UML ユースケース図について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ユースケースを特定したら、ユースケース図を作成してユースケースをコンテキストに配置できます。ユースケース図を作成するには、一連のユースケースに対してシステム境界を確立し、特定のアクターとユースケースの間の通信の行を定義する必要があります。

開発プロジェクトの初期段階では、ケース図を使って現実世界のアクティビティと動機を説明します。後の段階で図を調整して、ユーザーインターフェイスとデザインの詳細を反映させることができます。

"システム境界と、境界外のアクターが境界内のユースケースに与える影響を定義するユース ケース図"

吹き出し 1 システム境界を定義すると、システムの外部または内部と見なされる内容が決定されます。

吹き出し 2 アクターは、外部オブジェクトによって再生される役割を表します。一方のオブジェクトは複数の役割を果たすことがあります。したがって、複数のアクターによって表されます。

吹き出し 3 通信関係は、ユースケースでのアクターの参加を示しています。

吹き出し 4 ユース ケースは、アクターがシステムを使ってプロセスを完了したときに発生する一連のイベントです。通常、ユースケースは、個々のステップやトランザクションではなく、比較的大規模なプロセスです。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×