スキップしてメイン コンテンツへ
Office

SUBSTITUTE 関数

ここでは、Microsoft Excel の SUBSTITUTE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

テキスト文字列内の old_text の new_text に置き換えます。 テキスト文字列内の特定の文字列を置換する場合は、[代替] を使います。テキスト文字列内の特定の場所にある文字列を置換する場合は、[置換] を使用します。

書式

SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, [置換対象])

SUBSTITUTE 関数の書式には、次の引数があります。

  • 文字列    必ず指定します。 置換する文字を含む文字列またはセル参照を指定します。

  • 検索文字列    必ず指定します。 置換する文字列を指定します。

  • 置換文字列    必ず指定します。 検索文字列を検索して置き換える文字列を指定します。

  • 置換対象    省略可能です。 検索文字列に含まれるどの文字列を置換文字列と置き換えるかを指定します。 置換対象を指定した場合、検索文字列中の置換対象文字列だけが置き換えられます。 指定しない場合、検索文字列中のすべての文字列が置換文字列に置き換えられます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

売上データ

<

2008 年第 1 四半期

<

2011 年第 1 四半期

<

数式

説明 (計算結果)

結果

=SUBSTITUTE(A2, "売上", "原価")

"売上" を "原価" に置き換えます (原価データ)

原価データ

=SUBSTITUTE(A3, "1", "2", 1)

最初に現れた "1" を "2" に置き換えます (2008 年第 2 四半期)

2008 年第 2 四半期

=SUBSTITUTE(A4, "1", "2", 3)

3 番目に現れた "1" を "2" に置き換えます (2011 年第 2 四半期)

2011 年第 2 四半期

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

REPLACE 関数、REPLACEB 関数

データを整理する 10 の方法

TRIM 関数

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×