TypeName 関数

変数に関する情報を提供する String を返します。

構文

TypeName ( varname )

varname 引数 は必須の引数です。ユーザー定義型の変数を除く、任意のバリアント データ型の変数を指定します。

解説

TypeName によって返される文字列は次のいずれかです。

返される文字列

変数

Object type

objecttype 型のオブジェクト

Byte

バイト値

整数型

整数型

Long

長整数型

Single

単精度浮動小数点数

Double

倍精度浮動小数点数

Currency

通貨値

Decimal

10 進値

Date

日付値

文字列

文字列

Boolean

ブール値

Error

エラー値

未初期化

Null

有効なデータなし

Object

オブジェクト

Unknown

型が不明なオブジェクト

Nothing

オブジェクトを参照していないオブジェクト変数


varname が配列の場合は、返される可能性のいずれかの文字列 (または Variant) に空のかっこを追加したものです。たとえば、varname が整数の配列の場合、TypeName は "Integer()" を返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、TypeName 関数を使って変数に関する情報を返します。

Dim NullVar, MyType, StrVar As String
Dim IntVar As Integer, CurVar As Currency
Dim ArrayVar (1 To 5) As Integer
NullVar = Null ' Assign Null value.
MyType = TypeName(StrVar) ' Returns "String".
MyType = TypeName(IntVar) ' Returns "Integer".
MyType = TypeName(CurVar) ' Returns "Currency".
MyType = TypeName(NullVar) ' Returns "Null".
MyType = TypeName(ArrayVar) ' Returns "Integer()".
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×