スキップしてメイン コンテンツへ

Teams の Class Insights (Preview) を使った実用的な分析

Microsoft Teams のクラスインサイトでは、教師は学生のエンゲージメントとパフォーマンスに関する分析データにアクセスできます。 Class Insights では、成績、課題の提出、会話アクティビティなどの Teams で学生のアクティビティを収集し、digestible データビジュアルでデータを分析する分析ダッシュボードを作成します。 学生は、Class Insights にアクセスできません。   

注: IT 管理者向けの詳細については、こちらを参照してください。 

クラスチームにクラスの分析を追加します。

  1. Teams のアプリバーに移動して、[アプリ] を選択します。 "インサイト" を検索します。

    Teams のアプリバーからアプリアイコンを選び、[インサイトの結果] を選択します。

  2. [ Insightsの結果] を選択します。

  3. [チームに追加] を選択し、タブを表示するパブリックチャネルを選択します。 Class Insights は、クラスチーム内のすべてのチャネルからアクティビティデータを表示しますが、その公開チャネルにはタブとしてのみ追加できます。

    Class Insights はクラスチームでのみ利用できます。また、スタッフまたは PLC teams に追加することはできません。 

  4. 学生は Class Insights にアクセスできないため、タブについてチャネルに投稿するオプションをオフにして、[保存] を選択します。 

    [新しいタブについてチャネルに投稿する] オプションをオフにします。

  5. Class Insights を追加したクラスチームとチャネルに移動して、[インサイト] タブを選択します。 

    全般チャネルの [インサイト] タブを選ぶ

Class Insights ダッシュボードの使用 

Class dashboard には、学生の Teams アクティビティの4つのカテゴリがあります。平均成績時間の割り当てフィードバックの平均時間会話活動。 各カテゴリに表示されるデータをフィルター処理するには、学生(すべての学生または個々の学生)、または期間 (すべての時間30 日間、または7 日間) を使用します。 

各カテゴリの現在の平均値をひとめで確認するには、タイルを使います。 タイルを選ぶと、そのカテゴリのデータにより詳細なグラフが表示されます。 個々の学生によるフィルター処理の場合、各タイルの平均値がその学生のデータを反映するように変更されます。 

  • 平均成績:

    [平均の成績] タイルには、すべての採点の課題に対する計算された平均成績が表示されます。 グラフでは、線の各ドットは特定の割り当てを表します。ドットの上にマウスポインターを置くと、その課題のグレードデータが表示されます。 

    Class Insights ダッシュボードで選択された [平均の成績] タイル。 個々の学生データとクラスデータ用にプロットされた2本の線を示す折れ線グラフ

    点数値が割り当てられ、学年を持つ学生に戻された課題のみが、平均成績グラフに表示されます。 

  • 期限の割り当て:

    [タイム割り当て] タイルには、時間の経過に応じて表示された課題のパーセンテージが表示されます。 グラフでは、遅延および欠落していた課題の合計割合 (まだ提出されていない) だけでなく、個々の割り当ての申請の状態 ([時間]、[遅延]、[不足]) も表示することができます。 

    Class Insights ダッシュボードで選択された [タイム割り当て] タイル

  • フィードバックの平均時間:

    フィードバックの平均時間は、学生が課題を提出するまでの時間の平均 (日数)、およびその人に返送された時間の長さを示します。 

    タイルの数値は、すべての学生と課題に対するフィードバックの平均時間を示しています。 線グラフの線の各ドットは、課題を表します。ドットの上にマウスポインターを移動すると、特定の課題のデータが表示されます。 

    Class Insights ダッシュボードで選択されたフィードバックタイルの平均時間

  • 会話アクティビティ:

    会話アクティビティでは、チャネル会話での投稿、返信、および反応に関するデータが表示されます。

    タイルに表示される番号は、すべての学生の投稿、返信、および反応の合計数です。 グラフでは、ドロップダウンメニューを使用し、[オプション] を選択して、すべてのチャネル、複数のチャネル、または1つのチャネルでのアクティビティを表示できます。 

    グラフには、フィルターの学生 (すべての学生または個別の学生) のデータが反映されます。 このセクションの [列] リストでは、学生の名前と合計数を表示できます。これにより、学生が作成したすべての投稿、返信、およびいいね! が計算されます。 特定の日付に対応するグラフ上のいずれかのバーを選択すると、その日付のアクティビティのみが表示されるように列が変更されます。 

    注: このデータは、学生のアクティビティのみを反映し、教師からの投稿、返信、または反応は含まれません。 この時点では、モバイルデバイスで行われた会話のアクティビティはキャプチャされません。 

    Class Insights ダッシュボードで選択された [会話アクティビティ] タイル
     

データをエクスポートする 

[Excel にエクスポート] を選択します。 スプレッドシート内の値には、選択したフィルター (個別の学生またはすべての学生、時刻範囲 (すべての時刻30 日間7 日間) が反映されます。

[Excel にエクスポート] を選ぶ

情報に関するヒント

ダッシュボード内を移動すると、各タイルとグラフのセクションに情報ヒントが表示されます。 [ 情報ヒントアイコン ] を選択すると、表示されるデータと測定内容の詳細がわかります。 

詳細情報 

IT 管理者向けの Class Insights 

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×