UML アクティビティ図を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

オブジェクトがそのライフタイム中に経験する内部アクション状態の詳細情報を含むアクティビティ図

吹き出し 1 最初の状態は、図面内のイベントが処理される前のオブジェクトの状態です。

吹き出し 2 動作状態は、完了したアクティビティを表す状態の一種です。

吹き出し 3 アクションの状態からの切り替えは、アクションの状態の内部アクションが完了したときに発生します。

吹き出し 4 次のアクティビティが発生する前に完了する必要がある同時アクティビティを指定するには、結合切り替えを使用します。

吹き出し 5 [アクションの状態からの切り替え] をダブルクリックして、 ガードの条件とアクション式を使用してラベルを付けることができます。

吹き出し 6 並行して発生する可能性のあるアクティビティを示すには、フォーク切り替えを使用します。

吹き出し 7 最後の状態は、図が表す状況でのアクティビティの完了を表します。

  1. アクティビティ図の作成対象とする UML 要素が含まれた UML モデル図を開きます。

  2. ツリー ビュー で、アクティビティ図 を作成するパッケージ、サブシステム、クラス、操作、または ユース ケース のアイコンを右クリックします。[新規] をポイントし、[アクティビティ図] をクリックします。

    空白ページが表示され、[UML アクティビティ] ステンシルが最上部のステンシルとなります。ワークスペースには「アクティビティ」が透かしとして表示されます。図を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [ビュー] をポイントし、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  3. アクティビティ図に職務を示す場合は、[レーン] 図形を、表示したい各クラス、人、または組織単位のページにドラッグします。

    アクティビティ図にレーンを作成する

    1. アクティビティ図 で、図面ページに [レーン] 図形をドラッグします。

    2. 名前などのプロパティ値を追加するには、図形をダブルクリックします。

    3. 手順 1 と 2 を繰り返して、必要なパーティションや組織単位をすべて追加します。

    4. レーンのサイズを変更するには、レーン図形の横にある選択ハンドルをドラッグします。

    5. レーンによって定義された領域に、[状態]、[動作状態]、[オブジェクト イン状態]、および [シグナル受信] または [シグナル送信] をドラッグし、[制限フロー] と [オブジェクト フロー] 図形を使用して接続します。

  4. [動作状態] または [状態] 図形を、表示する各動作状態またはアクティビティの状態の図面ページにドラッグします。最初と最後の擬似状態を表すには、[初期状態] と [最終版の状態] 図形を使用します。UML ステートチャートおよびアクティビティ図の状態の図形を操作します。

  5. 状態の変化を示すには、[制御フロー] 図形を [状態] 図形に接続します。

    アクティビティ図内の制御フローを示す

    1. アクティビティ図で、図面ページに [制御フロー] 図形をドラッグします。

    2. [制御フロー] 図形のエンドポイント (矢印でないほう) を、リンク元の [動作状態] または [状態] 図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

    3. [制御フロー] 図形のエンドポイント (矢印のほう) を、リンク先の [動作状態] または [状態] 図形の接続ポイントに接着します。

    4. イベント、保護条件、アクションの式などを含む、画面切り替えの文字列を追加するには、[制限フロー] 図形をダブルクリックします。

  6. ひとつの動作状態から複数の並列状態への分岐や、複数の動作状態からひとつの状態への同期を表すには、複雑な画面切り替えの図形 ([遷移 (分岐)] または [遷移 (合流)]) を使用します。UML ステートチャート図およびアクティビティ図で遷移図形を操作する

  7. 遷移文字列をシグナル アイコンに置き換えるには、[シグナル送信] と [シグナル受信] 図形を使ってシグナルを表します。

  8. 任意の図形をダブルクリックすると [UML プロパティ] ダイアログ ボックスが開き、ここで、名前、遷移文字列、保護条件、遅延イベント、およびその他のプロパティを追加できます。

  9. 図面を保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×