UML モデルを開発プロセスにマッピングする方法について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office Visio では、特定の開発プロセスを推奨せずに UML モデルを作成することがサポートされています。ただし、uml 図をわかりやすいコンテキストで表示するために、次の図は、開発プロセスが次のようなフェーズにほぼ対応するモデルに以下の uml ダイアグラムの種類をまとめたものです。ユースケースモデルフェーズ、ドメインモデルフェーズ、デザインモデルフェーズ、実装モデルフェーズ。

フェーズは連続して表示されますが、最も効果的な開発プロセスは反復であり、各フェーズでは複数回発生します。

"システムのモデル化は、ユース ケース モデル、ドメイン モデル、デザイン モデル、実装モデルの 4 つのフェーズに分解できる"

ユースケースモデルフェーズ

ユースケースは、開発サイクルの早い段階で作成するプロセスについての説明です。外部アクターとシステムの間の相互作用を説明し、システム要件とドメイン領域で使用される用語を理解するのに役立ちます。ユースケースフェーズでは、ユースケース図を作成します。

ドメインモデルフェーズ

ユースケースモデルフェーズと同じように、ドメインモデルフェーズは、システムを開発しているドメインについて理解していることに重点を置いています。これは、プログラミングの概念ではなく、実世界のオブジェクトとリレーションシップについて考えている分析フェーズです。

ドメインモデルフェーズでは、概念的な静的な構造図、パッケージ図、シーケンス図を作成します。

設計モデルフェーズ

ユースケースとドメインモデルフェーズでは、開発するシステムに関連する要件と概念を理解することに重点を置いています。設計フェーズでは、この理解を適用して、プログラミングソリューションについて考えます。

このソリューションを開発するには、コラボレーション図を使用してオブジェクトの通信方法を決定し、クラスの静的構造図を使って、ソフトウェアで実装するクラスを定義する必要があります。

オブジェクトのライフサイクルを理解するために、特定のクラスまたはユース ケースに関連して、ステートチャートやアクティビティ図を作成することもできます。

実装モデルフェーズ

実装モデルフェーズでは、開発環境の物理的およびコンポーネント構造に重点を置いています。実装フェーズでは、コンポーネント図と配置図を作成します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×