SmartArt グラフィックの図形の塗りつぶしまたは図形の境界線の色を変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SmartArt グラフィックを変更して、特定の図形や境界線の色、またはグラフィック全体の色を変更できます。

SmartArt グラフィックの色の変更の概要

SmartArt グラフィックのメッセージを強化するために色を使用することができます。たとえば、個々 の図形の色を変更することができます。 またはSmartArt グラフィック内のすべての図形の色を変更するさまざまな色の組み合わせを適用してできます。サムネイルの色が表示の色を使用する方法ではなく (など、波型ステップまたは最も明るいに最も暗い)、色のさまざまなが適用されます。

色は、ドキュメントのテーマの色から SmartArt グラフィックに適用可能であり、色の変化は、スライドやドキュメントで使用されている色に自動的に対応付けられます。ドキュメントのテーマを変更した場合、SmartArt グラフィックには新しいテーマの色が反映されます。

図形の色を変更する

  1. 変更する SmartArt グラフィック内の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の塗りつぶし] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。色を選択しない場合は、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    PowerPoint の図形のスタイル]
    [PowerPoint の [SmartArt ツールの [書式] タブの [図 1 の [図形のスタイル グループです。

    [書式] タブにコマンドが表示されない場合は、[書式] タブをダブルクリックしてコマンドを開く必要がある場合があります。

    テーマの色にない色に変更するには、[その他の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

    注: 

    • SmartArt グラフィックに個別に、すべての図形の色を変更する代わりに、多くの図形が含まれている場合、 SmartArt グラフィック全体の色を変更して、個々 の図形の色を手動で変更します。

    • 多数の図形の書式設定オプションを含む [図形の書式設定] ウィンドウを表示するには、図形を右クリックし、ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックします。

図形の境界線の色を変更する

  1. 変更する境界線を含んでいる図形をクリックします。

    図形の複数の境界線を同じ色に変更する場合は、最初の図形をクリックし、Ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の枠線] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。境界線を非表示にするには、[線なし] をクリックします。

    PowerPoint の図形のスタイル]
    図 2 [書式] タブの [PowerPoint の [SmartArt ツールの下。

    [SmartArt ツール] または [書式] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選んでいるかどうかを確認してください。SmartArt グラフィックを選んでいない場合は、図形をダブルクリックして [書式] タブを表示する必要があります。

    テーマの色にない色に変更するには、[その他の線の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

SmartArt グラフィック全体のスタイル、色を変更します。

  1. SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt のスタイル] で [色の変更] をクリックし、目的の縮小表示をクリックします。

    PowerPoint の図形のスタイル]
    [SmartArt ツールを PowerPoint で [デザイン] タブの図 3 します。

    [SmartArt ツール] または [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択しているかどうかを確認してください。SmartArt グラフィックを選択していない場合は、図形をダブルクリックして [デザイン] タブを表示する必要があります。

    注: 

    • 縮小表示を選択する前に、SmartArt グラフィックに色を適用した結果を表示するには、目的の縮小表示の上にポインターを置いてから、SmartArt グラフィックを参照します。

    • SmartArt グラフィックにSmartArt スタイル] でオプションを選択して本格的な外観のスタイルを適用することもできます。すべての利用可能なスタイルを表示するその他ボタン イメージ ] メニューをクリックし、それぞれのスタイルがどのように表示されるかをプレビューするのには、サムネイルの上にポインターを置きます。

    • 文書が見やすく白黒で印刷されるようにするには、どのように表示されることをプレビューできます。[デザイン] タブで、SmartArt グラフィックの図形をクリックして、[色の変更] の矢印をクリックし、主テーマの色] の下のサムネイルをクリックし、します。

SmartArt グラフィックの色の変更の概要

SmartArt グラフィックのメッセージを強化するために色を使用することができます。たとえば、表示するには、プロセスのすべての手順が異なるカラフル - アクセントを適用できます。

色ギャラリーを変更する

または、グラデーション-アクセント 1を使用して、プロセスのメッセージの方向に下線を引きます。

グラデーション - アクセント 1 が選択された [色の変更] ギャラリー

別の色の組み合わせを適用することにより、SmartArt グラフィック内のすべての図形の色を変更できます。サムネイルの色が表示の色を使用する方法ではなくなど、波型ステップ] (最も明るいに最も暗い)、さまざまな方法の色が適用されます。

色は、ドキュメントのテーマの色から SmartArt グラフィックに適用可能であり、色の変化は、スライドやドキュメントで使用されている色に自動的に対応付けられます。ドキュメントのテーマを変更した場合、SmartArt グラフィックには新しいテーマの色が反映されます。

徐々 にグラデーションを適用して色を変更するオブジェクトへの効果をできるように、その色によって異なりますスムーズに暗い薄めの網かけを作成できます。虹効果をグラフィックの図形にグラデーションを使用することもできます。

図形の色を変更する

  1. 変更する SmartArt グラフィック内の図形をクリックします。

    複数の図形を同じ色に変更する場合は、最初の図形をクリックして後、ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の塗りつぶし] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。色を選択しない場合は、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    [SmartArt ツール] の [書式] タブ。
    [PowerPoint 2010 の[SmartArt ツールの [書式] タブ

    確認 [ SmartArt ツールまたは書式設定] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択しています。図形をダブルクリックして、[書式] タブを開くには、必要があります。

    テーマの色にない色に変更するには、[その他の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

    注: 

    • グラデーションの塗りつぶしを適用する方法の詳細については、図形にグラデーションの塗りつぶしを追加するを参照してください。

    • SmartArt グラフィックに個別に、すべての図形の色を変更する代わりに、多くの図形が含まれている場合、 SmartArt グラフィック全体の色を変更して、個々 の図形の色を手動で変更します。

    • クイック スタイルを適用し、図形の色を変更する場合は、図形に適用された効果をカスタマイズできます。

    • 多数の図形の書式設定オプションを含む図形の書式設定] ダイアログ ボックスにアクセスするには、図形を右クリックし、 ショートカット メニューでの [図形の書式設定] をクリックします。

図形の境界線の色を変更する

  1. 変更する境界線を含んでいる図形をクリックします。

    複数の図形の枠線を同じ色に変更する場合は、最初の図形をクリックして後、ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の枠線] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。境界線を非表示にするには、[線なし] をクリックします。

    [SmartArt ツール] の [書式] タブ。
    [PowerPoint 2010 の[SmartArt ツールの [書式] タブ

    確認 [ SmartArt ツールまたは書式設定] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択しています。図形をダブルクリックして、[書式] タブを開くには、必要があります。

    テーマの色にない色に変更するには、[その他の線の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

SmartArt グラフィック全体の色を変更します。

  1. SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt のスタイル] で [色の変更] をクリックし、目的の縮小表示をクリックします。

    [SmartArt ツール] の [デザイン] タブ
    [PowerPoint 2010 の[SmartArt ツール] の [デザイン] タブ

    確認、 SmartArt ツールまたはデザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択しています。図形をダブルクリックして、[書式] タブを開くには、必要があります。

    注: 

    • 縮小表示を選択する前に、SmartArt グラフィックに色を適用した結果を表示するには、目的の縮小表示の上にポインターを置いてから、SmartArt グラフィックを参照します。

    • 文書が表示に適切な白黒で印刷するためには、主テーマの色] の下のサムネイルを] をクリックします。

色の変更の概要

別の色の組み合わせを適用してすべての SmartArt グラフィックの図形の色を変更できます。色のサムネイルが表示の色を使用する方法ではなくなど、波型ステップ] (最も明るいに最も暗い)、さまざまな方法の色が適用されます。

文書のテーマの色から色を適用するには、SmartArt グラフィックにし、[色のバリエーションが自動的にスライドや文書で使用する色を一致します。かどうかは、文書のテーマの色を変更すると、SmartArt グラフィックが反映されます、新しいテーマの色。

さまざまな色を選択する SmartArt グラフィックのレイアウトがすべてで適切に動作するように設計があります。通信するメッセージが一致するように SmartArt グラフィックにSmartArt スタイルを適用します。偶数レイアウト、SmartArt のスタイル、および色] を選択し、もう一度レイアウトを変更できます。SmartArt のスタイル、色が SmartArt グラフィックの操作を行いますようにする必要はありませんし直すにします。

複数の SmartArt グラフィックを作成し、目的の外観と同じする場合に一貫性のある、本格的な外観を達成するために同じ色を適用するSmartArt のスタイルを行えます。

SmartArt グラフィック内のメッセージを強調するのに色を使用することができます。たとえば、各ステップ プロセスでは異なることを強調するには、カラフル - アクセントを適用できます。

色ギャラリーを変更する

または、グラデーション-アクセント 1を使用して、プロセスのメッセージの方向に下線を引きます。

グラデーション - アクセント 1 が選択された [色の変更] ギャラリー

徐々 にグラデーションを適用して色を変更するオブジェクトへの効果をできるように、その色によって異なりますスムーズに暗い薄めの網かけを作成できます。虹効果をグラフィックの図形にグラデーションを使用することもできます。

図形の色を変更する

  1. 変更する図形をクリックします。

    複数の図形を同じ色に変更する場合は、最初の図形をクリックして後、ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の塗りつぶし] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。色を選択しない場合は、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    SmartArt ツールの [書式] タブの画像

    [SmartArt ツール] タブまたは [書式設定] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックが選択されていることをご確認ください。

    テーマの色にない色に変更するにその他の色] をクリックし、 [標準] タブ上の目的の色] をクリックしてまたは [ユーザー設定] タブの [色と [標準] タブの色で独自の色に混ぜ合わせますドキュメントテーマを後で変更する場合は更新されません。

ヒント    

  • SmartArt グラフィックに個別に、すべての図形の色を変更する代わりに、多くの図形が含まれている場合、 SmartArt グラフィック全体の色を変更し、手動ですべての図形の色を変更します。

  • クイック スタイルを適用し、図形の色を変更する場合は、効果をカスタマイズする図形に適用することができます。

  • [図形の書式設定] ダイアログ ボックスにアクセスするに図形の書式設定オプションと頻繁、図形を右クリックし、 ショートカット メニューでの [図形の書式設定] をクリックします。

グラデーションの塗りつぶしを作成します。

段階的に色を変更する、または 1 つの色を別の濃い網かけを薄めの網掛けからの効果を作成するのには、 グラデーションを使用できます。グラデーションを使用して、レインボー効果を作成するのにはもできます。

  1. 図形の境界線、または図形を右クリックし、[図形の書式設定] をクリックします。

    複数の図形と図形の枠線を変更する場合は、最初の図形をクリックして後、ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。SmartArt グラフィック内のすべての図形を変更するには、をクリックし、一度にすべての図形を選択するのにドラッグします。

  2. [塗りつぶし] ウィンドウをクリックし、[塗りつぶし (グラデーション)] をクリックします。

  3. 既定のグラデーションの塗りつぶしを選択するには、既定の色 [プリセット] ボタン の場合をクリックし、希望するオプションをクリックします。

  4. グラデーションの塗りつぶしのカスタム オプションを設定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • グラデーションの塗りつぶしを行うときの方向を指定するには、[種類] の一覧からオプションを選択します。選択した種類が [方向] の下に表示されるオプションを決定します。

    • 色や網掛けに別の方向を選択するには、[方向] をクリックし、希望のオプションをクリックします。使用できる方向は、[種類] の一覧から選択したグラデーションの種類によります。

    • グラデーションの塗りつぶしの図形内での回転角度を指定するには、[角度] ボックスに、希望の角度の値を入力します。このオプションは、[種類] 一覧で [線形] を選択した場合のみ表示されます。

    • グラデーションの分岐点を設定するには、一覧で、停止番号をクリックし、位置、色、透明度の値を設定します。

      グラデーションの分岐点は、位置、色、および透過性の値で構成され、非線形グラデーションの作成に使われます。たとえば、赤、緑、青と変化するグラデーションを作成する場合、3 つのグラデーションの分岐点 (各色に 1 つの分岐点) を追加する必要があります。図形の隅にのみグラデーションを表示する場合は、グラデーションの分岐点を使用してグラデーションを非線形にする必要があります

      (場所のグラデーションの塗りつぶしの色と透過性を変更) の位置を設定するには、分岐点] スライダーを移動またはスライダーの横のボックスに数値を入力します。

      グラデーションの分岐点に使用する色を選択するには、 ボタン イメージ をクリックし、使用する色をクリックします。1 色のグラデーションを作成するには、同じ色の濃淡を選択します。グラデーションを作成するには、各グラデーションの分岐点の別の色を選択します。たとえば、レインボー効果を作成して、最初のグラデーション分岐点赤、2 番目のグラデーションの分岐点オレンジ、できにできます。

      背景色が透けて見える度合いを指定するには、[透過性] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。透過性には、0% (完全に不透明、既定値) から 100% (完全に透明) までの値を指定できます。透過性はグラデーションの分岐点に適用され、塗りつぶし全体には適用されません。

  5. ヒント: 既存のグラデーションの分岐点を調整するには、一覧で停止番号を変更するをクリックします。追加または位置を削除する、追加または削除する] をクリックします。

図形の境界線の色を変更する

  1. [図形の境界線を変更する] をクリックします。

    複数の図形の枠線を同じ色に変更する場合は、最初の図形をクリックして後、ctrl キーを押しながら他の図形をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の枠線] の横の矢印をクリックし、目的の色をクリックします。境界線を非表示にするには、[線なし] をクリックします。

    SmartArt ツールの [書式] タブの画像

    [SmartArt ツール] タブまたは [書式設定] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックが選択されていることをご確認ください。

    テーマの色にない色に変更するには、[その他の線の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

SmartArt グラフィック全体の色を変更します。

  1. SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt のスタイル] で [色の変更] をクリックし、目的の縮小表示をクリックします。

    [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの画像

    [SmartArt ツール] タブまたは [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択したことを確認してください。

ヒント    

  • 縮小表示を選択する前に、SmartArt グラフィックに色を適用した結果を表示するには、目的の縮小表示の上にポインターを置いてから、SmartArt グラフィックを参照します。

  • 文書が表示に適切な白黒で印刷するためには、主テーマの色] の下のサムネイルを] をクリックします。

  • カラフル - アクセントを適用すると、SmartArt グラフィックにSmartArt グラフィックの選択] ギャラリーの例の外観を与えるには、(色の変更]をクリック)、および SmartArt スタイル漫画風します。

関連項目

SmartArt グラフィックを作成します。

移行のレイアウトまたは SmartArt グラフィックの種類

スタイルと SmartArt 図形を接続する線の幅を変更します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×