To Do バーのサイズや内容を変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

To Do バーをカスタマイズして、画面上の表示サイズを変更したり、表示される情報量を変更したりできます。

ヒント: to Do バーをオフにすることもできます。[表示] メニューの [レイアウト] グループで、[ to Do バー ] をクリックし、[標準] または [オフ] をクリックします。

To Do バーのサイズを変更する

  • to Do バーの端をポイントします。ポインターが 水平方向のサイズ ハンドル アイコン になったら、ドラッグしてサイズを変更します。

  • To Do バーを最小化するには、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[最小化] をクリックします。

  • To Do バーを、最後に非表示または最小化されたときのサイズに戻すには、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[標準] をクリックします。

To Do バーに表示される情報を変更する

to Do バーは、[日付ナビゲーター]、[予定] セクション、[タスクリスト]、[クイック連絡先] の4つの部分で構成されています。各部のサイズを変更したり、非表示にしたりすることができます。

注: クイック連絡先を使用するには、Microsoft Office Communicator 2007 または Microsoft Communicator 2010 を備えた Microsoft Office Communications Server 2007 R2 が必要です。

To Do バーの一部を非表示にするには、次のいずれかの操作を行います。

  • Outlook フォルダーで、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[カレンダー ナビゲーター]、[予定]、[タスク リスト]、または [クイック連絡先] をクリックします。チェック マークは、その部分が表示されていることを示します。クリックしてチェック マークをオフにすると各部分は非表示になり、もう一度クリックすると、チェック マークがオンになり、各部分が再表示されます。

  • Outlook フォルダーで、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[オプション] をクリックします。[To Do バーのオプション] ダイアログ ボックスで、表示する部分のチェック ボックスをオンにするか、非表示にする部分のチェック ボックスをオフにします。

カレンダー ナビゲーター

To Do バーの幅を広げると、複数のカレンダーを左右に並べて表示できます。より多くのカレンダーを上下に並べて表示するには、To Do バーに表示するカレンダーの数を変更します。

次のいずれかの操作を行います。

  • より多くのカレンダーを左右に並べて表示する   

    既定では、カレンダー ナビゲーターに 1 つのカレンダーが表示されます。To Do バー ウィンドウのサイズを変更すると、表示されるカレンダーの数を変更することができます。

    • to Do バーの端をポイントします。ポインターが 水平方向のサイズ ハンドル アイコン に変わったら、左または右にドラッグして to Do バーの幅を増減します。

      マウス ボタンを離すと、カレンダーの数が空き領域に合わせて変更されます。

  • より多くのカレンダーを上下に並べて表示する   

    既定では、カレンダー ナビゲーターに表示されるのは、カレンダーの月の 1 行だけです。[To Do バーのオプション] ダイアログ ボックスでは、上下に並べて表示するカレンダーの数を指定できます。

    1. Outlook フォルダーで、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[オプション] をクリックします。

    2. [カレンダー ナビゲーターを表示する] の [1 列に表示する月数] ボックスに、0 から 9 の数字を入力します。

      カレンダー ナビゲーターに表示される月数が増加すると、カレンダー ナビゲーターの領域も大きくなります。

予定

[予定] セクションにより多くの予定を表示するには、To Do バーの他の部分を非表示にするか、サイズを小さくします。To Do バーに表示する予定の数を変更するには、次の操作を行います。

  • [予定] セクションとタスクリストの間にあるバーをポイントします。ポインターが 縦型サイズ変更カーソル に変わったら、上または下にドラッグして、[予定] セクションのサイズを増減します。

    マウス ボタンを離すと、予定の数が空き領域に合わせて変更されます。

予定セクションに表示される情報を変更するには、次の操作を行います。

  1. Outlook フォルダーで、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [予定を表示する] で、必要なオプションのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    [予定を表示する] チェック ボックスをオフにすると、予定セクションは非表示になります。

タスク リスト

[タスク リスト] により多くのタスクを表示するには、To Do バーの他の部分を非表示にするか、サイズを小さくします。表示するタスクの数を直接変更するには、次の操作を行います。

  • [予定] セクションとタスクリストの間にあるバーをポイントします。ポインターが 縦型サイズ変更カーソル に変わったら、上または下にドラッグして、[タスクリスト] セクションのサイズを拡大または縮小します。

    マウス ボタンを離すと、予定の数が空き領域に合わせて変更されます。

To Do バーに関するわかりやすいガイド

To Do バー

ページの先頭へ

to do バーにその他のタスクを表示する

to Do バーは、[日付ナビゲーター]、[予定] セクション、[タスク入力] パネル、タスクリストの4つの部分で構成されています。各パーツをオンまたはオフにすることができます。

タスクリストのその他のタスクを表示するには、他の to do バーパーツのサイズをオフにするか、縮小することができます。たとえば、日付ナビゲーターを無効にしたり、表示された予定の数を変更したりできます。このような変更を行う方法については、この記事の他のセクションを参照してください。

ヒント: to Do バーの一部をすばやくオンまたはオフにすることができます。to Do バーのタイトルバーを右クリックし、オンまたはオフにする部分をクリックします。

ページの先頭へ

to Do バーをオンまたはオフにする

to Do バーは既定で有効になっていますが、必要に応じてオフにすることができます。to Do バーをオフにすると、現在のビューでのみオフになります。次に Outlook を起動したときに、そのビューでは無効になっています。

  • to do バーをオンにするには、[表示] メニューの [ to do バー] をポイントし、[標準] をクリックします。

    ショートカットキー alt + F2 キーを押して、to Do バーをオンまたはオフにすることができます。

  • to do バーをオフにするには、[表示] メニューの [ to do バー] をポイントし、[オフ] をクリックします。

    ショートカットキー alt + F2 キーを押して、to Do バーをオンまたはオフにすることができます。

ページの先頭へ

To Do バーの最小化と展開を切り替える

  • to do バーを最小化するには、[表示] メニューの [ to do バー] をポイントし、[最小化] をクリックします。

  • 標準サイズの to do バーを復元するには、[表示] メニューの [ to do バー] をポイントし、[標準] をクリックします。

To Do バーのサイズを変更する

  • to Do バーの端をポイントします。ポインターが 水平方向のサイズ ハンドル アイコン になったら、ドラッグしてサイズを変更します。

ページの先頭へ

to Do バーにその他の予定を表示する

  1. [表示] メニューの [ to Do バー] をポイントし、[オプション] をクリックします。

    ヒント: to do バーのタイトルバーを右クリックし、[オプション] をクリックして、 to doの [オプション] ダイアログボックスをすばやく開くことができます。

    [ to Do バーのオプション] ダイアログボックスが表示されます。

  2. [今後の予定の表示] パネルの [ n 個の予定の表示] ボックスに、 0 ~ 25の数値を入力します。

    注: このダイアログボックスでは、表示しない to do バーパーツのチェックボックスをオフにすることもできます。

    次に示すように、予定の数を減らすと、to Do バーの [予定] セクションのサイズが小さくなります。

ページの先頭へ

to Do バーにその他の予定表を表示する

to Do バーの幅を大きくすることで、複数の予定表を1行に並べて表示することができます。複数の予定表を縦方向に並べて表示するには、to Do バーに含める予定表の行の正確な数を指定します。

次のいずれかの操作を行います。

  • より多くのカレンダーを左右に並べて表示する   

    既定では、カレンダー ナビゲーターに 1 つのカレンダーが表示されます。To Do バー ウィンドウのサイズを変更すると、表示されるカレンダーの数を変更することができます。

    • to Do バーの端をポイントします。ポインターが 水平方向のサイズ ハンドル アイコン になったら、ドラッグして to Do バーの幅を増減します。

      マウスボタンを離すと、予定表の数が増減して、使用可能な領域を埋めることができます。

  • より多くのカレンダーを上下に並べて表示する   

    既定では、日付ナビゲーターに表示されるのは1つの予定表だけです。[ to Do バーのコンテンツ] ダイアログボックスでは、縦方向に表示される予定表の数を指定できます。

    1. [表示] メニューの [ to Do バー] をポイントし、[オプション] をクリックします。

      [ to Do バーのオプション] ダイアログボックスが表示されます。

    2. [日付ナビゲーターの表示] パネルの [ n 月の表示] ボックスに、 0 ~ 9の数値を入力します。

      注: このダイアログボックスでは、表示しない to do バーパーツのチェックボックスをオフにすることもできます。

      次に示すように、日付ナビゲーターに表示される月の数を増やすと、[日付ナビゲーター] 領域のサイズが大きくなります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×