界] 図形を図面ページにドラッグします。

      [システム境界] を選ぶ

    2. [システム境界] 図形をダブルクリックし、システムの新しい名前を入力するか、delete キーを押して既存の名前を削除します。図面ページの図形の外側をクリックします。

    3. システム境界のサイズを変更するには、図形を選択し、選択ハンドルをドラッグします。

  6. ユースケースステンシルからユースケース図形をドラッグし、システム境界内に配置して、 アクター図形をシステム境界の外側にドラッグします。

  7. ユースケースとアクター間の関係を示すには、[コミュニケーション] 図形を使用します。

    アクターとユースケースの関係を示すには

    1. ユース ケース図で、[通信] 図形を図面ページにドラッグします。

    2. コミュニケーション図形の1つのエンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を、アクター図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。他のエンドポイントをユースケース図形の接続ポイントに接着します。

    3. 情報のフローを示す矢印を追加する場合は、次の操作を行います。

      • [通信] 図形をダブルクリックし、[関連付け] で編集する末尾をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

      • [アソシエーション End ] カテゴリで、 IsNavigableを確認し、[ ok] をクリックして、もう一度 [ ok ] をクリックします。

      • [通信] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックします。[終了オプション] で、[ end 誘導] を選び、[ OK] をクリックします。

  8. ユースケース間の関係を示すに、[使用] と [図形の拡張] を使用します。

    2つのユースケース間の使用関係を示すには

    1. ユース ケース図で、[使用するリレーションシップ] 図形を図面ページにドラッグします。

    2. 他のユースケースの動作を使用するユースケース図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に、矢印のないユースエンドポイントを接着します。

    3. 使用しているユースケースの接続ポイントに、使用しているエンドポイント (矢印付き) を接着します。

    4. [使用] 図形をダブルクリックして、[ UML 汎化のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。プロパティ値を追加し、[ OK] をクリックします。

    2つのユースケース間の拡張関係を示すには

    1. ユース ケース図で、拡張図形を図面ページにドラッグします。

    2. 延長を提供するユースケースの接続ポイントに、矢印のない拡張エンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を接着します ( 接続ポイントの画像 - 青い X )。

    3. 拡張エンドポイントを矢印にして、基本ユースケースの接続ポイントに接着します。

    4. [拡張] 図形をダブルクリックして、[ UML 汎化のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。プロパティ値を追加し、[ OK] をクリックします。

  9. (システム境界図形を除く) 任意の図形をダブルクリックして [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開き、名前、属性、操作、その他のプロパティ値を追加できます。

  10. 図面を保存します。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントして、[ UML モデル図] をクリックします。

    [ソフトウェアとデータベース] を選択する

  2. ツリー ビューで、 ユース ケース図を追加するパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして、[ケース図の使用] をクリックします。

    よみがえるユースケース図

    空白のページが表示され、[ UML ユースケース] ステンシルが最上位のステンシルになります。図を表すアイコンがツリービューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [ビュー] をポイントし、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  3. ユースケース図のシステム境界を示すには

    1. [システム境界] 図形を図面ページにドラッグします。

      ユースケースステンシル

    2. [システム境界] 図形をダブルクリックし、システムの新しい名前を入力するか、delete キーを押して既存の名前を削除します。図面ページの図形の外側をクリックします。

    3. システム境界のサイズを変更するには、図形を選択し、選択ハンドルをドラッグします。

  4. ユースケースステンシルからユースケース図形をドラッグし、システム境界内に配置して、 アクター図形をシステム境界の外側にドラッグします。

  5. ユースケースとアクター間の関係を示すには、[コミュニケーション] 図形を使用します。

    アクターとユースケースの関係を示すには

    1. ユース ケース図で、[通信] 図形を図面ページにドラッグします。

    2. コミュニケーション図形の1つのエンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を、アクター図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。他のエンドポイントをユースケース図形の接続ポイントに接着します。

    3. 情報のフローを示す矢印を追加する場合は、次の操作を行います。

      • [通信] 図形をダブルクリックし、[関連付け] で編集する末尾をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

      • [アソシエーション End ] カテゴリで、 IsNavigableを確認し、[ ok] をクリックして、もう一度 [ ok ] をクリックします。

      • [通信] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックします。[終了オプション] で、[ end 誘導] を選び、[ OK] をクリックします。

  6. ユースケース間の関係を示すに、[使用] と [図形の拡張] を使用します。

    2つのユースケース間の使用関係を示すには

    1. ユース ケース図で、[使用するリレーションシップ] 図形を図面ページにドラッグします。

    2. 他のユースケースの動作を使用するユースケース図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に、矢印のないユースエンドポイントを接着します。

    3. 使用しているユースケースの接続ポイントに、使用しているエンドポイント (矢印付き) を接着します。

    4. [使用] 図形をダブルクリックして、[ UML 汎化のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。プロパティ値を追加し、[ OK] をクリックします。

    2つのユースケース間の拡張関係を示すには

    1. ユース ケース図で、拡張図形を図面ページにドラッグします。

    2. 延長を提供するユースケースの接続ポイントに、矢印のない拡張エンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を接着します ( 接続ポイントの画像 - 青い X )。

    3. 拡張エンドポイントを矢印にして、基本ユースケースの接続ポイントに接着します。

    4. [拡張] 図形をダブルクリックして、[ UML 汎化のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。プロパティ値を追加し、[ OK] をクリックします。

  7. (システム境界図形を除く) 任意の図形をダブルクリックして [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開き、名前、属性、操作、その他のプロパティ値を追加できます。

  8. 図面を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×