スキップしてメイン コンテンツへ

UML プロパティとドキュメントウィンドウについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[プロパティドキュメント] ウィンドウには、選択した UML 要素に関する追加情報が記載されています。これらのウィンドウは既定で表示されません。次のいずれかのウィンドウを表示するには、[ UML ] メニューの [表示] をクリックし、[ドキュメント] または [プロパティ] をクリックします。

プロパティまたはドキュメントウィンドウを移動して、ウィンドウのサイズを変更したり、枠線のいずれかをドラッグしたり、windows を積み重ねたり、ウィンドウを別の場所にドッキングしたりして、図面ページウィンドウの任意の端にドラッグします。

[プロパティ] ウィンドウ

図で UML 図形を選択すると、その要素に関連付けられている主なプロパティが [プロパティ] ウィンドウに表示されます。このタブでプロパティを編集することはできません。これは、表示目的にのみ提供されます。

ドキュメントウィンドウ

UML 要素に関連付けられているドキュメントタグ付きの値は、ツリービューで要素アイコンを選択するか、要素を表す図面ページ上の図形のいずれかを選ぶと、ドキュメントウィンドウに表示されます。要素にドキュメントを追加するには、そのアイコンまたは図形を選択し、ここに文書のテキストを入力します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×