スキップしてメイン コンテンツへ
Sway のショートカットキー

Sway のショートカットキー

多くのユーザーは、Sway のキーボードショートカットで外付けキーボードを使うと、作業効率が向上します。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味します。

この記事では、Windows web app の Sway のキーボードショートカットについて説明します。

注: 

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、 Swayで最もよく使用するショートカットを示しています。

目的

キー

上部のナビゲーションバーから、セカンダリナビゲーションバー、[ストーリーライン]、または [デザイン] を作業ウィンドウに移動します。

Ctrl + F6 キー

現在の操作をキャンセルするか、現在の選択を解除するか、または再生モードを終了します。

Esc

テキストをコピーする。

Ctrl + C キー

テキストを切り取る。

Ctrl + X

テキストを貼り付ける。

Ctrl + V

選択したカードとそのすべての内容を削除します。

Del

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

ユーザー補助表示に切り替えます。

Alt + Shift + V

再生モードをオンにします。

Alt + Shift + P

現在の Swayを共有します。

Alt + Shift + S キー

拡大表示または縮小表示

Ctrl + 正符号 (+) または負符号 (-)

キーボードのみを使って Sway 内を移動する

目的

キー

上部のナビゲーションバーから、セカンダリナビゲーションバー、[ストーリーライン]、または [デザイン] を作業ウィンドウに移動します。

Ctrl + F6 キー

作業ウィンドウから [ストーリーライン] または [デザイン] をセカンダリナビゲーションバーに移動して、トップナビゲーションバーに移動します。

Shift + Ctrl + F6

[挿入] ウィンドウを開く。

Alt + Shift + I

[スタイル] ウィンドウを開く。

Alt + Shift + G キー

テキストとカードの書式を設定する

目的

キー

テキストに太字を適用します。

Ctrl + B キー

テキストに斜体を適用します。

Ctrl + I キー

テキストに見出しスタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 1

箇条書きを開始または続行します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストを開始または続行します。

Ctrl + スラッシュ (/)

ハイパーリンクを追加または編集する。

Ctrl + K

ハイパーリンクをたどる。

Ctrl キーを押しながらリンクをクリックする

[カードの選択] 内のすべてのカードをグループ化します。

Ctrl + G

カード選択のすべてのカードのグループ化を解除します。

Ctrl + Shift + G

カード選択内のすべてのカードをコピーする。

Ctrl + C キー

カード選択範囲内のすべてのカードを切り取る。

Ctrl + X

[カードの選択] 内のすべてのカードを貼り付けます。

Ctrl + V

テキスト内を選択して移動する

目的

キー

左にある文字を選択します。

Shift + ←キー

右にある文字を選択します。

Shift + 右方向キー

一度に1単語分左を選択します。

Ctrl + Shift + ←キー

一度に1単語右を選択します。

Ctrl + Shift + 右方向キー

一度に1行ずつ選択します。

Shift + 上方向キー

一度に1行ずつ選択します。

Shift + ↓

一度に1段落を選択します。

Ctrl + Shift + ↑キー

一度に1段落を下方向に選択します。

Ctrl + Shift + 下方向キー

前の単語に移動する。

Ctrl + ←

次の単語に移動する。

Ctrl + →

段落の先頭に移動します。

Ctrl + ↑

次の段落の先頭に移動します。

Ctrl + ↓

カードの操作

目的

キー

現在のカードを選択します。

Space キー

フォーカスを次のカードに移動する。

下方向キー

フォーカスを前のカードに移動する。

上方向キー

選択したグループまたはセクションを展開する。

右方向キー

選択したグループまたはセクションを折りたたみます。

左方向キー

ストーリーラインで現在のカードを上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

ストーリーラインで現在のカードを下に移動します。

Alt + Shift + ↓

Sway を再生する

Swayをプレビューまたは再生する場合は、次のショートカットキーを使用して移動します。

目的

キー

前の画像に移動する。

左方向キー

次の画像に移動します。

右方向キー

スライドショーを終了します。

Esc または Alt + ←キー

比較を表示する

比較を含む Sway を再生する場合は、次のショートカットキーを使用して区切り線を制御します。

目的

キー

フォーカスを区切り線に移動します。

Tab

単位ごとに左にスライドします。

左方向キー

単位で右にスライドします。

右方向キー

ピクセル単位で左にスライドします。

Alt + ← キー

ピクセル単位で右にスライドします。

Alt + → キー

左にスナップします。

Ctrl + ←

右にスナップします。

Ctrl + →

関連項目

Sway でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

Office アプリでスクリーン リーダーとキーボード ショートカットを使用する

この記事では、macOS web アプリの Sway のキーボードショートカットについて説明します。

注: 

  • このトピックでは、ファンクション キーは、標準的な方法で動作するものとします。 このシステム環境設定を変更した場合、 Sway ショートカットを使用するには、ファンクションキーを使用して Fn キーを押さないでください。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Command + F キーを押してから、検索語句を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

目的

キー

上部のナビゲーションバーから、セカンダリナビゲーションバー、[ストーリーライン]、または [デザイン] を作業ウィンドウに移動します。

Control + Fn + F6 キー

現在の操作をキャンセルするか、現在の選択を解除するか、または再生モードを終了します。

Esc

テキストをコピーする。

コマンド + C

テキストを切り取る。

コマンド + X

テキストを貼り付ける。

コマンド + V

選択したカードとそのすべての内容を削除します。

Del または BackSpace

直前の操作を元に戻します。

コマンド + Z

直前の操作を繰り返します。

コマンド + Y

ユーザー補助表示に切り替えます。

Option + Shift + V キー

再生モードをオンにします。

Option + Shift + P キー

現在の Swayを共有します。

Option + Shift + S キー

キーボードのみを使って Sway 内を移動する

目的

キー

上部のナビゲーションバーから、セカンダリナビゲーションバー、[ストーリーライン]、または [デザイン] を作業ウィンドウに移動します。

Control + Fn + F6 キー

作業ウィンドウから [ストーリーライン] または [デザイン] をセカンダリナビゲーションバーに移動して、トップナビゲーションバーに移動します。

Control + Shift + Fn + F6 キー

ヘルプのヒントまたはSwayのダイアログボックスを閉じる。

Esc

[挿入] ウィンドウを開いて閉じます。

Option + Shift + I キー

[スタイル] ウィンドウを開いて、閉じます。

Option + Shift + G キー

[再生] から [ストーリーライン] に戻るか、ストーリーラインから [ Sway のホームページに戻ります。

Alt + ← キー

テキストとカードの書式を設定する

目的

キー

テキストに太字を適用します。

コマンド + B または ctrl + B

テキストに斜体を適用します。

コマンド + I または Ctrl + I

テキストに見出しスタイルを適用します。

Control + Option + 1 キー

行頭文字を使った箇条書きを作成します。

Control + ピリオド (.)

番号付きリストを作成します。

Control + Forward スラッシュ (/)

ハイパーリンクを追加または編集する。

Control + K キー

ハイパーリンクをたどる。

Control キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックする

[カードの選択] 内のすべてのカードをグループ化します。

Control + G キー

カード選択のすべてのカードのグループ化を解除します。

Control + Shift + G キー

カード選択内のすべてのカードをコピーする。

Control + C キー

カード選択範囲内のすべてのカードを切り取る。

Control + X キー

[カードの選択] 内のすべてのカードを貼り付けます。

Control + V キー

テキスト内を選択して移動する

目的

キー

左にある文字を選択します。

Shift + ←キー

右にある文字を選択します。

Shift + 右方向キー

一度に1単語分左を選択します。

Shift + Option + 左方向キー

一度に1単語右を選択します。

Shift + Option + →キー

一度に1行ずつ選択します。

Shift + 上方向キー

一度に1行ずつ選択します。

Shift + ↓

一度に1段落を選択します。

Shift + Option + 上方向キー

一度に1段落を下方向に選択します。

Shift + Option + 下方向キー

前の単語に移動する。

Option + ← キー

次の単語に移動する。

Option + → キー

前の段落の先頭に移動する。

Option + ↑ キー

次の段落の末尾に移動する。

Option + ↓ キー

カードの操作

目的

キー

現在のカードを選択します。

Space キー

フォーカスを次のカードに移動する。

下方向キー

フォーカスを前のカードに移動する。

上方向キー

選択したグループまたはセクションを展開する。

右方向キー

選択したグループまたはセクションを折りたたみます。

左方向キー

ストーリーラインで現在のカードを上に移動します。

Option + Shift + ↑ キー

ストーリーラインで現在のカードを下に移動します。

Option + Shift + ↓ キー

Sway を再生する

Swayをプレビューまたは再生する場合は、次のショートカットキーを使用して移動します。

目的

キー

前の画像に移動する。

左方向キー

次の画像に移動します。

右方向キー

スライドショーを終了します。

Esc または Option + 左方向キー

比較を表示する

比較が含まれる Sway を再生する場合、次のコマンドを使って区切り線を制御します。

目的

キー

フォーカスを区切り線に移動します。

Tab

単位ごとに左にスライドします。

左方向キー

単位で右にスライドします。

右方向キー

ピクセル単位で左にスライドします。

Option + ← キー

ピクセル単位で右にスライドします。

Option + → キー

左にスナップします。

コマンド + 左方向キー

右にスナップします。

コマンド + 右方向キー

関連項目

Sway のアクセシビリティに関するサポート

Office アプリでスクリーン リーダーとキーボード ショートカットを使用する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×