UML コラボレーション図を作成します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: UML コラボレーション図はVisio 2013以降のバージョンではできません。 Visio 2013 と新しいバージョンの図については、 Visio の図を参照してください。

操作を行うために渡される一連のオブジェクトとメッセージを表示したコラボレーション図

吹き出し 1 分類子ロール図形では、オブジェクトの識別文字列は、オブジェクトがインスタンスであることを示す下線がします。 コロンの前に、オブジェクト名を追加することもできます。

吹き出し 2 リンク、または関連ロール関係を表し、矢印を使用して示すことも誘導可能性します。

吹き出し 3 リンクの設定] をダブルクリックして、リンクと共に表示されるメッセージを定義するメッセージ] をクリックします。 通話の入れ子に従うプロシージャ メッセージに番号します。

吹き出し 4 最初のメッセージは、図面に追加のコンテキスト外でからは常にできます。

  1. Visio 2010で:テンプレートの分類] の下の [ソフトウェアおよびデータベースの _gt UML モデル図_gtの作成] をクリックします。

    Visio 2007で: [ファイル] メニューで、新規作成] をポイントし、ソフトウェア、] をポイントして、 UML モデル図をクリックします。

  2. ツリー ビューでは、 コラボレーション図、新規作成] をポイントして [コラボレーション図] をクリックするパッケージを右クリックします。

    空白のページが表示されたら、[ UML コラボレーション] ステンシルが最上部のステンシルになります。 ワークスペースでは、透かしとして [協調が表示されます。 図面を表すアイコンがモデル エクスプ ローラーのツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [ビュー] をポイントし、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  3. 共同作業を表すしたいオブジェクトの役割ごとに、分類子ロール図形を図面ページにドラッグします。

    分類子ロール図形

    新しい、破棄された、またはコラボレーション図で一時的なオブジェクトを指定します。

    1. コラボレーション図では、破棄するには、新規、指定するオブジェクトの分類子ロール] 図形または遷移を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックします。

    2. 分類子ロール状態] の下で、使用条件をクリックします。

      注: 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスで、選択した図形のみ、この変更を適用するには、現在の図面ウィンドウ ページで、選択した同じ UML 図形に適用] オプションをオフにします。 すべての分類子ロール図形場合は、上にドロップする図面に同じ条件を設定、[現在の図面ウィンドウ ページで同じ種類の UML 図形をドロップされた後に適用する] チェック ボックスをオンにします。

      オブジェクト名 (たとえば、Object1 {一時的な}) の後に角かっこで条件が表示されます。

    コラボレーション図でアクティブなオブジェクトを指定します。

    コラボレーション図では、[アクティブとして指定した分類子ロール図形は、{アクティブ} オブジェクト名の後にされます。 基にして、クラスがアクティブにするには、分類子ロールがアクティブにします。

    クラスがアクティブであることを示すには、クラスを表す図形またはツリー表示アイコンをダブルクリックします。 [ UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスで、クラス] をクリックし、[ IsActive] を確認し、[ OK] をクリックします。 分類子の役割は、クラスがアクティブなアクティブになります。

  4. 表示したいオブジェクトのセットごとに、マルチ オブジェクト図形を図面ページにドラッグします。 マルチ オブジェクト図形

  5. 名前やその他のプロパティの値を追加する、 UML 分類子ロールのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます、各分類子ロールまたは複数のオブジェクトの図形をダブルクリックします。

  6. それらを接続してオブジェクト間のリンクを示す関連ロール図形を使用します。 関連ロール] 図形の詳細を表示します。

    コラボレーション図で関連ロール パスを作成します。

    1. コラボレーション図では、間のパスを作成する 2 つの分類子ロールまたは複数のオブジェクトの図形付近にある関連ロール] 図形をドラッグします。

    2. 2 つのパスを使用して接続する図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X関連ロール] 図形の端点を接着します。

      ヒント: 自体に分類子ロールからの関連ロール パスを指定するに同じ分類子ロールの 2 つの接続ポイントに U の形をした関連ロール図形の 2 つの端点を接着します。

  7. 名前、メッセージの流れ、メッセージのラベル、多重度、およびその他のプロパティの値を追加する、 UML 関連ロール プロパティ] ダイアログ ボックスを開くには、各関連ロール図形をダブルクリックします。

    コラボレーション図で関連ロールにメッセージを追加します。

    1. コラボレーション図では、メッセージを追加する関連ロール] 図形をダブルクリックします。

    2. 関連付けロールの名前を入力し、[メッセージ] をクリックします。

    3. [新規作成] をクリックします。 名前とシーケンス式を入力します。 ステレオタイプ、方向、および必要なフローの種類を選択します。

    4. フラット メッセージまたはプロシージャ コールの場合は、[プロパティ] をクリックします。 メッセージを生成する操作を選択します。 操作が存在しない場合は、新規に作成したらをクリックします。

      非同期メッセージで、メッセージを生成するシグナルを選択します。 メッセージを受信するオブジェクト生存線に基づく分類子にシグナル受信が存在しない場合は、受信を作成するのには、新規をクリックします。

  8. 図面を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×