UML ステートチャート図について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: UML ステートチャート図は、 Visio 2013と新しいバージョンでは使用できません。visio 2013 と新しいバージョンの uml 図については、「 visio の uml 図」を参照してください。

クラスまたはユース ケースに添付されているステートマシンは、外部刺激に対するオブジェクトの応答を表す状態と遷移のグラフです。

ステートチャート図は状態マシンを表します。イベントと画面切り替えを文書化することで、ステートチャート図は、オブジェクトがその期間中に通過する状態のシーケンスを示します。

外部イベントではなく内部で生成されたアクションによって駆動されるフローを表すには、 アクティビティ図を使用します。

オブジェクトが外部イベントに対応するときの遷移を示すステートチャート図

吹き出し 1 最初の状態は、図面内のイベントが処理される前のオブジェクトの状態です。

吹き出し 2 状態は、 オブジェクトの有効期間内のインスタントを表します。[状態] 図形をダブルクリックして名前を追加し、その内部アクションとアクティビティを一覧表示します。

吹き出し 3 TransitionsTransitions は、イベントへの応答として、オブジェクトがある状態から別のステートに移動し、アクションを実行することを示します。

吹き出し 4 移行をトリガーするイベントには、移行文字列に名前が付けられます。切り替え効果をダブルクリックして、イベントの署名に加えて、ガード条件、アクション式などを含めることができる文字列でラベルを付けます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×