スキップしてメイン コンテンツへ

UML ステートチャート図およびアクティビティ図で遷移図形を操作する

重要: UML ステートチャート図は、Visio 2013 およびそれ以降のバージョンでは使用できません。 Visio 2013 およびそれ以降のバージョンでの UML 図の詳細については、「 visio の uml 図」を参照してください。

ステートチャート図またはアクティビティ図の画面切り替えに切り替え文字列を追加する

  1. ステートチャート図 または アクティビティ図で、 切り替え 文字列を追加する切り替えまたは制御フローの図形をダブルクリックします。

  2. [ UML 切り替えプロパティ] ダイアログボックスで、[切り替え] をクリックし、[イベント] をクリックします。 [新規] をクリックし、必要な イベント の種類を選択して、[ OK]をクリックします。

  3. イベントの名前を入力し、必要なその他のプロパティ値を入力または選択します。 タブをクリックして、作成するイベントの種類に応じて、制約、タグ付き値、またはパラメーターを追加します。 [切り替え] カテゴリに戻るまで [ OK]をクリックします。

  4. [ガード] を選択してガード条件を追加します。 次に、テキストボックスに必要なガード条件を入力します。

  5. [言語] で、目的の言語を選択します。

  6. [アクション] タブをクリックし、[新規] をクリックしてアクション式を作成します。 目的の 動作 の種類を選び、[ OK] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

  7. アクションの名前を入力し、必要なその他のプロパティ値を入力または選択します。 タブをクリックして、詳細、引数 (使用可能な場合)、制約、またはタグ付き値を追加します。 [ UML 切り替えプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで [ OK]をクリックします。

切り替え時に、切り替え文字列が表示されます。

ヒント

アクティビティ図では、シグナル受信シグナル送信図形を使って、通常は遷移文字列で指定されたイベントとアクションの情報を明示的に示すことができます。 シグナル受信またはシグナル送信図形にイベントとアクションの情報を追加するには、前に説明した手順に従って、切り替えに切り替え文字列を追加します。

ステートチャート図の状態間の切り替えを示す

  1. ステートチャート図で、[遷移] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. [遷移] 図形の矢印がない端点を、[ソースの状態] 図形の 接続ポイントの画像 - 青い X 接続ポイントに接着します。

  3. 遷移図形の端点を矢印で接着して、接続先の状態図形の接続ポイントにします。

  4. [遷移] 図形をダブルクリックして、 イベント、ガード条件、アクション式などの切り替え文字列を追加します。

ヒント

ソースの状態がステートチャート図のターゲットの状態でもある場合は、弧の形をした [遷移] 図形を使用します。 図形上の2つの端点を、同じ状態図形の2つの接続ポイントに接着します。

ステートチャート図またはアクティビティ図で複雑なフォーク遷移を示す

  1. ステートチャート図 または アクティビティ図で、[遷移 (分岐) ] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. [遷移] 図形を使用して、ソースの状態を [切り替え (分岐) ] バーに接続します。 [遷移] 図形の端点が矢印なしで、ソースの状態に 接続ポイントの画像 - 青い X 接続ポイントに接着し、切り替え図形のエンドポイント (矢印) をバーの接続ポイントに接着します。

  3. 切り替え図形を使用して、遷移 (分岐)バーを移動先の状態に接続します。 矢印のない [遷移] 図形の端点を、バーの 接続ポイントの画像 - 青い X の接続ポイントに接着し、[遷移] 図形の端点を矢印で接着先の状態の接続ポイントに接着します。

ステートチャート図またはアクティビティ図で複雑な同期遷移を示す

  1. ステートチャート図 または アクティビティ図 [切り替え (参加) ] 図形を図面ページにドロップします。

  2. 切り替え図形を使って、ソースの状態を切り替え (結合)バーに接続します。 矢印のない遷移図形のエンドポイントを接続ポイントに接着して、ソースの状態を 接続ポイントの画像 - 青い X し、遷移図形の端点を矢印で示してバーの接続ポイントにします。

  3. [遷移] 図形を使用して、遷移 (参加)バーを移動先の状態に接続します。 [遷移] 図形の端点が矢印ではなく、バーの接続ポイントに接着され、切り替え図形の端点が矢印で接続先の状態の接続ポイントに接着されます。

アクティビティ図でシグナルが送信または受信されたことを示す

  1. アクティビティ図で、[シグナル送信] または [シグナル受信] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. [シグナル送信] または [シグナル受信] 図形の切り替えのコントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を接続ポイントに接着して、[ソースアクションの状態] 図形に 接続ポイントの画像 - 青い X ます。

  3. [シグナル送信] 図形または [シグナル受信] 図形の画面切り替えのコントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を接続先のアクションの状態図形の接続ポイントに接着します。

    ヒント: [シグナル送信] と [シグナル受信] 図形を適切に回転させるには、図形を右クリックし、[図形] をポイントして、[左に回転] または [に回転] をクリックします。

  4. [シグナル送信] または [シグナル受信] 図形をダブルクリックして、名前、ステレオタイプ、イベント、アクション、ガード条件、その他のプロパティを追加します。

注: 通常の制御フロー切り替えの代わりに [シグナル送信] または [シグナル受信] 図形を使用すると、画面切り替えの送信信号またはイベントラベルがシグナルの送信または受信記号に置き換わります。

アクティビティ図内の制御フローを示す

  1. アクティビティ図で、図面ページに [制御フロー] 図形をドラッグします。

  2. 矢印の付いていない [制御フロー ] 図形のエンドポイントを接続ポイントに接着して 接続ポイントの画像 - 青い X ソースの動作状態] または [状態] 図形を選びます。

  3. [制御フロー ] 図形の端点を矢印で接着して、接続先の [動作状態] または [状態] 図形の接続ポイントに接着します。

  4. イベント、保護条件、アクションの式などを含む、画面切り替えの文字列を追加するには、[制限フロー] 図形をダブルクリックします。

関連項目

UML ステートチャート図を作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×