UML アクティビティ図について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

アクティビティ図は、 ステートチャート図の特殊なケースであり、すべての状態がアクション状態であり、ソース状態のアクションの完了によって制御フローがトリガーされます。

特定のクラスまたはユース ケースに関連付けられているアクティビティ図は、メソッドの内部動作を示しています。アクティビティ図を使って、内部で生成されたアクションによって駆動されるフローを表します。外部イベントに応答してフローを表すには、 ステートチャート図を使用します。

アクティビティ図を使用すると、並列アクティビティや並行処理を確認し、ドキュメントを作成することができます。これにより、ワークフローのモデリング、ユースケースの分析、マルチスレッドアプリケーションの処理を行うための優れたツールとなります。

オブジェクトがそのライフタイム中に経験する内部アクション状態の詳細情報を含むアクティビティ図

吹き出し 1 最初の状態は、図面内のイベントが処理される前のオブジェクトの状態です。

吹き出し 2 動作状態は、完了したアクティビティを表す状態の一種です。

吹き出し 3 アクションの状態からの切り替えは、アクションの状態の内部アクションが完了したときに発生します。

吹き出し 4 次のアクティビティが発生する前に完了する必要がある同時アクティビティを指定するには、結合切り替えを使用します。

吹き出し 5 [アクションの状態からの切り替え] をダブルクリックして、 ガードの条件とアクション式を使用してラベルを付けることができます。

吹き出し 6 並行して発生する可能性のあるアクティビティを示すには、フォーク切り替えを使用します。

吹き出し 7 最後の状態は、図が表す状況でのアクティビティの完了を表します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×