UML コラボレーション図について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

コラボレーション図は協調と相互作用を表します。協調とは特定のコンテキストに関連する一連のオブジェクトの役割であり、相互作用とは操作や結果を得るためにオブジェクト間で交換される一連のメッセージです。コラボレーション図は、1 つのユース ケースによって定義される 1 つのシステム イベントについて、オブジェクトのグループが相互に協調する方法を表す相互作用図です。

シーケンス図とは異なり、コラボレーション図はオブジェクトの役割間の関係を表すものであり、時間を個別の寸法線として表しません。したがって、コラボレーション図内のメッセージには、その順序を示す番号が付きます。

操作を行うために渡される一連のオブジェクトとメッセージを表示したコラボレーション図

吹き出し 1 分類子ロール図形では、オブジェクトの識別文字列は、オブジェクトがインスタンスであることを示す下線がします。コロンの前に、オブジェクト名を追加することもできます。

吹き出し 2 リンク、または関連ロール関係を表し、矢印を使用して示すことも誘導可能性します。

吹き出し 3 リンクの設定] をダブルクリックして、リンクと共に表示されるメッセージを定義するメッセージ] をクリックします。通話の入れ子に従うプロシージャ メッセージに番号します。

吹き出し 4 最初のメッセージは、図面に追加のコンテキスト外でからは常にできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×