Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使う、視覚に障碍のあるユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Skype for Business をキーボードと Windows に組み込まれているスクリーン リーダーであるナレーターを使用して操作し、音声通話を発信したり受信したりできます。Skype for Business は、ヘッドセット、マイク、スピーカーなどのデバイスを自動的に検出します。発信する前に、音声デバイスがコンピューターに接続されていることを確認します。また、準備が完了していることを確認するために、音声デバイスが適切に機能していることをチェックすることを推奨します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

ナレーターを使用するときに音量を一定に保つ

ナレーターがオンのときに、既定ではその他のオーディオ ソースの音量が低下します。そのため、Skype for Business の通話と会議が聞き取りにくくなります。

  1. Windows ロゴ キーを押します。「Windows の開始。検索ボックスの編集」と読み上げられます。検索ボックスに「ナレーター」と入力します。検索結果の一覧が表示されます。

  2. 検索結果の一覧で、「ナレーター設定の変更」と読み上げられるまで↓キーを押し、Enter キーを押します。「設定ウィンドウ、オン、ナレーターのトグル スイッチ」と読み上げられます。

  3. ナレーター設定で、「オン、ナレーターの実行中は他のアプリの音量を下げる、トグル スイッチ」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  4. Space キーを押します。「オフ、ナレーターの実行中は他のアプリの音量を下げる」と読み上げられます。

音声通話を行う

  1. [連絡先] タブに移動するには、Ctrl キーを押しながら 1 を押します。「検索の入力、編集、ユーザーまたはルームの検索」と読み上げられます。通話する連絡先の名前を入力します。「検索結果、ウィンドウの更新」と読み上げられます。↓キーを押して、正しい連絡先の名前が読み上げられるまで、↓キーを押して検索結果一覧で移動します。

  2. この連絡先に対して追加のオプションを表示するには、Enter キーを押します。オプション メニューが開きます。

  3. オプション メニューで、「<連絡先名> に通話」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  4. 「Skype 通話」と読み上げられたら、Enter キーを押します。Skype for Business ウィンドウが開き、呼び出し音が鳴ります。

  5. 通話が接続された後 :

    • マイクをミュートまたはミュート解除するには、「マイク ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 通話を保留にするには、Ctrl + Shift キーを押しながら H を押します。「この通話は保留されています」と読み上げられます。通話を再開するには、Ctrl + Shift キーを押しながら H を押すか、「通話の再開ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 通話を転送するには、Ctrl+Shift キーを押しながら T を押します。ピアツーピア通話中の場合、この操作によって連絡先ピッカーが開きます。

      注: 通話転送機能は、基本的な Skype for Business スタンドアロン プランや、すべての Office 365 サブスクリプションでは利用できません。

    • ダイヤル パッドを表示するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら D を押します。

    • 他の通話コントロール (デバイスまたはスピーカーの音量) を選択するには、「通話コントロール ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。Tab キーを使用してオプションを選択し、Enter キーを押します。

    • 通話にビデオを追加するには、Ctrl + Shift + Enter キーを押すか、「ビデオ ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 通話にインスタント メッセージングを追加するには、「IM ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 通話に参加するように他の連絡先を招待するには、Alt キーを押しながら V を押すか、「他の参加者の招待」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。編集フィールドがフォーカスされた状態の新しいウィンドウが開きます。名前を入力するか、↓キーを使用して一覧上の名前を選択します。「OK ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 通話を終了するには、「切断」と読み上げられるまで Tab キーを押して Enter キーを押すか、Alt キーを押しながら Q を押します (ピアツーピア通話でのみ機能し、会議通話では機能しません)。

音声通話に応答する

連絡先から通話を受信すると、Skype for Business 通知ウィンドウが開き、呼び出し音が鳴り、「通知: <発信者名> からの Skype for Business 通話の受信。通話を受け入れる場合は Windows キーと Shift キーを押しながら O を押し、拒否する場合は Windows キーと Esc キーを押します。」と読み上げられます。

  • 応答するには、Windows + Shift キーを押しながら O を押します。

  • 通話を受け入れない場合は、Windows + Esc キーを押します。この操作により通話が閉じられ、利用可能な場合はボイス メールに送信されます。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Skype for Business for Mac をキーボードと Mac OS に組み込まれているスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して操作し、音声通話を発信したり受信したりできます。Skype for Business for Mac は、ヘッドセット、マイク、スピーカーなどのデバイスを自動的に検出します。発信する前に、音声デバイスがコンピューターに接続されていることを確認します。また、準備が完了していることを確認するために、音声デバイスが適切に機能していることをチェックすることを推奨します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

音声通話を行う

  1. Skype for Business を開始し、必要な場合はサインインします。Skype for Business for Mac ウィンドウが [連絡先] ビューに開きます。[連絡先を検索] ボックスに移動するには、Tab キーを繰り返し押します。

  2. [連絡先を検索] ボックスに名前、IM アドレスまたは電話番号を入力します。入力すると同時に検索結果が一覧表示されます。

  3. Tab キーを押して、連絡先リストを選択します。通話を行う相手の名前が読み上げられるまで↑キーまたは↓キーを押します。

  4. 「通話、ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押します。

  5. Skype for Business 通話メニューを開くには、Space キーを押します。次のように読み上げられます。「メニュー、<項目の数>。」

  6. ↓キーを押して [Skype 通話] を選択し、Control + Option + Space キーを押して通話を開始します。

  7. 通話を終了するには、「切断ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押します。Control + Option + Space キーを押して選択します。

音声通話に応答する

通話を着信すると、「着信通話」と読み上げられます。「応答」と読み上げられるまで Control + Option キーを押しながら→キーを繰り返し押します。ボタンを選択するには、Control + Option + Space キーを押します。

マイクをミュートする

発信または受信した通話中にマイクをミュートするには、「ミュート」と読み上げられるまで Control + Option + →キーを繰り返し押します。ボタンを選択するには、Control + Option + Space キーを押します。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Skype for Business で、iOS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、音声通話を発信および受信します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

音声通話を行う

  1. 必要な場合は、Skype for Business を開いてサインインします。開始画面が表示され、会社のディレクトリ内の連絡先、今後の予定、最近の会話を検索するためのボックスが表示されます。

    ヒント: 前回の使用時に Skype for Business からサインアウトしなかった場合、アプリはサインインを要求せずに開きます。サインインについては、「Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク」をご覧ください。

  2. [連絡先] ビューに移動するには、「連絡先ボタン」と読み上げられるまで右または左にスワイプしてから画面をダブルタップします。[連絡先] ビューが連絡先の一覧表示や、連絡先リスト ([お気に入り] など) を開きます。

    注: [連絡先] リストに表示されていない人に通話するには、[連絡先を検索] ボックスを使用してその人を開始画面で検索することができます。連絡先を検索する方法の詳細については、「 連絡先を検索して連絡先カードを開く」を参照します。他の人を [連絡先] リストに追加する方法の詳細については、「Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する」をご覧ください。

  3. [連絡先] ビューのリストを参照するには、通話相手の連絡先を含んでいるリストの名前が読み上げられるまで、右または左にスワイプします。移動するたびに VoiceOver がリスト名を読み上げます。リストを開くには、画面をダブルタップします。

    注: [お気に入り] リストが既定で開かれます。

  4. リスト内の連絡先を参照するには、通話する連絡先が読み上げられるまで右または左にスワイプします。移動するたびに VoiceOver が連絡先の名前と状態を読み上げます。通話する連絡先の上にあるときに、画面をダブルタップして会話画面を開きます。

  5. 「通話。」と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして通話を発信します。フォーカスが通話画面に戻ります。

  6. 通話を終了するには、通話画面で「電話を切るボタン」と読み上げられるまで右または左にスワイプしてから画面をダブルタップします。フォーカスが会話画面に移動し、次のように読み上げられます。「通話が終了しました。」

音声通話に応答する

連絡先から通話を受信すると、画面に通知が表示され、発信者の名前が読み上げられます。

  • 通話に応答するには、画面をダブルタップします。

  • 通話を拒否するには、「拒否ボタン」と読み上げられるまで左にスワイプしてから画面をダブルタップします。

    注: 電話機がロックされているときに通話を着信した場合に、通話を無視するにはスリープ ウェイク ボタンを押します。

マイクをミュートする

マイクをミュートするには、発信または着信した通話中に、「通話ミュート ボタン」と読み上げられるまで右または左にスワイプしてから、画面をダブルクリックします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Skype for Business for Android で、Android の組み込みのスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、音声通話を発信および受信します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

通話を発信する

  1. 必要な場合は、Skype for Business for Android を開いてサインインします。開始画面が表示され、会社のディレクトリ内の連絡先、今後の予定、最近の会話を検索するためのボックスが表示されます。

    ヒント: 前回の使用時に Skype for Business からサインアウトしなかった場合、アプリはサインインを要求せずに開きます。サインインについては、「Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク」をご覧ください。

  2. [連絡先] ビューに移動するには、「連絡先と連絡先管理画面を表示する」と読み上げられるまで右または左にスワイプしてから画面をダブルタップします。[連絡先] ビューで連絡先の一覧表示や、連絡先リスト ([お気に入り] など) が開かれます。

    注: [連絡先] リストに表示されていない人に通話するには、[会社のディレクトリで検索] ボックスを使用してその人を開始画面で検索することができます。連絡先を検索して、他の人を [連絡先] リストに追加する方法の詳細については、「Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する」をご覧ください。

  3. [連絡先] ビューのリストを参照するには、通話相手の連絡先を含んでいるリストの名前が読み上げられるまで、右または左にスワイプします。移動するたびに TalkBack がリスト名を読み上げます。リストが閉じている場合は、「ボタン、折りたたみ」とリスト名が読み上げられます。リストを開くには、画面をダブルタップします。

    注: [お気に入り] リストが既定で開かれます。

  4. リスト内の連絡先を参照するには、通話する連絡先が読み上げられるまで右または左にスワイプします。移動するたびに TalkBack が連絡先の名前と状態を読み上げます。通話する連絡先の上にあるときに、画面をダブルタップしてそれらの連絡先カードを開きます。

  5. 次のように読み上げられるまで右にスワイプします。「音声通話ボタン。」画面をダブルタップして通話を発信します。フォーカスが通話画面に戻ります。

  6. 通話を終了するには、通話画面で「通話の終了ボタン」と読み上げられるまで右または左にスワイプしてから画面をダブルタップします。フォーカスが会話画面に移動し、次のように読み上げられます。「通話が終了しました。」開始画面に戻るには、「戻る」と読み上げられるまで左にスワイプしてから画面をダブルタップします。

音声通話に応答する

  1. 連絡先から通話を受信すると、Skype for Business の画面に通知が表示され、次のように読み上げられます。「着信通話。」右にスワイプすると、「着信通話があります」と発信者の名前が読み上げられます。

  2. 着信に応答したり、着信を拒否したりすることができます。

    • 通話に応答するには、右に繰り返しスワイプして、フォーカスを [音声通話を承諾] ボタンにフォーカスを移動して画面をダブルタップします。通話がつながります。

      通話を終了するには、[通話終了] ボタンにフォーカスを移動して画面をダブルタップします。 「通話が終了しました。」と読み上げられます。

    • 通話を拒否するには、右に繰り返しスワイプしてフォーカスを [無視] ボタンに移動して画面をダブルタップします。 発信者の名前が Skype for Business のメイン画面の [最近] リストに追加されます。

通話でのオプションを選択する

通話がつながると、上から下および左から右へと順に次のようなコントロールがある Skype for Business for Android の通話画面が表示されます。

  • 画面の上部には [戻る] ボタン、通話のユーザー、通話の期間、および [チャット] ボタンがあります。

    [戻る] ボタンにより、前の画面に移動します。フォーカスがボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「戻る。」

    [チャット] ボタンで、インスタント メッセージのチャット ウィンドウが開きます。フォーカスがボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「チャット ボタン。」

  • 上の列に、[ビデオ]、[ミュート]、[オーディオ] ボタンがあります。

    [ビデオ] ボタンで、通話でのビデオを有効にして、自分が相手に見られるようにすることができます。フォーカスがボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「オフ、プレビュー ビデオがオフ、切り替え。」

    [ミュート] ボタンでマイクのオンとオフを切り替えます。相手の音声は引き続き聞こえますが、自分の声は相手には聞こえません。マイクをミュートにすると、「オン、オーディオはミュート状態、切り替え。」と読み上げられます。マイクがミュート状態でない場合 (既定の設定) は、「オフ、オーディオはミュート解除状態、切り替え。」と読み上げられます。

    [オーディオ] ボタンでスピーカーのオンとオフを切り替えます。オンの場合は、「オン、スピーカー、切り替え。」と読み上げられます。 オフの場合は、「オフ、スピーカー、切り替え。」と読み上げられます。

  • 中央の列に、[追加]、[ダイヤルパッド]、[その他] ボタンがあります。

    [追加] ボタンにより、他の人を招待して通話に参加させることができます。フォーカスがボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「参加者の追加、ボタン。」表示される画面で、人を検索したり、最近の連絡先のリストの中を移動したりすることができます。

    [ダイヤルパッド] ボタンで、自動電話システムとのやりとり、コードの入力、メニューの選択などを行うために使用できるテンキーが開きます。次のように読み上げられます。「ダイヤルパッドおよびボイスメール ボタンを表示。」(このオプションがない場合は、所属する組織で Skype for Business for Android 通話用のボイスメールが提供されていない可能性があります。)通話画面に戻るには、左に繰り返しスワイプして、画面の左上にある [閉じる] ボタンにフォーカスを移動します。フォーカスがボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「ダブルタップして有効にする。」画面をダブルタップします。

    [詳細] ボタンで、[通話の転送] と [保留] オプションがあるメニューが開きます。フォーカスが [詳細] ボタンの上にあると、次のように読み上げられます。「詳細オプション、ボタン。」通話を別の人または番号に転送することができます。通話を保留状態にすると、通話を終了するのではなく一時停止することになります。通話が保留状態のときは、双方ともお互いの声を聞くことができません。

  • 画面の下部中央には、[通話終了] ボタンがあります。

ヒント: これらのすべてのコントロールにアクセスするには、電話機を縦向きに保持します。デバイスを横向きに持つと、利用できるコントロールが少なくなります。

これらのコントロールのいずれかを有効にするには、右または左にスワイプしてフォーカスを目的の項目まで移動し、画面をダブルタップします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×