UML シーケンス図について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

相互作用図の種類をシーケンス図は、アクターまたは相互作用と時刻の順序で配置が生成されるイベントに参加しているオブジェクトを示します。多くの場合、シーケンス図にも存在する一般的な形式ではシーケンス図は、 ユース ケースの特定のインスタンスから発生したイベントを表示します。

シーケンス図の垂直寸法線は時間を表し、ページの下方に進むに従って時間の経過を表します。水平寸法線は、さまざまなアクターやオブジェクトを表します。

時系列に沿ったオブジェクトの対話方法を表示するシーケンス図

シーケンス図の垂直寸法線は時間を表し、ページの下方に進むに従って時間の経過を表します。水平寸法線は、さまざまなアクターやオブジェクトを表します。

吹き出し 1 オブジェクトは、特定の時点での存在は、オブジェクト生存線として表示されます。オブジェクトの作成または破棄を示す行の長さを調整します。

吹き出し 2 矢印では、オブジェクト間でメッセージを表しています。オブジェクトでは、自体にメッセージを送信することもできます。

吹き出し 3 オブジェクトがアクションを実行するまでの時間を示す生存線にライセンス認証 (コントロールのフォーカスとも呼ばれます) を追加します。

吹き出し 4 戻り値のメッセージは、破線として表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×