TDIST 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

スチューデントの t 分布のパーセンテージ (確率) を返します。数値 (x) は t の計算値で、この t に対してパーセンテージが計算されます。t 分布は、比較的少数の標本から成るデータを対象に仮説検定を行うときに使われます。この関数は、t 分布表の代わりに使用することができます。

書式

TDIST(x,自由度,尾部)

x    t 分布を計算する数値を指定します。

自由度    分布の自由度を整数で指定します。

尾部     片側分布または両側分布を示す数値を指定します。尾部に 1 を指定すると片側分布の値が計算され、2 を指定すると両側分布の値が計算されます。

解説

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 自由度 < 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度、尾部に小数点以下の値を指定しても切り捨てられます。

  • 尾部に 1 または 2 以外の数値を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

  • TDIST 関数は、TDIST = p( x<abs(X)) として計算されます。ここで、X は t 分布に従うランダムな変数です。

使用例

X

自由度

数式

説明 (結果)

1.96

60

=TDIST([X],[自由度],2)

両側分布の値を返します (0.054644927 または 5.46%)

1.96

60

=TDIST([X],[自由度],1)

片側分布の値を返します (0.027322463 または 2.73%)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×