Skype for Business 会議に入るためにロビーで待機するユーザーを決定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

新しい Skype for Business 会議を作成する場合、会議に直接参加するユーザーや、招き入れるまで待機するユーザーを決定します。 大規模な会議、または機密性の高い情報を扱う場合には、これらのオプションを変更することをお勧めします。 [会議] タブの [会議] オプションをクリックすると、新しい Skype for Business 会議で次のオプションを設定できます。

[ロビーで待たずに会議に直接参加する人を選択してください]

結果

推奨される場合

[会議の開催者である自分のみ]

自分のみが会議に直接参加できます。他のすべてのユーザーは、許可されるまで待機する必要があります。

高度なセキュリティを要する会議と機密情報を扱う場合。

会社内から招待した人

招待されたユーザーのみが会議に直接参加できます。他のすべてのユーザーは、許可されるまで待機する必要があります。

機密情報についての話し合いで、特定のユーザーのみ参加できるようにする場合。

[同じ組織のユーザー]

会社内のすべてのユーザーが、招待されていなくても、会議に直接参加できます。

外部からの参加者がおらず、機密情報についての話し合いでない場合。

[すべてのユーザー (制限なし)]

会議のリンクにアクセスできるすべてのユーザーが会議に直接参加できます。

外部からの参加者を招待しており、機密情報を話し合っていません。

注: [すべてのユーザー] 以外のオプションをオンにした場合、Skype for Business デスクトップ クライアントを使用する発表者には、ロビーで待機するダイヤルイン ユーザーは表示されず、会議への参加を許可できません。

会議室、会議室、システムアカウントなどのリソースアカウントの動作は、ロビーのオプションによって多少異なります。

オプション

動作

会議の開催者である自分のみ

リソースアカウントは、是認されるまでロビーで待機する必要があります。

会社内から招待した人

リソースアカウントは、是認されるまでロビーで待機する必要があります。

同じ組織のユーザー

リソースアカウントは、是認されるまでロビーで待機する必要があります。

すべてのユーザー (制限なし)

リソースアカウントは会議に直接アクセスします。

関連項目

オンライン会議と電話会議のオプションを設定する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×