Skype for Business でスクリーン リーダーを使って画面を共有する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って画面を共有する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Skype for Business をキーボードと Windows に組み込まれているスクリーン リーダーであるナレーターを使用して操作し、会議の参加者と画面を共有できます。複数のプログラムでの操作を表示する場合は、画面全体 ([デスクトップの共有]) を共有できます。1 つのプログラムまたはいくつかのファイルのグループのみを表示する必要がある場合やお使いのコンピューターの他の部分を見せたくない場合は、単一のプログラムだけを共有 ([ウィンドウを共有]) することができます。

Skype for Business 会議のコンテンツを共有できるようになるには、発表者になる必要があります。オプションを使用できない場合は、発表者の 1 人から発表者の権限を付与してもらってください。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

共有ツールバーを使用する

画面またはプログラムを共有している場合、Skype for Business は、共有をコントロールするためのボタンがあるツールバーを画面の上部に表示します。共有ツールバーでは次の操作を行うことができます。

  • 自分のデスクトップのコントロールを会議内の他のユーザーに渡したり、他のユーザーによるコントロールを取り戻したりする。

  • 自分の画面またはプログラムの表示を停止する。

  • ツールバーを固定して常に表示されるようにする。

  1. キーボードのフォーカスをツールバーに移動するには、Ctrl+Shift+Space キーを押します。

  2. ツールバー上の項目間を移動するには、Tab キーを押します。スクリーン リーダーが項目について読み上げます。

  3. ツールバー上のオプションを選択するには、Enter キーを押します。

  4. 通話または会議ウィンドウにフォーカスを戻すように切り替えるには、Esc キーを押します。

画面またはプログラムを共有する

注: Skype for Business 会議のコンテンツを共有できるようになるには、発表者になる必要があります。オプションを使用できない場合は、発表者の 1 人から発表者の権限を付与してもらってください。

ヒント: デスクトップを共有すると、プログラム、ファイル、通知のすべてが会議の参加者全員に表示されます。参加者に見えないようにするプログラムは、デスクトップの表示を開始する前に閉じるか、最小化します。

ヒント: 単一のプログラムを共有している場合は、Skype for Business の状態は [電話会議中] に変わります。デスクトップ全体を共有する場合、Skype for Business の状態は [発表中] に変わり、インスタント メッセージや通話を受信しません。

  1. チャットまたは会議ウィンドウのコントロール間を移動するには、「共有ボタン、コンテンツの共有」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. [コンテンツの共有] メニューを開くには、Space キーを押します。「デスクトップの共有」と読み上げられます。

  3. デスクトップ全体を会議のすべての参加者に表示するには、Enter キーを押します。

    注: 

    • 「Skype for Business ウィンドウ、キャンセル ボタン」と読み上げられる場合、「注意: 選択したモニターに表示されるすべての内容が他のユーザーに公開されます。」という通知が表示されます。

    • この通知をデスクトップを共有するたびに表示しないようにするには、「次回から表示しない、チェック ボックスがオフ」と読み上げられるまで Tab キーを押してから Space キーを押します。

    • デスクトップの共有を開始するには、「OK ボタン」と聞こえるまで Tab キーを押します。

    これでデスクトップ全体が会議のすべての参加者に表示されます。フォーカスが Skype for Business 会議ウィンドウに戻ります。

  4. 1 つのプログラムのみを表示するには、[コンテンツの共有] メニューで、「ウィンドウを共有」と読み上げられるまで↓キーを押します。Enter を押します。この操作により、お使いのコンピュータ上のすべてのアクティブなプログラムを一覧表示する [ウィンドウを共有] ウィンドウが開きます。[キャンセル] ボタンがフォーカスされます。「ウィンドウを共有、ウィンドウ、キャンセル ボタン」と読み上げられます。

    • 表示する最初のプログラムに移動するには、Tab キーを押します。プログラムの名前が読み上げられます。

    • 利用可能なプログラム間を移動するには、←キーまたは→キーを押します。表示するプログラムの名前が読み上げられたら、Space キーを押します。これで [共有] ボタンが有効になります。次に Enter キーを押します。この操作により、通話中のすべての相手とプログラムが共有され、Skype for Business の会議ウィンドウにフォーカスが戻ります。

    ヒント: 単一のプログラムを表示するときに、Skype for Business の会議ウィンドウがそのプログラムの前面にある場合、共有するプログラムは黒い四角として表示されます。複数のモニターを使用している場合は、会議ウィンドウを 2 台目のモニターに移動することで、会議ウィンドウが共有プログラムの前面に表示されることを防ぐことができます。

  5. 画面の共有を停止するには、Ctrl+Shift+Space キーを押します。フォーカスが画面上部のツールバーに移動します。「共有の停止ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押してから、Enter キーを押します。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Skype for Business for Mac をキーボードと Mac OS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して操作し、会議で画面を共有します。お使いの Mac からコンテンツを表示して、メッセージが効率的に伝わるようにすることができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

  • Skype for Business for Mac 会議のコンテンツを共有できるようになるには、発表者になる必要があります。オプションが淡色表示になっている場合は、発表者の 1 人から発表者のアクセス権を付与してもらってください。

  • 画面を共有すると、プログラム、ファイル、通知のすべてが会議の参加者全員に表示されます。参加者に見えないようにするプログラムは、表示を開始する前に閉じるか、非表示にします。

画面を共有する

注: 表示中は Skype for Business for Mac の状態は [電話会議中] に変わり、オンライン会議以外のインスタント メッセージまたは通話を受信しません。

  1. オンライン会議に参加して、キーボード上で Control + Command + S キーを押します。「画面の共有、ウィンドウ、システム ダイアログ。現在テキスト エレメント上にいます」と読み上げられます。

  2. 表示するときに、次の操作を実行できます。

    • 全画面表示モードに切り替えるには、Control + Option + M、W を押します。次に「全画面表示に入ります」と読み上げられるまで↓キーを押してから、Space キーを押します。次のように読み上げられます。「Skype for Business で全画面表示スペースに入ります。」標準画面表示モードに戻るには、Esc を押します。

    • アクティブなウィンドウを非表示にするには、Command+H キーを押します。

    • 非表示のウィンドウを復元するには、アプリの名前が読み上げられるまで Command+Tab キーを押します。

    • ドックにアクセスするには、Control + Option + D キーを押します。「ドック、<ドック上の現在のフォーカス>」と読み上げられます。

    • アクティブなウィンドウを閉じるには、Command+W キーを押します。

  3. 共有を停止するには、Command + Command + S キーを押します。「共有の停止」と読み上げられます。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Skype for Business で画像を共有するために iOS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用することができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • デバイスで Skype for Business を開くときに表示される場所とユーザー インターフェイス (UI) の項目は状況によって異なります。このトピックで説明するコンテンツと UI 要素は、実際に表示されるコンテンツや要素の一部の例となります。

画面を共有する

  1. 会議に参加します。

    ヒント: オンライン会議に参加する方法の詳細については、「 Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する」を参照してください。

    注: 自分が会議の発表者となるようにしてください。会議の準備を整えたら、発表者として開始します。

  2. [会議] 画面で、「その他のオプション」と読み上げられるまで右にスワイプしてから画面をダブルタップします。[詳細] メニューが開きます。「詳細」と読み上げられます。

  3. 発表するには、「発表ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。「参照。」次に、共有したいプレゼンテーション ファイルを見つけるために、画面をダブルタップします。[参照] メニューが開きます。

  4. プレゼンテーションするファイルがある場所の名前が読み上げられるまで、右または左にスワイプします。移動するごとに、その場所の名前が VoiceOver によって読み上げられます。選択するには、画面をダブルタップします。

  5. 場所内のファイルまたはフォルダーを参照するには、プレゼンテーションする項目の名前が読み上げられるまで右または左にスワイプします。項目を選択するには、画面をダブルタップします。ファイルの選択後、会議の参加者全員に対するプレゼンテーションが自動的に開始します。

    注: PowerPoint プレゼンテーションを共有している場合に、次のスライドを共有するには、「次のスライド ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. プレゼンテーションを終了するときに、画面の共有を停止するには、[会議] 画面で、「その他のオプション ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから画面をダブルタップします。[詳細] メニューが開きます。「プレゼンテーションを停止ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

Android の組み込みのスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、Skype for Business for Android 会議中に PowerPoint のプレゼンテーションを共有します。画面全体や、他のアプリケーションのコンテンツを共有することはできません。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

  1. 必要な場合は、Skype for Business for Android を開いてサインインします。

    ヒント: 前回の使用時に Skype for Business for Android からサインアウトしなかった場合、アプリはサインインを要求せずに開きます。サインインについては、「Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク」をご覧ください。

  2. 会議に参加します。

    ヒント: 詳細については、「 Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する」を参照してください。

    自分が会議の発表者となるようにしてください。会議の準備を整えたら、発表者として開始します。

  3. PowerPoint プレゼンテーションの共有を開始するには、[会議] 画面で、「その他のオプション、ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから画面をダブルタップします。

  4. [PowerPoint を表示] が 1 番目のオプションとして表示されるメニューが開きます。オプションを選択するには、右にスワイプして、画面をダブルタップします。

  5. [場所] ビューが開きます。右にスワイプしてオプションを閲覧します。プレゼンテーションの場所の上にいるときに、画面をダブルタップします。

  6. その場所にあるフォルダーまたはファイルを閲覧するには、右にスワイプします。フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。

  7. フォーカスがプレゼンテーション上にあるときに、ダブルタップすると共有を開始します。次のように読み上げられます。「プレゼンテーションを開始します。」「OK、ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。プレゼンテーションが開き、会議の参加者全員が見ることができます。

    注: Skype for Business for Android 会議では PowerPoint プレゼンテーションを共有できますが、音声通話、ビデオ通話、チャット セッションでは共有できません。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先を管理する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×