Twitter web パーツを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

モダンなページをサイトに追加すると、ページの文書パーツとして追加され、カスタマイズすることができます。この記事では、Twitter web パーツについて説明します。

Twitter web パーツを使用すると、自分または自分のユーザーに関連するツイートを自分のページに表示することができます。

注: 

  • 一部の機能は、対象となるリリースプログラムにオプトインした組織に段階的に導入されています。これは、この機能がまだ表示されていない場合、または、サポート記事で説明した内容と異なる場合があることを意味します。

  • web パーツのツールボックスにこの web パーツが表示されない場合は、管理者が無効にしている可能性があります。

Twitter フィード

方法について説明します。

Twitter web パーツを追加する

  1. Twitter web パーツを追加するページに移動します。

  2. まだ編集モードになっていない場合は、ページの右上にある [編集] をクリックします。

  3. 既存の web パーツの上または下にマウスポインターを置くか、タイトル領域の下にある [ 最新の Web パーツをページに追加するために使用される丸付きプラス記号 ] をクリックし、[ Twitter web パーツ] を選びます。

ユーザーからツイートを表示する

  1. [ twitter ユーザー名の追加] または [ツイートまたはコレクションのリンク] の下のボックスに、取得するツイートの twitter ユーザー名または web アドレスを入力します。例えば:

    ユーザーフィードからのツイート

    @microsoft

  2. ユーザーからの単一のツイート

    https://twitter.com/SharePoint/status/950761587236728832

コレクションからツイートを表示する

コレクションから結果を取得する

バーテンと管理するツイートのコレクションから結果を表示することができます。

  1. 既にコレクションを持っていない場合は、 TweetDeckを使って作成する手順については、「高度な TweetDeck の機能」および「コレクションのセクションまでスクロールする」を参照してください。

  2. コレクションの作成が完了したら、コレクションの上部にある [フィルター] アイコンをクリックしてメニューにアクセスし、[ twitter.com で共有と表示] をクリックします。

  3. Twitter から、コレクションの web アドレスをコピーします。次のようなものになります。

    https://twitter.com/Contoso/timelines/951928001880408064

  4. SharePoint ページの [twitter web パーツ] プロパティウィンドウで、[ twitter ユーザー名の追加] または [ツイートまたはコレクションのリンク] の下のボックスにコレクションのリンクを貼り付けます。例えば:

表示オプションを設定する

  • [表示形式] で [リスト] または [グリッド] を選びます。

  • 表示ヘッダーをオンまたはオフにして、罫線を表示します。

  • テーマの色を [暗く] または [淡色] に設定します。

  • [ツイートの最大表示] ボックスに表示するツイートの最大数を入力します。

注: SharePoint Online PowerShell に精通している管理者は、コマンドSet-SPOTenant [-DisabledWebPartIds <Guid>]を使用して、web パーツのツールボックスからこの web パーツを非表示にすることができます。詳細については、「 Set-set-spotenant の PowerShell リファレンス」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×