UML を使用して Visual Studio .net のソースコードをリバースエンジニアリングする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

  1. Visual Studio でNET でプロジェクトまたはソリューションを開き、ソリューションエクスプローラーで、リバースエンジニアリングを行うソリューションまたはプロジェクトを選択します。

    注: 解決方法が選択されている場合、ソリューション内の各プロジェクトはリバースエンジニアリングされます。

  2. Visual Studio の [プロジェクト] メニューで、[ Visio UML] をポイントし、[リバースエンジニアリング] をクリックします。

  3. [visio UML ファイルの選択] ダイアログボックスで、Microsoft Office visio 図面を命名して保存するためのオプションを指定します。

    • [保存先] で、場所を指定します。

    • [ファイル名] に UML 図のファイル名を入力するか、既定の名前をそのまま使用します。Visio 図面の既定のファイル名は、選択した Visual Studio ソリューションまたはプロジェクトの名前です。

    • [名前を付けて保存] の下で、 Visio ファイル (* vsd)は既定で設定されています。

  4. リバースエンジニアリングを開始し、Visio で新しいファイルを開くには、[保存] をクリックします。

    [ UML リバースエンジニアリング] ダイアログボックスが表示され、操作の進行状況が示されます。現在のリバースエンジニアリング操作を停止するには、[キャンセル] をクリックします。

  5. Visio では、ツリービューから図面ページにアイコンをドラッグして、モデルのビューを表す静的な構造図を作成します。

    方法

    UML 要素をモデルに追加する方法

注: プロジェクトのリバースエンジニアリング後に Visual Studio .net プロジェクトに変更を加えた後で、visio で変更内容を確認したい場合は、プロジェクトをリビルドし、プロジェクトをもう一度リバースエンジニアリングして、visio UML 図でコードの更新された構造を確認する必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×