スキップしてメイン コンテンツへ
Office
Teams 会議またはライブ イベントでシステム オーディオを共有する

Teams 会議またはライブ イベントでシステム オーディオを共有する

システム オーディオを共有すると、Teams 経由でコンピューターから会議参加者に音声をストリーミングできます。 この機能を使用すると、プレゼンテーションの一部としてビデオ クリップまたはオーディオ クリップを再生できます。

注: 

  • PowerPoint ファイルまたは Whiteboard を共有しているときに、コンピューターのオーディオを含めることはできません。

  • 現在、この機能は Windows デバイスでのみサポートされています。

システム オーディオを含める

システム オーディオを共有するには、会議コントロールで [共有] [画面を共有] ボタン を選択し、[システム オーディオを含めます] を選択します。 システム オーディオを共有した場合、通知を含む、すべてのシステム オーディオが会議に流れます。

注: Teams と自分のコンピューターを、同じスピーカーに設定する必要があります。 コンピューターのオーディオ出力の調整はシステム設定で行い、Teams のオーディオ出力の調整は Teams のデバイス設定で行います。

Teams デバイスのある部屋にシステム オーディオを含める

Teams デバイスを使用すれば、ルーム コンソールに接続されたケーブルを使用してコンテンツを共有できます。 残念ながら、この方法を用いたシステム オーディオの共有はまだサポートされていません。

Teams デバイスを備えた会議室でシステム オーディオを共有する場合は、次のように行います。

  1. 個人用デバイスから会議に参加し、入室時に [音声オフ] を選択します。これにより、マイクだけでなく、Teams 会議からの音声の再生も自動的にミュートされ、エコーを防止することができます。

  2. 会議コントロールで [共有] [画面を共有] ボタン を選択し、[システム オーディオを含めます] を選択します。

注: 

  • エコーを防止するには、1 台のデバイスのみのマイクとスピーカーを部屋の中でオンにしてください。

  • システム オーディオを共有しているときには、実行するアプリの数を最小限に抑えます。 コンピューター上で実行しているアプリの数が多すぎると、音声が劣化する可能性があります。

システム オーディオのトラブルシューティング

オーディオの品質低下

コンピューター上で多くのアプリケーションを実行している場合、遅れや途切れなどのオーディオの品質に関する問題が発生する場合があります。 このようなときは、他のアプリケーションを閉じると解決する場合があります。

低音量

Windows を使用している場合、Teams の会議に参加すると、デバイスでのその他の音声 (通知やアラートなど) の音量が低下します。 多くの場合、会議に集中しやすくなることから、望ましい機能と言えます。 ただし、システム オーディオを共有している場合、その他のシステム音声の音量を下げると、この設定により、共有しようとしている音声の音量も小さくなります。

この問題を修正するには、システムのサウンド設定に移動し、[サウンド コントロール パネル] を見つけ、[コミュニケーション] を選択し、[何もしない] を選択します。 最後に、変更を適用します。他のユーザーが共有された音声を大きくはっきりと聞き取れるようになります。

サウンド コントロール パネルの [通信] タブには、PC を使用して通話や会議を行うときの Windows のサウンド処理方法が 4 つ示されます。 [何もしない] が選択されています。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×