TRUNC 関数

数値の小数部を切り捨てて、整数または指定した桁数に変換します。

書式

TRUNC(数値,桁数)

数値    小数部を切り捨てる数値を指定します。

桁数     切り捨てを行った後の桁数を指定します。桁数の既定値は 0 (ゼロ) です。

解説

TRUNC 関数と INT 関数は整数を返すという点で似ていますが、TRUNC 関数が数値の小数部を単純に切り捨てるだけであるのに対し、INT 関数は数値の小数部の値に基づいて、(指定した数値を超えない) 最も近い整数に切り捨てます。INT 関数と TRUNC 関数の機能の違いは、数値が負の数であるときにだけ現れます。たとえば、TRUNC(-4.3) は -4 を返しますが、INT(-4.3) は -5 を返します。これは、-4.3 と比較すると -5 の方が小さい数であるためです。

使用例

説明 (結果)

=TRUNC(8.9)

8.9 の整数部を返します (8)

=TRUNC(-8.9)

-8.9 の整数部を返します (-8)

=TRUNC(PI())

πの整数部を返します (3)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×