Teams で OneNote クラス ノートブックを使用する

Teams で OneNote クラス ノートブックを使用する

すべてのクラス チームに、独自の OneNote クラス ノートブックがリンクされています。クラス ノートブックは、クラス全体がテキスト、画像、手書きメモ、添付ファイル、リンク、音声、動画などを保存するためのデジタル ノートブックです。

チームは OneNote クラス ノートブックを使用するために不可欠な次の構成要素を提供します。

  • 学生用ノートブック -- 教師と各生徒の間で共有されるプライベートな空間。教師はすべての生徒のノートブックにアクセスできます。生徒は自分のノートブックしか見ることができません。

  • コンテンツ ライブラリ -- 教師が生徒と配付資料を共有できる読み取り専用空間。

  • コラボレーション スペース -- クラスの全員が共有、整理、共同作業できる空間。

チームでクラス ノートブックを探す

全般チャネルのクラス ノートブックは、コンテンツ ライブラリ、コラボレーション スペース、各学生のプライベート スペースを表示し、操作するための中心的な場所です。

クラス ノートブックをまだ設定していない場合、クラス ノートブック タブを最初に表示したときにガイドが与えられ、正しい手順で設定できます。

  1. 該当するクラスルームの下にある [全般] チャネルに移動し、[クラス ノートブック] タブを選択します。 一般チャネルからクラス ノートブックを選択します。

  2. ノートブックの左側にある展開可能なメニューからページを追加したり、編集したりします。

チャネルでクラス ノートブックを使用する

クラス チームで新しいチャネルを作成するたびに、クラス ノートブックのコラボレーション スペースで新しいセクションが自動的に作成されます。すべての学生と教師がチャネル内の OneNote ページを編集し、作業できます。

  1. クラス チームに移動し、チャネルを選択します。

  2. [ノート] タブを選択します。

    一般以外のすべてのチャネルから、ノートを選んでクラス ノートブックを開きます。

クラス ノートブックを全画面モードで開く

アイコン (両端に矢先が付いた斜めの矢印) を選択すると、[クラス ノートブック] タブが大きくなります。

クラス ノートブック設定を管理する

チーム名の隣にある [その他のオプション] の省略記号を選択してから [チームを管理] を選択することによって、クラス ノートブックの設定を管理します。ここでは、[ 設定] を選択して、OneNote クラス ノートブックまで下にスクロールします。これらの設定を、以下を行うために使用します。

  • ノートブック セクションを編集する

  • ノートブックへのリンクをコピーする

  • 教師専用のセクション グループを作成する

  • コラボレーション スペースをロックする

Microsoft Teams でクラス ノートブック設定を管理する

注: クラス ノートブック内で別個のコラボレーション スペースのアクセス許可を作成するには、これらの手順を実行します。Microsoft Teams で作成したすべてのクラス ノートブックは、共同所有されているノートブックの下に一覧表示されます。

クラス ノートブックのページを含む課題を作成する

クラス ノートブックのページを参考用資料として課題に添付するか、クラス ノートブック内の学生が提出するページを明示します。クラス ノートブックのページを使用して課題を作成するには次の操作を実行します。

  1. ページを自分のノートブックのコンテンツ ライブラリまたはコラボレーション スペースに追加します。

  2. 次に、[課題] タブに移動して [新しい割り当て] ボタンを選択します。

  3. 課題の詳細を記入して、[学生の提出物を指定する] を選択します。開いたボックスでは、[クラス ノートブック] を選択して、ノートブックのセクション間を移動して割り当てるページを選びます。

  4. ページの配布先となる学生のノートブックのセクションを選びます。例: 配布資料。

  5. 操作が完了したら、[割り当て] を選択します。これで各学生が自分のクラス ノートブック内のページのコピーを持つことになります。Microsoft Teams の課題カードから直接ページを開いたり編集したりすることもできます。


注: クラス ノートブックのページでの課題に対しては、遅れて提出することを有効にします。

クラス ノートブックとそのセクションを含む Teams での課題ファイルの選択ウィンドウのスクリーンショット。

クラス ノートブックのページを含む課題をレビューする

課題を開いて [レビュー] ボタンを選択します。次に [学生の作業] の下で自分の学生が提出したクラス ノートブックのページを選択して、全画面表示モードで開いてレビューします。フィードバックを学生の OneNote ページに追加するには、[OneNote Online で編集] を選択します。変更内容は自動的に保存されます。

学生によって提出されたクラス ノートブックのページを含む課題のレビュー グリッドのスクリーンショット

クラス ノートブックを Microsoft Teams 内の自分のクラスに接続する

Microsoft Teams 内では、[全般] チャネル内のタブにアクセスすることによって、クラス ノートブックを操作することができます。OneNote 内にいるときに課題を作成してレビューし、それらを Teams 内の自分のクラスに再び同期させる場合は、これらの手順を実行します。クラス ノートブックをクラスと接続すると、さらにシームレスにアプリ間を行ったり来たりすることができるようになります。Microsoft Teams で作成しなかったがクラスのために使用したいクラス ノートブックから既に作業を行っている場合は、これは便利なオプションでもあります。

OneNote でクラス ノートブックを開く

[デスクトップで開く] を選択し、OneNote を起動し、クラス ノートブックのすべての学習機能にアクセスします。

詳細情報

OneNote でクラス ノートブックを使用する方法

OneNote Online を使用する

さまざまなアプリで Class Notebook を使用する

Microsoft Teams でクラス ノートブック設定を見つける

教育者のための追加情報

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×