Skype for Business 会議で共有のノートまたは個人用のノートを使用する

会議については通常、出席者を記録したり、議論の内容を記録したり、実施項目をリスト化したりするために、ノートを取る必要があります。OneNote を使っている場合は、Skype for Business で個人用のノートを作成したり、参加者と共同で編集できる共有のノートを追加したりすることができます。また、Outlook を使っている場合や会議室に入室している間は、会議出席依頼にノートを追加することもできます。

注: Skype for Business 会議にノートを追加するには、OneNote がインストールされている必要があります。 OneNote がインストールされていない場合、会議にノートを追加しようとするとエラーが発生する可能性があります。OneNote を無料で取得してください。

Skype for Business 会議出席依頼にノートを追加する

会議出席依頼にノートを追加すると、会議が始まる前に必要なすべての情報を把握することができ、招待されたユーザーにそれらを閲覧または編集する機会を与えることができるので、会議中の時間を節約できます。

Outlook で Skype for Business 会議をセットアップする場合:

  1. 会議出席依頼のリボンにある、[会議ノート] をクリックします。

    Outlook の [会議ノート] ボタンを表示するスクリーンショット。

  2. 次のいずれかを選びます。

    Outlook の [会議ノート] ダイアログを表示するスクリーンショット。

    • [会議でノートを共有] では、会議出席依頼に共有のノートを追加できます。招待されたユーザーは、会議出席依頼の [会議ノートの表示] をクリックして OneNote で表示または編集できます。

    • [自分でノートを取る] では、他人には表示されない個人用のノートを会議に追加できます。

Skype for Business 会議のセットアップについては、「Outlook で Skype for Business 会議を設定する」を参照してください。

Skype for Business 会議中にノートを追加する

  1. 会議ウィンドウで、[コンテンツの共有] ボタンをクリックします。

    Skype for Business 会議のプレゼンテーション ボタンのメニューを表示するスクリーンショット。

  2. 次のいずれかを選びます。

    • [共有のメモ] をクリックし、参加者が表示して編集できるノートを選びます。 選んだノートがデスクトップに表示され、参加者は会議でノートを開くための通知を受け取ります。

    • [マイ ノート] をクリックして、コンピューターに個人用のノートを記録します。 選んだノートがデスクトップに表示されます。

共有のノートの機能

共有のノートは、OneDrive や SharePoint などの他のユーザーがアクセスできる場所に置く必要があり、ユーザーにはノートを開いて編集するための許可が必要です。

次の点にご注意ください。

  • ノートブック全体を共有せず、目的のページだけを共有することもできます。

  • ノート選択画面を開くと、以前にそのコンピューターで開かれた共有ノートブックのみが表示されます。

  • ページの代わりにセクションを選ぶと、そのセクションに空白のページが作成されます。

    Skype for Business の [共有のノート] ダイアログを表示するスクリーンショット。

  • ノートブックがない場合は、[新しいノートブック] で新しいノートを作成します。

    [共有のノート] ダイアログの [新しいノートブック] ボタンを表示するスクリーンショット。

  • 検索ボックスでページを検索することもできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×