スキップしてメイン コンテンツへ

SUMPRODUCT 関数の #VALUE! エラーを修正する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このトピックでは、SUMPRODUCT での作業時に発生する #VALUE! エラーの一般的なシナリオについて説明します。

問題:配列引数のディメンションが異なる

すべての配列引数のディメンションは同じである必要があります。 そうでない場合、#VALUE! 非表示にします。 たとえば、配列 1 が 3 行および 2 列の範囲を参照する場合、配列 2 も同様の範囲に対応する必要があります。

エラーの原因である SUMPRODUCT 式は =SUMPRODUCT(D2:D13,E2:E10) です。E10 は最初の範囲と一致するように E13 に変更する必要があります。
  • =SUMPRODUCT(D2:D13,E2:E10)

参照先範囲の行数が異なる (最初の範囲では 13 だが、2 番目の範囲では 10 しかない) ため、エラーになります。

解決策: 数式を次のように変更します。

  • =SUMPRODUCT(D2:D13,E2:E13)

これで、両方の範囲の開始行と終了行の数値が同じになります。数式を再試行してください。

SUMPRODUCT エラーを解決するためにデータの #VALUE! エラーを解決する

問題:範囲内の 1 つ以上のセルにテキストが含まれている

参照先範囲内の 1 つ以上のセルにテキストが含まれているか、テキスト データ型として書式設定されている場合は、#VALUE! エラーが発生します。 テキストは別の数式の計算結果である場合や、セルが単に正しく書式設定されていない可能性があります。

列 E に #VALUE! エラーがあるため、セル E15 の式に #VALUE! エラーが表示されています。

解決策: テキストが含まれているセル、またはテキストとして書式設定されているセルのいずれかを確認し、適切なデータ型に設定します。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。 提案がありましたら、Excel UserVoice (Excel ユーザー ボイス) のトピックをご覧ください。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

SUMPRODUCT 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

全 Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×