Skype for Business の最新の更新プログラムをフォローする

Skype for Business の最新の更新プログラムをフォローする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

マイクロソフトでは常に Skype for Business の改善に努めています。ここでは現在利用可能な新機能について説明します。

Windows 版 Skype for Business

Skype for Business Onlineは、 Office 365の一部として継続的に改善されています。Skype for Business のサポートセンターも最新の変更によって継続的に更新されます。新機能に関するその他のリソースを次に示します。

Office 365 の更新履歴

office 365 の更新履歴 ProPlusページには、次の更新プログラムチャネルにリリースされた office 365 ProPlus の各更新プログラムのバージョンとビルド番号の一覧が表示されます。毎月、半期 (対象指定)、および半期です。各エントリには、リリースノートへのリンクがあります。

MSI バージョンの更新履歴

Windows インストーラー (MSI) ページを使用する skype for business の最新の更新プログラムについては、「skype for business 2016、skype for business 2015、Lync 2013 クライアントの最新の更新プログラムに関する情報とダウンロード」を参照してください。.

Office ブログ

Office ブログには、 Office 365の更新プログラムが含まれています。また、更新プログラムが他のユーザーに対して新しいシナリオを有効にする方法を確認します。

[ Skype for Business] カテゴリでは、Office ブログをSkype for Businessに関する投稿のみにフィルター処理します。

Office 365 ロードマップ

Office 365 ロードマップは、 Office 365の更新と変更に関する公式サイトです。現在入手可能な更新プログラムの一覧に加えて、ロードマップには、間もなく公開される改善に関する情報も含まれています。

Skype for Business を検索してロードマップをフィルター処理します。

管理者のみ

管理者と IT プロフェッショナルは、 Office 365管理センターを通じて配信された更新メッセージを対象として、 Office 365 の変更を確認してください。

Mac での Skype for Business

更新プログラムは Microsoft AutoUpdate (MAU) から入手可能です。MAU を使用するには、Mac での Skype for Business を起動して、[ヘルプ]、[更新プログラムのチェック] の順に選びます。Mac での Skype for Business をまだインストールしていない場合は、Microsoft ダウンロード センター からダウンロードしてインストールできます。

Skype for Business Server 2015、7月2018更新プログラム

Skype for Business 2015 server を使用しているお客様は、 7 月2018累積的な更新プログラムをインストールすることで、Mac ユーザー向けの機能を有効にできます。 更新プログラムがインストールされると、Skype for Business for Mac のユーザーに次のような改善が表示されます。

代理人は、委任に代わって会議をスケジュールすることができます。

代理人として設定されている Mac のユーザーは、委任者の予定表で会議を作成または編集し、Skype for Business 会議にすることができます。 オンライン会議では、委任者のポリシーと参加情報が使用されます。代理人は、mac バージョン16.18 またはそれ以降のバージョンの Outlook 2016 for mac と Skype for Business をインストールする必要があります。16.16.706

エンタープライズ voip を有効にせずに代理人を追加する

エンタープライズ voip を有効にしていない Skype for Business Online ユーザーは、代理人として連絡先を追加できるようになりました。 委任の構成については、「Skype for Business で代理人または委任者として機能する」を参照してください。

ビデオベースの画面共有

ユーザーが Skype for Business for Mac で画面を共有すると、アプリは可能な限りビデオベースの画面共有を使用して最適なパフォーマンスを提供します (会議に接続されている他のアプリの機能によって異なります)。

[会議終了] コマンド

会議で発表者であるユーザーは、[その他のオプション] ボタンから [会議の終了] を選択して、Skype for Business for Mac から会議を終了できるようになりました。会議が終了すると、会議のすべてのユーザーが切断されます。

改善点

  • 組織外から会議に参加できない問題を修正しました。

  • 911通話を行うときに、サブネットで構成されている場所が取得されないようにする問題を修正しました。

  • 他のユーザーが911通話を行ったときに、配布リストへのセキュリティデスク通知を防止する問題が修正されました。

  • 代理人に表示される着信呼び出し通知に委任者の名前を表示します。

  • チャットを削除するときに、会話履歴内のすべての連鎖アイテムを削除します。

16.19 リリース

リリース日:2018 7 月13日

バージョン:ビルド16.19.132

911通話用に手動で入力した場所を自動的に選択する

ユーザーが911通話で使用するアドレスを手動で入力すると、 Mac での Skype for Businessは macOS 位置情報サービスを使用して、アドレスが入力されたときにユーザーの地理的な場所を記憶します。ユーザーが後で同じ地理的な場所からサインインすると、 Mac での Skype for Businessによって、対応するユーザーが入力したアドレスが自動的に設定されます。

911通話用にサーバーが指定された場所を表示する

ユーザーの場所が Skype for Business サーバーによって自動的に指定されると、その場所がMac での Skype for Businessに表示されるようになります。

改善点

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、アクセスレベル、発表者、オプション、および電話の設定をカスタマイズするためのポリシーで指定された既定値を正しく設定できない問題を修正しました。

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、 Play エントリと exit アナウンスのポリシーで指定された既定値を正しく設定できない問題を修正しました。(この修正プログラムでは、Outlook バージョン16.0.180702 以降が必要です)。

  • 会議で PowerPoint ファイルを共有できない場合に、エラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

  • PowerPoint ファイルのプレゼンテーションコントロールが大規模な会議で表示されないようにする問題が修正されました。

  • im の免責事項のテキストの色を変更して、会議の im パネルに表示されるようにしました。

  • im の会話に追加されたユーザーに対して、im の免責事項が表示されない問題を修正しました。

  • 場合によっては、[チャットの入力] テキストボックスが表示されない問題を修正しました。

  • ユーザーがチャットを削除したときに、チャット内のすべてのメッセージが削除されないようにする問題を修正しました。(Skype for Business Online のみ)

16.18 リリース

リリース日:2018年6月7日

バージョン:ビルド16.18.51

音声とビデオの問題に関する通知

Mac での Skype for Businessは、長時間のネットワーク遅延、高 CPU 使用率、またはエコーなど、オーディオおよびビデオの品質に影響する可能性がある条件を検出したときに通知を表示します。

改善点

  • オンライン会議のスケジュールを設定するときに、Outlook for Mac でポリシーで指定された既定値を設定できないようにする問題を修正しました。

  • 応答グループへの呼び出しでアクティブな通話コントロールが表示されない問題を修正しました。

  • 通話の終了時に [通話料金] ダイアログボックスが複数回表示される問題を修正しました。

16.17 リリース

リリース日:2018 5 月8日

バージョン: 16.17.65

改善点

  • オフライン中に新しい会話を開くときに、過剰な CPU 使用率が発生した問題を修正しました。

  • Skype for Businessウィンドウが拡大されたときに、新しい通話の通知が表示されないようにする問題を修正しました。

  • IM 免責事項メッセージを表示する方法を変更しました。

  • ユーザーがサインアウトしようとすると、クラッシュを修正しました。

  • 連絡先のボイスメールを残しているときに、通話ウィンドウが適切に表示されない問題を修正しました。

以前のリリース

リリース日:2018年4月3日

バージョン: 16.16.102

エンタープライズ voip を有効にせずに代理人を追加する

Skype for Business Onlineエンタープライズ voip が有効になっていないユーザーは、代理人として連絡先を追加できるようになりました。 委任の構成については、「Skype for Business で代理人または委任者として機能する」を参照してください。(Skype for Business Onlineのみです。これは、今後のサーバー更新で Skype for Business server 2015 ユーザーに対して有効になります。)

ネットワーク接続が弱い場合にコールバックを行う

通話の音声品質に影響を与える可能性があるネットワーク接続がSkype for Businessによって検出された場合、アプリは、ユーザー設定の [通話] ページで電話番号が設定されている場合に、その接続を改善するために、もう一度電話をかけることを提供します。

ネットワーク接続が不十分な場合にユーザーにコールバックする通知

ドラッグアンドドロップまたはコピーして貼り付けて、1対1のチャットで画像やファイルを送信する

1対1のチャットでファイルの転送を有効にしているユーザーは、Finder からファイルをドラッグして、チャットウィンドウにドロップして送信することができます。 ユーザーは、画像またはファイルをクリップボードにコピーして、チャットに貼り付けることもできます。(Skype for Business Server 2015 ユーザーの場合、ファイル転送には12 月2017累積的な更新プログラムが必要です)。

チャットでファイルを送信するためにドロップしてドロップする

911通話の場所を設定する

Skype for Businessが自動的に場所を特定できない場合、ユーザーは緊急通話の場所情報を指定することができます。場所を設定するには、プロファイルの写真またはアバターをクリックし、[場所の設定] を選びます。

911通話の場所を設定する

チャットで絵文字を表示するかどうかを選択する

ユーザーは、組織によって許可されている絵文字を設定する場合、[全般] ページの [メッセージに絵文字を表示する] チェックボックスをオフにして、チャットで絵文字を無効にすることができます。

[基本設定] の [全般] ページの [メッセージに絵文字を表示する] チェックボックス

改善点

  • ユーザーが会議で画面共有を見られないようにするいくつかの問題が修正されました。

  • アプリがサインインに失敗したときにエラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

  • ハングした後でユーザーが会議または通話を再できない問題を修正しました。

  • 会議に参加するときに、"ネットワークの問題によりプレゼンテーションから切断されました" というメッセージが誤って表示された問題を修正しました。

  • 1対1通話でビデオベースの画面共有 (基づく vbss) のサポートが追加されました。(Skype for Business Onlineのみ)

  • 画面共有の開始と更新のパフォーマンスが向上しました。

リリース日:2018 2 月28日

バージョン: 16.15.166

電話で会議の音声に参加する

会議ポリシーによって音声に参加することを有効にして電話番号をダイヤルすると、会議に参加する前に [会議の音声に参加する] ダイアログボックスで [通話] を選ぶことができるようになります。

音声なしで会議に参加する

音声を参加させずに会議に参加することを選択すると、会議ウィンドウに黒い背景が表示され、音声なしで会議に参加したことを通知します。 後で音声に接続する場合は、[通話] ボタンを選びます。

音声なしで会議に参加する方法を示すスクリーンショット

改善点

  • 会議への参加を妨げる可能性があるいくつかの問題を修正しました。

  • 組織外から会議に参加できない問題を修正しました。

  • ユーザーがデバイスをコンピューターに接続したときにオーディオデバイスに切り替えるように求められたら、[このデバイスにはもう一度表示しない] チェックボックスを追加しました。

  • 長い IM 免責事項のテキストを表示する問題を修正しました。

  • ポリシーによって無効になったときに、チャットの絵文字が表示されていた問題を修正しました (set-csclientpolicy の DisableEmoticons を使用)。

  • エンタープライズ voip が有効になっていないユーザーが会議に参加する前に表示されない問題を修正しました。 [設定] の [通話] ページで、[使用するオーディオデバイス] オプションを確認します。

リリース日:2018年1月31日

バージョン: 16.14.163

チャットのタブ付きウィンドウエクスペリエンス

組織が IM メッセージとサーバー側の会話履歴の自動アーカイブを無効にしている場合でも、すべてのユーザーが1つのタブ付きウィンドウでチャットを表示できるようになりました。

共有コンテンツを表示するためのサイズを選ぶ

会議または通話に他のユーザーの共有画面が表示されるサイズを選択するには、[コンテンツをウィンドウに合わせる]または [その他のオプション(...) からコンテンツを表示する] を選択します。

[コンテンツをウィンドウに合わせる] オプションを示すスクリーンショット

コンピューターから離れているときでもチャットを受け付ける

組織でサーバー側の会話履歴が有効になっている場合、 Mac での Skype for Businessは、自分のコンピューターから退席した時間に関係なく、メッセージの受信を確認できるように、IM の会話を自動的に受け付けます。

Dock アイコンのオフラインインジケーター

Mac での Skype for Businessは、アプリがサインアウトされたとき、またはSkype for Businessサーバーにアクセスできない場合に、Dock のアプリアイコンに警告インジケーターを表示します。ユーザーは、オフラインのときに簡単に見分けることができます。

dock にオフラインインジケーターが表示されたスクリーンショット

会議への参加をより迅速かつ確実に行う

[参加] をクリックすると、会議への接続が大幅に高速化され、エラーが少なくなります。

改善点

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、組織のポリシーによって定義された既定値を使用して、会議に直接アクセスしたユーザーが、ロビーで待機していて、だれが発表者であるかを指定することはできません。 これには、Outlook バージョン16.9.116 以降が必要です。

  • 通話に戻っていたことを示すことなく、ネットワークのドロップ後に通話を再接続する問題が修正されました。

  • 実際にチャットメッセージが配信されなかったというエラーが表示された問題を修正しました。

  • 会議で画面共有を表示するときに、黒い画面が発生する問題を修正しました。

  • [チャット] タブから切り替えたときに、新しいメッセージの通知を表示できない問題を修正しました。

  • コンピューターの再起動後にアプリが自動的にサインインできない問題を修正しました。

Skype for Business Server 2015、1月2018更新プログラム

Skype for Business Server 2015 を使用しているお客様は、 1 月2018累積的な更新プログラムをインストールすることで、Mac ユーザー向けの機能を有効にできます。 この更新プログラムをインストールすることをお勧めします。これらの機能が必要な場合、またはリリースの "改善と修正" リストに記載されている問題のいずれかが発生している場合に限ります。更新プログラムがインストールされると、 Mac での Skype for Businessのユーザーには次のような改善が表示されます。

  • 通話の場所に基づくルーティングのサポート   管理者は、通話の相手の場所に基づいて、組織外のユーザーとの通話をどのように処理するかを制御できます。

  • IM の免責事項を表示   するMac での Skype for Businessは、組織で指定されている場合、すべての IM 会話の開始時に免責メッセージを表示します。

Skype for Business Server 2015、12月2017更新プログラム

Skype for Business Server 2015を使用しているお客様は、 12 月2017累積的な更新プログラムをインストールすることで、Mac ユーザーの機能を有効にできます。 更新プログラムがインストールされると、 Mac での Skype for Businessのユーザーには次のような改善が表示されます。

  • 911 通話のサポート   既知の場合、911の発信者の場所は、緊急サービスプロバイダーに送信されます。 ウェストセーフティサービスのお客様の場合は、緊急ゲートウェイバージョン5.4 のインストールが必要になることもあります。

  • ピアツーピアチャットでファイルを送信する   ユーザーは、チャットメッセージの入力ボックスでペーパークリップをクリックして、チャットセッション中にファイルを送受信できます。また、Finder から直接、チャットメッセージの入力ボックスにファイルをドラッグすることもできます。

  • その他の改善点:

    • ポリシーによって許可されていない場合に、組織のネットワークの外部からユーザーをサインインできないようにする問題が修正されました。

    • モビリティポリシーが無効になっているときに、ユーザーが会議リストを取得できない問題を修正しました。

リリース日: 2017 年12月7日

バージョン: 16.13.184

Outlook の予定表からの状態

Mac での Skype for Businessは、Outlook の予定表に基づいて会議中または多忙な時期を示すために、状態を自動的に更新します。これをオフにするには、[環境設定] ダイアログボックスの [全般] ページで [自分の予定表情報に基づいて自分の状態を更新する] をオフにします。

会議や通話でユーザーを管理する

会議または通話中に、他のユーザーのマイクを簡単にミュートにしたり、発表者や出席者にしたり、会議から削除したりすることができます。[連絡先 ] リストでユーザーを選択し、[その他のオプション] ([...]) をクリックします。

会議や通話でユーザーを管理する

オフラインの状態を確認する

Skype for Business サーバーに接続していないときに、ウィンドウの上部に通知が表示され、会話を開始したり会議に参加したりするためのボタンが無効になります。

オフラインの状態を確認する

不在着信した IM メッセージを表示する

im 会話を欠場すると、組織が im メッセージの自動アーカイブを無効にしている場合でも、チャットウィンドウにメッセージテキストが表示されます。

通話を停止したときに自動的にウィンドウを閉じる

Mac での Skype for Businessは、会話内で im を送信していない限り、人と人の通話を切断すると、自動的に通話ウィンドウを閉じます。

音声通話とビデオハングアウトの品質を監視する

macOS シエラ以降を使用している場合、管理者は、サービスを円滑に実行するために、音声通話とビデオ呼び出しのサービス品質 (QoS) を監視できます。

改善点

  • ユーザーが911にダイヤルしたときに、セキュリティデスクの通知を表示できない問題を修正しました。

  • チャットの会話を開くパフォーマンスが向上しました。

  • 通話または会議を終了するときに、アクションボタンをカバーしないように、通知の位置を変更しました。

  • [デバイス] ウィンドウの表示のパフォーマンスが向上しました。

  • 会議で PowerPoint ファイルを共有するときに、次のスライド前のスライドボタンの表示を改善しました。

  • 発表者が会議のすべての IM を有効または無効にしたときに、IMs を送信する問題が修正されました。

  • HTTP プロキシパスワードの保存方法に関する問題を修正しました。

  • 別の ID を持つユーザーが複数回サインインするように求められる問題を修正しました。

リリース日: 2017 年11月8日

バージョン: 16.12.77

改善点

  • クラッシュの問題を修正しました。

リリース日:2017 10 月31日

バージョン: 16.12.75

会議または通話中にデバイスを簡単に変更する

ユーザーは、会議中に [デバイス] ボタンを選択したり、音声とビデオデバイスを選択したりすることができます。

会議または通話でデバイスを変更する

[予定表] タブから [参加] をクリックして会議の音声オプションを選択する

[会議] タブでユーザーが会議を選択すると、[ 参加] ボタンを押すと、[会議の音声に参加] ダイアログボックスが表示され、音声の参加方法を選ぶことができます。電話番号への会議通話を行うオプションは、[会議の音声に参加] ダイアログボックスでのみ使用できるようになりました。

最大化した画面共有

[会議] または [会話] ウィンドウを表示して、共有されている内容を簡単に確認できるようになりました。

ハングアップしたときに画面の共有を停止する

ユーザーが会議または通話を終了した後に他のユーザーの画面が表示されないことを確認するために、アプリは自動的に画面の共有を停止します。

メールでユーザーを会議に招待する

ユーザーは、[会議情報] ダイアログボックスで [電子メールで招待] をクリックして、会議に参加する方法についての情報を含む相手に簡単にメールを送信できます。

メールでユーザーを会議に招待する

改善点

  • コンピューターから電話に音声を切り替えた後、"この通話を保留中" というメッセージが引き続き表示される問題を修正しました。

  • ユーザーがサインインしていないときに im を送信できないようにするためのチェックを追加しました。

  • Outlook の予定表アイテムに表示されたときに、電話番号の書式設定が正しく行われない問題を修正しました。

  • ネットワーク接続が復元された後、ネットワーク接続エラーが表示されたままになる問題を修正しました。

  • [通話] タブからのリダイヤルの呼び出しを防止する問題が修正されました。

  • 会議で画面を共有しているときに、現在の発表者のビデオが表示されない問題を修正しました。

  • [会議の音声に参加する] ダイアログボックスを表示するために、ユーザーがエンタープライズ voip に対して有効にする必要があることを削除しました。

  • 管理者がサインイン UI をカスタマイズして、[サインイン] ダイアログボックスの [ユーザー名] フィールドと [詳細設定]オプションを表示する機能を追加します。カスタマイズの詳細については、こちらをクリックしてください。

リリース日:2017 10 月5日

バージョン: 16.11.149

音声なしで会議に参加する

ユーザーは、音声を参加させずに会議に参加することができます。ユーザーは、[会議の音声に参加する] ダイアログボックスで [オーディオに参加しない] を選択するか、[環境設定] の [通話] ページですべての会議の既定値を設定して、1つの会議のオプションを選択できます。[会議の音声に参加] ダイアログボックスは、予定表から会議に参加したとき、または [会議 ] タブのアイテムをダブルクリックしたときに表示されます。

[会議音声の参加] ダイアログボックスの例

簡略化されたサインイン

Mac での Skype for Businessへのサインインが簡単になり、必要な情報だけが求められるようになりました。ユーザーは自分のメールアドレスを入力して開始し、 Skype for Businessによって組織に必要な追加情報を特定します。[ユーザー名] フィールドが [詳細オプション] ダイアログボックスに移動されました。ユーザー名を入力することは、ほとんどのユーザーには必要ありませんが、一部の組織では必要になる場合があります。

簡略化されたサインイン画面の例

クライアント証明書ベースの認証を使用してサインインする

ユーザーは、組織によって要求されたときに、クライアント証明書ベースの認証を使用してMac での Skype for Businessにサインインできるようになりました。

会議コンテンツを非表示にして表示する

ユーザーは、会議で他のユーザーが共有しているコンテンツを非表示にしたり、表示したりすることができます。他のユーザーが画面を共有している場合は、[その他のオプション(...)] メニューの [会議コンテンツを非表示にする] を選びます。コンテンツが利用可能で、表示されていない (またはエラーが原因であるため) 場合は、[その他のオプション(...)] メニューから [会議コンテンツを表示] を選びます。

会議の内容をオフにしたり、コンテンツをオンにしたりする方法の例

組織とフェデレーションされていない組織から会議に参加する

ユーザーは、2つの組織間で外部接続 (フェデレーション) が確立されていない場合でも、別の組織によってホストされる会議に参加できるようになりました。これらの会議に参加するには、[会議] タブの [会議] リストから開始します。 Outlook からこれらの会議に参加することは、まだサポートされていません。

macOS High シエラのサポート

Mac での Skype for Businessが高いシエラを完全にサポートしていることを理解して、macOS をアップグレードします。

改善点

  • ユーザーが組織内のネットワークに接続されているときに、911通話に使用されるユーザーの場所が正しく識別されない問題を修正しました。

  • アプリを終了した後、ユーザーの状態が引き続き表示される問題が修正されました。

  • ユーザーが別の ID でサインインできない問題を修正しました。

  • 会議で画面共有を表示する信頼性を向上させるために、いくつかの問題を修正しました。

リリース日:2017年8月30日

バージョン: 16.10.097

[会議終了] コマンド

会議で発表者であるユーザーは、[その他のオプション] (...)を選択し、[会議の終了] をクリックして、会議をMac での Skype for Businessから終了することができます。会議が終了すると、会議のすべてのユーザーが切断されます。

[その他のオプション] (...) メニューの [会議の終了] コマンド

注: Skype for Business Online ユーザーのみ。

会議ごとに [会議に参加する] 音声ダイアログボックスを表示する

[会議] タブから会議に参加したときに、 Mac での Skype for Businessの外部から会議に参加したときに、[会議の音声に参加する] ダイアログボックスが表示されるようになりました。

代理人を追加するためのサポート

[環境設定] ダイアログボックスの [通話] ページにある [新しいヘルプ] リンクを使用すると、 Skype for Businessで代理人を追加する方法を説明したドキュメントに簡単にアクセスできるようになります。

[ユーザー設定] ダイアログボックスの [通話] ページにある [代理人を追加するにはどうすればよいですか?] リンク

改善点

  • 通話または会議に参加しているときに、接続されているオーディオヘッドセットをアプリで自動的に選択しない問題を修正しました。

  • 一部の地域で正しくないダイヤルイン電話番号が Outlook でオンライン会議用に表示された問題を修正しました。 これには、Outlook for Mac 15.37.170815 以降が必要です。

  • 会議で発表者から出席者に降格されたときに、[プレゼンタとして引き継ぐ] ボタンが無効にならない問題を修正しました。

  • 発表者が会議を終了したときに、ユーザーが誤ったエラーメッセージを表示する問題を修正しました。

  • ユーザーが会議で画面を共有しているときに、黒い画面または灰色表示になっている問題が修正されました。

リリース日:2017年8月2日

バージョン: 16.9.0.37

複数の緊急対応番号のサポート

管理者によって構成された場合、 Mac での Skype for Businessは複数の緊急電話番号をサポートします。

代理人は、委任に代わって会議をスケジュールすることができます。

Outlook for Macでは、代理人が委任者の代理としてオンライン会議をスケジュールできるようになりました。この新機能には、委任者ではなく、代理人の会議 ID とポリシーを使用してオンライン会議が作成されるという制限があります。この制限は、今後のバージョンのMac での Skype for BusinessおよびOutlook for Macでは削除されます。

注: この機能を有効にするには、Outlook 更新プログラムのバージョン15.36.170702 以降をインストールする必要があります。

Lync Server 2013 の委任者と代理機能

委任者と代理人機能は、 Lync Server 2013累積的な更新プログラム 9: 7 月2017に対して有効になっています。

  • ユーザーは連絡先グループの「代理人」グループに代理人を追加して、通話ルーティングの環境設定を代理人に設定することができるようになりました。

  • 代理人は誰によって代理人として指名されたかを確認できます。

  • 代理人は委任者の代理として通話を行えます。

Lync Server 2013 の連絡先管理

連絡先を追加または削除したり、連絡先グループを作成および削除したりする機能は、 Lync Server 2013累積的な更新プログラム 9: 7 月2017に対して有効になっています。

lync Server 2013 の Skype for Business 2016 ユーザーとのピアツーピアデスクトップ共有

Windows のMac での Skype for BusinessとSkype for Business 2016の間のピアツーピアデスクトップ共有は、 Lync Server 2013累積的な更新プログラム 9: 7 月2017に対して有効になっています。

改善点

  • 会議中にタッチバーのボタンのサイズと間隔を大きくしました。

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、すべてのダイヤルイン番号が表示されない問題を修正しました。

  • PowerPoint プレゼンテーションを共有しているときに会議からハングする問題が修正され、会議の全員のプレゼンテーションが終了しました。

  • [サインインしたままにする] がオフになっている場合でも、ユーザーが自動的にサインインする問題が修正されました。

  • [通話会議] タブのキーボードナビゲーションで、アクセシビリティに関する問題が修正されました。

  • 2人のユーザーが同時に共有を開始しようとしたときに、ユーザーが画面共有を表示できない問題を修正しました。

  • 一部のチェックボックスが右から左の言語で正しく表示されない問題を修正しました。

  • Exchange のパスワードが必要になったときにエラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

  • ユーザーが unmaximizes を最大化し、会議で画面共有を表示しているときにウィンドウを移動すると、クラッシュの問題が修正されました。

リリース日:2017年6月20日

追加された機能

  • これで、ユーザーは [チャット] タブから直接話したことがない連絡先を検索できるようになりました。

    [チャット] タブから連絡先を検索する
  • [連絡先] タブの新しい連絡先リストから、 Skype for Businessの連絡先リストに追加したユーザーを確認することができます。

    [連絡先] タブの [新しい連絡先リスト]
  • エンタープライズ voip ユーザーは、[会議] タブから [電話で参加] を選択することで、音声を電話に参加させることができます。

    [会議] タブの [電話での参加] オプション
  • 会議に [その他のオプション] ボタン ([...]) を追加しました。

    [その他のオプション] ボタンを示すスクリーンショット

    [その他のオプション] ボタンを選択すると、会議に応じてさまざまなコマンドを含むメニューが表示されます。

    • エンタープライズ voip ユーザーは、[電話で参加] を選択して会議に参加した後、音声を電話に切り替えることができます。

    • ユーザーは、会議中に powerpoint プレゼンテーションを共有するには、[ powerpoint ファイルの共有] を選択します。

    • ユーザーは、会議情報を表示することで、開催者の名前、会議リンク、会議 ID、電話番号などの情報を表示できます。

    • ユーザーは、[通話履歴] を選択して、保留中の通話を再開できます。

  • ユーザーは、自分のブラウザーに参加するのではなく、 Mac での Skype for Businessから直接組織とフェデレーションされていない別の組織から会議に参加できるようになりました。オンライン会議の場合と同様に、[会議] タブで [参加] を選びます。

  • ユーザーは、会議を選択し、[参加] を押して、 Skype for Businessの [会議] タブから直接 Microsoft チーム会議に参加できるようになりました。

    [会議] タブの [チーム会議]
  • 会議で画面を共有する場合、 Skype for Business Online ユーザーは、より高いフレームレートとより良い品質でビデオベースの画面共有を使用します。

    注: Skype for Businessオンラインユーザーのみ。

  • オンプレミスのユーザーは、Outlook でSkype for Business会議を専用の会議スペースでスケジュールできるようになりました (これは、会議ごとに同じ会議 ID を使用します)。

  • Outlook で会議のスケジュールを設定すると、オンプレミスのユーザーに事前に割り当てられた会議が使用できるようになります。

    注: Skype for Business Server 2015 とSkype for Business 2013 でのみサポートされています。

  • 連絡先カードのさまざまな機能 (IM、電話、ビデオ、メール、会議のスケジュールなど) と会議 (ビデオ、マイク、共有などの会議コントロール) に対するタッチバーのサポートが追加されました。

  • クラウド pbx自動応答と、 Skype for Business Online ユーザー用のクラウド pbx通話キューのサポートが追加されました。

改善点

  • 代理人管理のサポートが強化されました。

    注: オンプレミスのSkype for Business Server 6.0.9319.281 でサポートされています。

  • ネットワークの品質が十分に確立された後、ネットワークの問題によって削除された場合にのみ、会議中に接続を失うことになります。

  • Skype for Business Online ユーザーの双方向ファイル転送に関する既知の問題を修正しました。

    注: Skype for Business Server 2015 Update version 1617.5 を使用したSkype for Business Online ユーザー向けにサポートされています。

  • ビデオ通話またはビデオベースの画面共有後にアプリが過剰なメモリをリークする第4世代 MacBook Pro のメモリの問題を修正しました。

  • ネットワークの問題に関する警告が通知センターに入力される問題を修正しました。

  • ユーザーの地域に関係なく、00が常に+に正規化された問題を修正しました。

  • 虚栄心の電話番号の文字が、呼び出しの失敗を引き起こす数字に正しく変換されない問題を修正しました。

  • PSTN 番号をダイヤルしているときに、二重ダイヤルトーンサウンドの問題が修正されました。

  • パブリック会議をスケジュールするときにポリシーが変更されたため、ユーザーに会議を更新するように求められた問題が修正されました。

  • 会議で複数の参加者がデスクトップまたはプログラムを共有しているという問題が修正されました。

  • ピアツーピア通話のミュートとミュート解除の問題を修正しました。

  • サインイン、画面共有の問題、およびクラッシュに関するさまざまな問題が修正されました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

統合連絡先ストアが有効になっている場合、代理人管理を含む連絡先管理はサポートされません。

ユーザーアカウントが、Exchange の統合連絡先ストアのSkype for Business管理者によって有効になっている場合、ユーザーはSkype for Businessで連絡先リストを変更できません。ユーザーは Outlook の連絡先リストに変更を加えることができます。

その他の既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2017 年 4 月 18 日

追加された機能

  • ピアツーピアファイル転送は、 Skype for Business Onlineで有効になっています。ユーザーは、チャットメッセージの入力ボックスでペーパークリップをクリックして、チャットセッション中にファイルを送受信できるようになりました。また、Finder から直接、チャットメッセージの入力ボックスにファイルをドラッグすることもできます。

    ファイルが添付されたチャット ウィンドウ

改善点

  • ユーザーが着信を受信すると、通話に応答するためのビデオ プレビューおよびビデオ ボタンが着信呼び出しパネルに表示されます。

  • 委任者の代わりに代理人から通話を受信する Skype for Business ユーザーは、その通話が委任者の代わりに発信されたことを確認できるようになりました。

  • ユーザーが呼び出しデバイス設定を保存すると、アプリケーションの再起動後に選択した内容が保存されます。

  • 連絡先リストの名前はアルファベット順に並べ替えられます。

    連絡先リスト
  • 複数回にわたり参加しようとすると、会議への参加が拒否されたことが通知されます。

  • すでに存在する連絡先グループを作成しようとすると表示されるエラー メッセージを修正しました。

  • Exchange の接続の問題を修正しました。

  • マルチドメインのサインインの問題を修正しました。

  • 細かいバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

リリース日: 2017 年 3 月 28 日

追加された機能

  • ユーザーは連絡先グループの「代理人」グループに代理人を追加して、通話ルーティングの環境設定を代理人に設定することができるようになりました。

  • 代理人は誰によって代理人として指名されたかを確認できます。

  • 代理人は委任者の代理として通話を行えます。

    注: 代理人/委任者機能は現在、 Skype for Business Online のお客様のみが使用できます。その他の機能が付属しています。

  • ユーザーは「音が鳴る」デバイス用の別個のオーディオ設定を追加できます。

  • ユーザーが USB デバイスを接続すると、デバイスへの切り替えを求められます。

  • 連絡先カードと連絡先の詳細ビューに [グループ] ボタンが追加されました。これにより、ユーザーは連絡先リストに他のユーザーをすばやく追加できるようになりました。

  • ユーザーはグループの連絡先カードから、配布リストとグループに対して通話を発信したり IM を送信できるようになりました。

  • メッセージが日付で区切られるようになりました。

  • チャット ウィンドウでオプション SIP の URI のサポートが追加されました。

  • 管理者は、ユーザー プロファイルにより電子メールおよびユーザー名を設定できるようになりました。

  • ユーザーに対して、通話体験を評価するよう求めるメッセージが時々表示されるようになりました。

改善点

  • コンピューターの再開時の会話履歴の利用可能性についての間違った警告を修正しました。

  • HTTP プロキシ設定を構成せずにネットワーク プロキシ サーバーを使用するネットワーク上の Mac での Skype for Business へのサイン インの試行時に、エラー メッセージを受信しない問題を修正しました。

  • ヘッドセットのミュート/ミュート解除に関する複数の問題を修正しました。

  • ミュートと接続に関する問題を修正しました。

  • Outlook で作成された会議に関する問題と、Polycom および Skype Room Systems からの参加に関する問題を修正しました。

    注: 修正を適用するには、Skype Room Systems で Mac クライアントにより予約された既存の会議を予約し直す必要があります。

  • 会議およびカレンダーの更新では、Exchange にサインイン済みでないユーザーは、Exchange へのサインインを求められます。

  • 1 対 1 の会話での画面共有を改善しました。

  • 通話の終了を改善しました。ロビー内で一部のユーザーが通話を終了できなかった問題を修正しました。

  • ナレーションによるお知らせの機能を向上し、その他のアクセシビリティ機能も改善しました。

  • メッセージ「マイクはミュートになっています。」の位置を変更しました。

  • その他の UI の改善とバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2017 年 2 月 7 日

追加された機能

  • ピア ツー ピアの IM 会話中にユーザーがデスクトップを共有できるようになりました。

    注: skype for business 2016 からのピアツーピアデスクトップ共有-オンプレミスの skype for business server 2015 ユーザーのための Windows クライアントでは、 skype for business server 2015 の2月の更新プログラムが必要です。オンプレミスのLync Server 2013ユーザーのための Windows クライアントでの Skype for Business 2016 からのピアツーピアデスクトップ共有はサポートされていません。

  • 次の USB デバイスについて認定済みサポートが適用されるようになりました。

    • Polycom CX300

    • Jabra Speak 510

    • Jabra Evolve 65

    • Plantronics Blackwire C520-M

    • Logitech Webcam C930e

改善点

  • ユーザーが連絡先を検索したときに、重複した連絡先および連絡先の電子メールが同時に表示されます。サインイン情報を削除する対処により、ユーザーに表示される連絡先は 1 つだけになりました。

    1. Mac での Skype for Business からログ アウトします。

    2. サインイン情報を削除します。

  • デスクトップ共有と会議の通話に関するバグを修正しました。

  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を介した共有スクリーンの表示時の CPU パフォーマンスの改善を実装しました。

  • クライアントの UI と通知を改善しました。

  • クライアントによって上書きされていた Microsoft AutoUpdate チャネルの問題を修正しました。

  • ユーザーが通話を転送できない問題を修正しました。

  • アクセシビリティに関連した問題を改善しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

  • その他のバグ修正を実装しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

Outlook の予定表に基づいてプレゼンスが自動的に「会議中」に更新されない

Outlook の予定表機能に基づく自動プレゼンス更新は現在サポートされていません。これは、 Mac での Skype for Businessの今後の更新プログラムで解決されます。

IM 会話でのデスクトップ共有を表示できない

Windows 版 Skype for Business ユーザーが IM 会話 (ピアツーピアまたはグループ IM) でデスクトップを共有するときに、Mac での Skype for Business ユーザーに対して空白の画面が表示される場合があります。

回避策: Windows ユーザーの Skype for Business がプログラムまたはウィンドウを共有しているか、 Mac での Skype for BusinessユーザーがMac での Skype for Businessアプリを再起動します。

Skype Room Systems 会議に参加できない

Skype Room Systems では、Mac での Skype for Business によってスケジュールされた会議に参加できません。

回避策: 会議にダイヤルインするか、Windows クライアントでSkype for Businessを使用して会議をスケジュールします。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2016 年 12 月 20 日

改善点

  • Microsoft AutoUpdate の ChannelName プリファレンスにカスタム チャネルを使用する組織の問題を修正しました。

リリース日: 2016 年 12 月 12 日

追加された機能

  • ビデオベースの画面共有 (VBSS) 表示が Office 365 で利用できます。VBSS は、RDP よりも効率的にネットワーク上でコンテンツを共有する方法を提供するテクノロジです。詳細情報

  • Lync Server 2013 ユーザー向けの単一ウィンドウ モード。Mac での Skype for Business では複数の会話を単一ウィンドウで管理するための優れたエクスペリエンスを既に実現しています。このエクスペリエンスは、16.2 以前ではサポート対象外であった Lync Server 2013 に接続する Mac クライアントにも適用範囲を広げています。また、以前にサーバー側の会話履歴が無効化されていた場合に、単一ウィンドウを利用することができませんでした。この症状は、所属する組織が明確に EnableAutoIMArchive を無効化しない限り、発生しないようになりました。さらに、Mac クライアントがアクティブな場合はメッセージを自動的に受け取るようになり、IM は不在着信メッセージとしても表示されます。

    単一ウィンドウ:

    • は SSCH に依存しません。これは、EnableIMAutoArchiving によってのみ異なります。

    • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合はオンになります。

    • EnableIMAutoArchiving が無効になっている場合はオフになります。

    自動受け取り:

    • Mac での Skype for Business は、最もアクティブなエンドポイントの場合、常に IM を自動的に受け取ります。

    • SSCH が有効になっている場合は、サーバーによって承認されます。会話は、Exchange で保持され、[会話] リストに表示します。

    • SSCH が無効または設定されていない場合 (Lync Server 2013 など) は、クライアントは IM を受け取り会話ウィンドウに表示しますが、Exchange の「会話の履歴」フォルダーには保存しません。

      • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合:

        • Mac での Skype for Business は会話をローカルに表示し、ローミングしません。

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は会話リストに再表示されます。

        • ユーザーが Mac での Skype for Business のクリーン インストールを行うか、別のコンピューターからログ オンすると、過去の会話の履歴は表示されません。

      • EnableIMAutoArchiving が無効の場合:

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は永続的ではなくなり、会話リストに表示されません。

  • 音声通話では、デスクトップ共有を追加できるようになります。

注: 単一ウィンドウ モードは既に Office 365 および Skype for Business Server 2015 2015 ユーザーで利用できます。ただし、EnableIMAutoArchiving ポリシーが管理者によって無効化されている場合は、単一ウィンドウ モードは利用できません。

改善点

  • 既定の通知タイプをバナーに変更しました。ユーザーが通知センター上の設定を変更できます ([Skype for Business] > [基本設定] > [通知])。

  • 会議中や通話中のユーザー エクスペリエンス。

  • グループ管理

  • クライアントの安定性およびその他のバグの修正

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

連絡先の検索の制限

Mac の検索では、フェデレーションされた連絡先および Skype コンシューマーの連絡先を表示しないという既知の制限があります。表示できるのは ローカルの Active Directory の連絡先のみです。

Windows 版 Skype for Business クライアントでのデスクトップ表示

通話中の、Windows 版 Skype for Business 2016 のオンプレミス ユーザーからのデスクトップ表示は現在サポート対象外です。

対応策: ユーザーは電話会議に参加するか「今すぐミーティング」を使うことができます。

注: Mac での Skype for Business クライアントは、Office 365、Skype for Business Server 2015、Lync Server 2013 と互換性があります。Lync Server 2010 を使用しているユーザーは引き続き Lync for Mac 2011 を Mac クライアントとして使用する必要があります。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2016 年 11 月 22 日

追加された機能

連絡先グループの管理

  • Skype for Business Online および Skype for Business Server 2015 のユーザーは、連絡先リストで連絡先グループおよびエンタープライズ配布グループを追加、削除できるようになりました。

連絡先を状態変更通知の対象としてマークする

  • Skype for Business Online、Skype for Business Server 2015、Lync Server 2013 のユーザーは、連絡先の状態がオンラインに変わったときに通知されるように連絡先をマークすることができます。

改善点

メッセージング

  • 受信者が着信メッセージに応答できない場合の送信者のエクスペリエンスが改善されました。

  • チャット通知に関する問題が修正されました。特定の状況において、新しいチャットをクライアントが既読であると判断するためにマーク付けされなかった問題を解決しました。

会議

  • 数多くの修正と信頼性の向上により、より安定した会議のエクスペリエンスを得られるようになりました。

全般

  • 予定表の同期に関する問題が修正され、起動時に会議が正しく取得されるようになりました。

  • サインインのバグの修正。特定のアカウントの種類でサインインができない問題を解決しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

単一またはタブ形式のウィンドウ エクスペリエンスが利用できない

既定では、トポロジが次の要件を満たす場合、すべての会話が単一またはタブ形式のウィンドウに表示されます。ただし、サーバー側会話履歴が有効になっているかどうかをクライアントが検出できず、デフォルトの単一ウィンドウ ビューに戻らない場合があります。この問題は、[環境設定] の設定を更新することで解決できます。

単一/タブ形式のウィンドウのエクスペリエンスに関する要件:

  • Skype for Business Online または Skype for Business Server 2015

  • サーバー側会話履歴の有効化

単一ウィンドウ モードが利用できない場合のトラブルシューティングとして、次のことを確認してください。

  • [環境設定]、[一般] の順に選択した場合に表示される [会話を個別のウィンドウに表示する] チェック ボックスがオフになっている。

E-911 と ADFS の組み合わせがサポートされていない

これは既知の問題で、Skype for Business Server 2015 の今後の更新で解決される予定です。

連絡先グループの追加、名前変更、削除メニューが、グループを新規追加した直後に無効になる

対応策: 任意の連絡先またはグループを選択すると、メニューが再び有効化されます。

[グループの展開] / [グループの折りたたみ] シェブロン アイコンが、最小化または最大化した後に連絡先のリストと同期しなくなる Skype for Business

対応策: シェブロンをクリックしてアイコンを修正します。

100 件を超える連絡先を持つ配布グループを追加すると、100 件の連絡先のみが表示される

対応策: 配布グループの全メンバーの一覧を表示するには、Outlook でグループを展開します。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

iOS および Android 版 Skype for Business

iOS の更新履歴

[app Store] ページのiOS アプリで、[新着情報] セクションの [バージョン履歴] を選び、各リリースの更新プログラムの一覧を表示します。

Android の更新履歴

[Play ストア] ページのAndroid アプリで、[新着情報] セクションにある最新の更新プログラムの説明を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×