TINV 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

スチューデントの t 分布の t 値を、確率の関数と自由度で返します。

書式

TINV(確率,自由度)

確率    スチューデントの両側 t 分布に従う確率を指定します。

自由度     分布の特性を表す自由度を数値で指定します。

解説

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 確率 < 0 または確率 > 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度 < 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • TINV 関数は、TINV = p( t<X ) として計算されます。ここで、X は t 分布に従うランダムな変数です。

  • 片側 t 値は、確率に 2* 確率を指定して返すこともできます。確率が 0.05、自由度が 10 の場合、両側値は TINV(0.05,10) で計算され、2.28139 が返されます。同じ確率と自由度に対応する片側値は TINV(2*0.05,10) で計算でき、1.812462 が返されます。テーブルによっては、確率が (1-p) として記述されることもあります。

TINV 関数では、関数値の計算に反復計算の手法が利用されています。確率の値が指定されると、計算結果の精度が ± 3x10^-7 以内になるまで反復計算が行われます。100 回反復計算を繰り返しても計算結果が収束しない場合、エラー値 #N/A が返されます。

使用例

確率

自由度

数式

説明 (結果)

0.054645

60

=TINV([確率],[自由度])

指定された引数に対するスチューデントの t 分布の t 値を返します (1.959997462)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×