SQRT 関数

正の平方根を返します。

書式

SQRT(数値)

数値     平方根を求める数値を指定します。

解説

数値に負の数を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

使用例

数式

説明 (計算結果)

=SQRT(16)

16 の平方根を返します (4)

=SQRT(-16)

16 の平方根を返す式ですが、数値が負の数であるため、エラー値が返されます (#NUM!)

=SQRT(ABS(-16))

16 の絶対値の平方根を求めます (4)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×