スキップしてメイン コンテンツへ

UML ステートチャート図を作成する

重要: UML ステートチャート図は Visio 2013 および新しいバージョンでは使用できません。 Visio 2013 以降のバージョンでの UML 図の詳細については、「 Visio の uml 図」を参照してください。

オブジェクトが外部イベントに対応するときの遷移を示すステートチャート図

吹き出し 1 最初の 状態 は、図面のすべてのイベントが処理される前のオブジェクトの状態です。

状態 吹き出し 2 は、 オブジェクトの耐用年数の瞬間を表します。 [状態] 図形をダブルクリックして、名前を追加し、内部のアクションとアクティビティを一覧表示します。

吹き出し 3 の画面切り替えは、イベントに応答して、オブジェクトがある状態から別の状態に移動し、操作を実行することを示します。

切り替えをトリガーする イベント 吹き出し 4 切り替え文字列に名前が付けられます。 切り替えをダブルクリックして、イベント署名に加えて、ガード条件、アクション式などを含めることができる文字列でラベルを付けることができます。

ステートチャート図を作成する

  1. ステートチャート図で表す動作を含むクラスまたはユースケースを含む UML モデルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェア] をポイントして、[ UML モデル図] をクリックします。

  3. ツリー ビューで、 ステートチャート図で表す動作が含まれている クラス または ユース ケース を表すアイコンを右クリックします。 [新規作成] をポイントし、[ステートチャート図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[ UML のステートチャート] ステンシルが一番上のステンシルになります。 ワークスペースには、透かしとして "ステートチャート" と表示されます。 図を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [ビュー] をポイントし、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  4. [状態] 図形を図面ページにドラッグして、オブジェクトが通過する状態の順序を表します。

    UML ステートチャートおよびアクティビティ図の状態の図形を操作します。

  5. [合成状態] 図形をページ上にドラッグして、同時、相互排他的、または入れ子になった下位状態を表します。

    UML ステートチャート図の [合成状態] 図形を操作する

  6. 遷移図形を使って状態を他の状態に接続して、1つの状態のオブジェクトがイベントに応答して第2の状態を入力することを示します。

    UML ステートチャート図およびアクティビティ図で遷移図形を操作する

    ヒント: イベントに応答してオブジェクトの状態を維持することを示すには、円弧の形をした [遷移] 図形を使います。 切り替えの両方の端点を接続ポイントに接続して、同じ状態図形で 接続ポイントの画像 - 青い X ます。

  7. 切り替え図形を遷移 (結合)および遷移 (分岐)図形に接続して、1つの状態から複数の状態への分岐または複数の状態の同期を1つの状態に表す。

  8. 緩斜面履歴または深い履歴図形を使用して、オブジェクトが領域内で最後に保持した状態を再開することを示します。

    UML ステートチャート図の [合成状態] 図形を操作する

  9. 任意の図形をダブルクリックして [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開き、名前、アクション、アクティビティ、イベント、その他のプロパティを追加します。

  10. 図面を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×