スキップしてメイン コンテンツへ

SharePoint Server 2013 の既知の問題

Microsoft SharePoint Server 2013 へようこそ。

ライセンス情報については、付属の使用許諾契約書を参照してください。

SharePoint Server 2013 および Microsoft SharePoint Designer 2013 に関する重要な内容を次に示します。 その他の関連する2013既知の問題に関する記事を表示するには、[ SharePoint Foundation の既知の問題] をクリックします。

問題が発生した製品

SharePoint Server

SharePoint Server の検索

SharePoint Designer

OneDrive for Business (Office Online 単体型 SKU の場合)

SharePoint Server

SharePoint 用 Yammer アプリ: Internet Explorer でアプリ パーツが表示されず、iFrame エラーが表示される

Office プログラムのサービス マネージャー コンポーネントにより、Internet Explorer の信頼済みサイト セキュリティ ゾーンに SharePoint テナント ドメインが自動的に追加されるため、SharePoint サイトからドキュメントを表示するたびに IFrame エラーが表示されます。 ログイン エンドポイントは信頼済みサイトに追加されません。 SharePoint に対するユーザー認証は引き続き正常に実行されますが、クリック ジャッキング防止機能によって iFrame がロックされるので、iFrame 自体は表示されません。

ところ    次のサイトを信頼済みサイトのリストに追加し、セッションを再起動します。

  • https://login.microsoftonline.com

  • https://*.sharepoint.com

これらのサイトを追加しても問題が解決しない場合は、信頼済みサイトの保護モードを有効にしてください。

SharePoint 用 Yammer アプリ: Internet Explorer の使用時にログイン画面に空白のダイアログ ボックスがポップアップ表示される

Internet Explorer のイントラネット ゾーンの設定に *.yammer.com や *.sharepoint.com (お使いの SharePoint ドメインなど) があると、SharePoint 用 Yammer アプリから Yammer にログインできません。 アプリから Yammer にログインした後で空白のダイアログ ボックスが表示されます。

ところ    次のサイトを信頼済みサイトのリストに追加し、セッションを再起動します。

  • https://*.yammer.com

  • https://*.assets-yammer.com

モバイル デバイスで PerformancePoint コンテンツのコンテキスト メニューが表示されないことがある

SharePoint Server 2013 を SharePoint Server 2010 モードで実行している場合は、PerformancePoint コンテンツを Windows 8 タブレットや Apple iPad などのモバイル デバイスで見ているときにコンテキスト メニューが表示されないことがあります。 特に、Internet Explorer を Windows 8 デスクトップから実行する代わりに Internet Explorer アプリを使って、または Apple iPad で iOS 6 Safari ブラウザーを使ってコンテンツを見ているときです。

回避策    SharePoint Server 2013 を既定のモードで実行することをお勧めします。 または、Internet Explorer を Windows 8 デスクトップから開くようユーザーに伝えてください。

iOS Safari ブラウザーについては、現時点で回避策はありません。

プレビュー版からアップグレードする前に、AverageRating プロパティを削除する

プレビュー版からリリース版にアップグレードすると、AverageRating という新しい管理プロパティが自動的に追加されます。 プレビュー版のインストールでこのプロパティを作成してしまうと、アップグレードは失敗します。

個人用サイトを 2013 にアップグレードしたが、2010 モードで実行するよう設定されており、歯車メニューから [アプリの追加] をクリックするとエラーが表示される

個人用サイトが 2013 にアップグレードされたが 2010 モードのまま動作するよう設定されている場合、エラー メッセージが表示されます。

ところ    現時点では、回避策はありません。

再パーティション化を行った後、インデクサー プロセスが前のメモリを解放しない

インデックス ノードに対するメモリ負荷が高くなると、再パーティション化が行われることがあります。 ここで問題となるのは、インデックスを再パーティションした後に、インデックス ノードが再起動するまで前のインデックス ノードのメモリ使用率が変わらないことです。

ところ    $Ssa を行う前に、以前のインデックスコンポーネントで spsearchhostcontroller サービスを再起動して、この手順を実行することをお勧めします。ResumeAfterIndexRepartitioning(). ただし、hostcontroller を再起動する前に、古いインデックスのレプリカがプライマリと同期していることを確認することをお勧めします。

折りたたみ/グループ化がオンになっていないときに fcocount を取得しようとすると、クエリのクラッシュが発生する

管理プロパティ fcocount を取得するときに TrimDuplicates=False または TrimDuplicatesIncludeId が使用されると、クエリが失敗します。

ところ    TrimDuplicates = False または TrimDuplicatesIncludeId を使用している間、fcocount を要求しません。

New-SPEnterpriseSearchIndexComponent が、誤ったサーバーで RootDirectory の存在を確認する

検索トポロジに新しいインデックス コンポーネントを追加し、インデックス ファイルに既定以外のルート ディレクトリを指定するものとします。 次に例を示します。

New-SPEnterpriseSearchIndexComponent -SearchTopology $t -SearchServiceInstance $ssi -IndexPartition 1 -RootDirectory ""d:\index4"

コマンドレットが実行されたサーバー上に、指定されたルート ディレクトリが存在するかどうかが誤って確認されるため、コマンドレットが失敗して次のエラー メッセージが表示されることがあります。

Cannot bind parameter 'RootDirectory' to the target. Exception setting ""RootDirectory"": ""Could not find a part of the path 'd:\index4'."

ところ    代わりに、次の手順を使用して、新しいインデックスコンポーネントを作成できます。

$host02 = (Get-SPServer"<Name of server>").Name

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchserviceApplication

$t = $ssa.ActiveTopology.Clone()

$ic = (New-Object Microsoft.Office.Server.Search.Administration.Topology.IndexComponent $host02,1);

$ic.RootDirectory =""d:\index4"

$t.AddComponent($ic)"

PerformancePoint のダッシュボード デザイナー ヘルプが通常どおりに開かない

ダッシュボード デザイナーで [ヘルプ] をクリックすると、SharePoint Server の [ヘルプ] が開き、ダッシュボード デザイナーに関する記述が見当たりません。

ところ    ヘルプは、ヘルプビューアーのホーム画面には表示されませんが、ダッシュボードデザイナーでは使用できます。 ダッシュボードデザイナーのコンテンツを表示するには、[ヘルプ] ウィンドウの上部にある [検索] ボックスに「ダッシュボードデザイナー」と入力します。 ダッシュボードデザイナーのリソースの一覧が表示されます。

PowerPoint のインテントが表示されない

Powerpoint のインテントが表示されないスペイン語のビルドでは、「powerpoint のクエリルール条件にセミコロンが含まれていない」という問題が発生します。 また、この問題は、言語パックがなくても、アラビア語およびスペイン語のサーバーでのみ発生します。

ところ    管理者は、PowerPoint の既存のクエリルール条件をコピーして、不足しているセミコロンを挿入するか、問題の原因となっているセミコロンを正しく配置することができます。 古いエントリを削除して、更新されたクエリルールが選択されるようにすることができます。

ページの先頭へ

SharePoint Server の検索

匿名アクセスで検索できない

匿名アクセスで検索しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

セキュリティ トークンを発行しようとしたときに例外が発生しました: セキュリティ トークンのユーザー名とパスワードを検証できませんでした。

回避策    OS のロケールをローカル言語に変更します。

ページの先頭へ

SharePoint Designer

SharePoint ワークフローから SharePoint HTTP (REST) Web サービス以外のサービスを呼び出すと、HTTP Web サービスの呼び出しが失敗する

ワークフロー開発者が、SharePoint ワークフローから SharePoint HTTP (REST) Web サービス以外のサービスを呼び出すワークフローを作成すると、HTTP ヘッダーに "Authorization: Bearer" が既定で追加され、場合によっては "401 Unauthorized" エラー応答となることがあります。

ところ    ワークフローの開発者は、"RequestHeader" プロパティに空の文字列 ("") を含む "Authorization" フィールドを明示的に指定する必要があります。 "HTTP Web サービスの呼び出し" アクション。 これにより、この HTTP 要求のベアラー承認ヘッダーが抑制されます。

"リスト アイテムを作成する" アクションを使って DocSet を作成できない

SharePoint 2010 ワークフローでは、SharePoint Designer の "リスト アイテムを作成する" アクションを使って DocSet を作成できましたが、SharePoint 2013 では "リスト アイテムを作成する" アクションによる DocSet の作成をサポートしていません。

ところ    "ワークフローの開始" アクションを使用して、SharePoint 2010 ワークフローを呼び出してみてください。

SharePoint 2013 の外部リストがワークフローでサポートされていない

SharePoint 2010 のワークフローでは、外部リストの作成、読み取り、更新、削除 (CRUD) 操作が行えましたが、SharePoint 2013 のワークフローでは、プラットフォームの制限により、外部リストの CRUD 操作を行えません。

回避策    SharePoint 2013 ワークフロー内で "リストのワークフローを開始する" や "サイトのワークフローを開始する" アクションを使って SharePoint 2010 ワークフローを試してください。

"リスト アイテムを作成する" アクションで、フォルダー内にアイテムを作成できない

SharePoint 2010 で "リスト アイテムを作成する" アクションを実行すると、カスタム リスト配下のフォルダーにリスト アイテムを作成できましたが、SharePoint 2013 ではプラットフォームの制限があるため、"リスト アイテムを作成する" アクションを実行してもアイテムを作成できません。

回避策    SharePoint 2013 ワークフローの "リストのワークフローを開始する" や "サイトのワークフローを開始する" アクションを使って SharePoint 2010 ワークフローを呼び出してみてください。

SharePoint 2010 ワークフローの並列ブロックの CompletionCondition プロパティがサポートされない

SharePoint 2010 ワークフローの並列ブロックの CompletionCondition プロパティがサポートされません。 SharePoint 2010 ワークフローと SharePoint 2013 ワークフローを、SharePoint Designer 2013 で作成できます。 ただし、並列ブロックの CompletionCondition プロパティは SharePoint 2013 ワークフローでのみサポートされるプロパティです。 SharePoint 2010 ではこのプロパティは表示できますが、設定はできません。

ところ    現在、回避策はありません。

"リスト アイテムを作成する" アクションで作成されたドキュメントが、ワークフローのデザイン時に指定されたファイル拡張子を保持しない

"リスト アイテムを作成する" アクションで作成されたドキュメントは、ワークフローのデザイン時に指定されたファイル拡張子を保持しません。 たとえば、"template.dotx" などのドキュメント テンプレートを含むドキュメント ライブラリに新しい SharePoint 2013 ワークフローを作成すると、ワークフローには "リスト アイテムを作成する" アクションがあり、[パスと名前] パラメーターは "excel_file.xls" に設定されます。 ワークフローを公開して実行すると、"excel_file.xls" ではなく "excel_file.xls.docx" という名前の新しいドキュメントが作成されます。

これは SharePoint 2010 ワークフローでサポートされていました。

回避策    SharePoint 2013 ワークフローの "リストのワークフローを開始する" や "サイトのワークフローを開始する" アクションを使って SharePoint 2010 ワークフローを使用してみてください。

ワークフローがアンケート リストをサポートしていない

SharePoint 2010 のワークフローでは、アンケート リストの作成、読み取り、更新、削除 (CRUD) 操作がサポートされていましたが、SharePoint 2013 のワークフローではプラットフォームに制限があるため (アンケート リストに GUID フィールドがない)、アンケート リストの CRUD 操作はサポートされません。

回避策    SharePoint 2013 ワークフローの "リストのワークフローを開始する" や "サイトのワークフローを開始する" アクションを使って SharePoint 2010 ワークフローを呼び出してみてください。

"リスト アイテムを作成する" または "リスト アイテムを更新する" アクションを実行したときに、ユーザー設定が保持されない

"リスト アイテムを作成する" または "リスト アイテムを更新する" アクションのパラメーター ダイアログに、値が空白の日付/時刻またはブール型フィールドを追加すると、パラメーター ダイアログ ボックスをもう一度開いたときにそれらのフィールドは保持されません。

ところ    SharePoint 2010 ワークフローを呼び出すには、[リスト/サイトワークフローの開始] アクションを使います。

空白値を持つアイテム フィールドを更新する際、リスト アイテムを更新できない

日付/時刻、ブール、数値、ユーザーなどの非文字列型のリスト アイテム フィールドを、"リスト アイテムを更新する" アクションを実行して空白の値で更新しようとしてもうまく動作しません。 文字列型のフィールドを空白文字列で更新したり、単一ユーザー型フィールドを空白値で更新したりするとうまくいきます。

ところ    "リストの開始/サイトのワークフローを開始する" アクションを使って、SharePoint 2010 ワークフローを呼び出してみてください。

"現在の時刻" ("今日") の値がタイムゾーンによって異なる

ワークフローおよび SharePoint Designer で日付/時刻の値を使用する場合は、実行時に現在の日付が必要になります。 SharePoint Designer では、日付/時刻値を設定するときに "現在の時刻" ("今日") が提供されますが、実行時の値は、時刻部分のない日付部分のみが含まれ2010ているため、タイムゾーンに基づいて動作が異なります。

ところ    日付/時刻変数を設定した後で、"日付/時刻フィールドの時刻部分を設定する" アクションを使用します。時間の部分は 0 (ゼロ) です。 たとえば、date (変数の出力: date) に時刻を 0: 0 として設定します。

ドキュメント ライブラリで空白タイトルを持つドキュメント アイテムに "タイトル フィールドにキーワードを含む" 条件が使われると 2013 ワークフローがクラッシュする

空白タイトルを持つドキュメント アイテムが "タイトル フィールドにキーワードを含む" 条件を使って実行されると、条件は False に解決することが予期されますが、False に解決せずにクラッシュします。

ところ    値が値の条件と等しいかどうかを使用し、現在の項目を設定します。左の値のタイトルを入力し、演算子に [contains] を設定します。

2010 の CreatedDate および ModifiedDate ではクライアント時刻が使用されるが、2013 ではサーバーのタイム ゾーンが使用される

SharePoint Designer 2010 の CreatedDate および ModifiedDate はクライアント時刻を使用しますが、SharePoint Designer 2013 のワークフロー ギャラリーではサーバーのタイム ゾーンが使用されます。

ところ    現在、回避策はありません。 ただし、クライアントとサーバーで同じタイムゾーン設定を使用することをお勧めします。

Unicode/DBCS 名が付けられ、[テンプレートとして保存] 機能でパッケージ化されたワークフローには、あらかじめ定義された名前 WorkglowSolution.wsp が付けられる

Unicode または DBCS 名が付けられたワークフローは、WorkflowSolution.wsp というハードコーディングされた既定の名前を持つ .wsp ファイルにパッケージ化されます。

回避策    WorkflowSolution.wsp を、元のワークフロー名に変更できます。 名前を変更したかどうかに関係なく、元のワークフロー名は展開先サイトのワークフロー定義用として残されます。

ワークフロー ギャラリーに 2013 ワークフローの [作成日] および [更新日] フィールドが表示されない

クライアントのロケールとサーバーのロケールがそれぞれ異なる場合、SharePoint Designer はワークフロー ギャラリーに [作成日] および [更新日] フィールドを表示できません。

ところ    現時点では、回避策はありません。 クライアントとサーバーで同じロケール設定を使用することをお勧めします。

同じタスクの結果変数が再利用される

コピーして貼り付ける場合、基本的なルールとしては、結果変数は保持されます。ただし、"タスクの割り当て" および "タスク プロセスを開始する" アクションは別のタスク アクションでは使用されていない一意の結果変数を使用するよう作られています。既に使用されている結果変数を使うと、出力ドロップダウンに隠し情報が含まれることがあるためです。

結果変数を変更すると隠し情報は消去され、新しい変数に情報が含まれます。 つまり、貼り付けられたタスク アクションの結果変数を変更すると、他方のタスク アクションの結果変数 (同一のもの) も破壊されることになります。

ところ    貼り付けられたタスクアクションの結果変数を変更したときに、If 条件または変数を設定すると、変な動作がある場合は、元の変数に戻してみてください。 代わりに、必要に応じて、ローカル変数を作成して使用し、シナリオのタスクの結果の値を格納します。

ランタイム時に、"If" 条件が [承認状態] 列で正常に動作しない

"If" 条件で [承認状態] 列を使うとドロップダウンが表示され、"1;#拒否" などのオプションを選ぶよう求められます。 ランタイム時の "If" 条件の解決は誤っています。

ところ    を使用する代わりに

if '現在のアイテム:承認状態' equals '1:#拒否'

を次に置き換えます

if '1' equals '現在のアイテム:承認状態’

"辞書" リスト列でエラーのチェックを実行すると、エラーが誤って検出される

リストの中に "辞書" という名前の複数行型の列があり、SharePoint Designer 2013 がそれを "アイテムを作成する" アクションで使用すると、エラーのチェックから次のメッセージが返されます。

このアクションには、現在表示されていないエラーが含まれています。 ハイパーリンクをクリックします。

ところ    その他のリスト列名を使用します。

ユーザー型フィールドにユーザー ID 番号を使用する

ユーザー型フィールドが "現在のアイテムでのフィールドの変更を待つ" アクションで使用される場合は、ユーザー ID を使用してください。

ところ    [ユーザー ID 番号] オプションを使用します。

再利用可能なワークフローで、開始パラメーターの "両方" または "関連付け" 型がサポートされていない

再利用可能なワークフローのシナリオで使用される "両方 (Both)" または "関連付け (Association)" 型の開始パラメーターを作成するためのユーザー インターフェイスは、非表示になっています。

ところ    現時点では、回避策はありません。 開始パラメーターまたは開始型パラメーターに既定値を使うか、またはシナリオに応じて、リストワークフローを使用することができます。

エラー チェックから非表示エラーが返される

ステージの移行セクションに、文字列型のローカル変数と何らかの値を比較する "If" 条件があり、それがコピーされて貼り付けられると、非表示のエラーが検出されます。

ところ    [切り取り] を使用して、[切り替え] セクションの条件ステートメントを移動し、元の場所に貼り付けることができます。

または、[切り替え] セクションの条件ステートメントをコピーして、同じ場所に貼り付けることもできます。 重複する条件ステートメントの1つを削除します。

DataTime 開始パラメーターが空白の状態でワークフローがキャンセルされた

DataTime 開始パラメーターが空白の状態でリスト ワークフローが手動で開始されると、ワークフローはキャンセルされます。

回避策    DateTime フィールドを空白のままにしないでください。

ルート サイトからの継承が途切れたサイトに、標準ワークフロー タスクのコンテンツ タイプが自動的に適用されない

SharePoint Designer が、ルート サイトからの継承が途切れたサイトにワークフローを公開すると、標準コンテンツ タイプをタスク リストに自動的に関連付けることができません。 つまり、標準タスク コンテンツ タイプを使うタスクを使用するワークフローを実行しようとすると、ワークフローはランタイム時に失敗します。

これは、標準コンテンツ タイプがルート サイトに保存されているために起こる現象です。 また、SharePoint Designer がそのルート サイトに対するアクセス権を持たない場合は、標準コンテンツ タイプをタスク リストに関連付けることができません。

ところ    ワークフローを実行する前に、タスクリストにコンテンツタイプを手動で適用します。

文字列型またはリスト アイテム ID の 2010 ローカル変数をルックアップする場合、SharePoint Designer 2013 ワークフローがキャンセルされる

文字列型またはリスト アイテム ID を持つ SharePoint Designer 2010 ワークフローのローカル変数が作成されたが、その後にどの値も割り当てられなかった場合、2013 が "ワークフローの開始" アクションまたは相互運用アクティビティを通じてルックアップすると、ワークフローはランタイム時にキャンセルされます。

ところ    2010ワークフローを呼び出し、[ワークフローの開始] で2013ワークフローの戻り値を使用している場合は、検索対象のすべての変数に値が少なくとも1回割り当てられていることを確認してください。 設定後、変数に問題はありません。

SharePoint Designer ワークフローが誤ったリストでトリガーされる

リストワークフローの開始ワークフローと呼ばれる SharePoint Designer 2010 ワークフローが実行時に実行されるパラメーターとして "item" を受け取ります。 アイテムは、関連付け/ワークフローが保存されているリストと同じである必要があります。 ただし、アイテムの入力は、関連付け/ワークフローがである同じリストのみに制限されません。 そのため、項目と関連付け/ワークフローの共通のリストがない場合、ワークフローは実行されず、実行時にエラーが発生します。

ところ    "Item" パラメーターを適切に設定します。 たとえば、SharePoint Designer 2013 リストワークフローが、他のリストに関連付けられている2010ワークフローを呼び出した場合、"現在のアイテム" ではなく、2010ワークフローが含まれているリスト内のアイテムを使用することはできません。

"ワークフローの変数を設定する" アクションに内部出力データソース変数がある

ワークフロー呼び出しの開始用のデータソースは、特定の操作でディクショナリ型変数として表示されます。 この場合、その他のディクショナリ型変数はデータソースに割り当てることができますが、これは実行時にワークフローと呼ばれる SharePoint Designer 2010 からの戻り値用の予約スペースであるため、実行しないでください。

ところ    __SharePoint 2010 の出力: <workflow_name> 変数をデータソースとして検索する以外は使用しないでください。

関連付けが変更されるか、アクション文が削除された場合は、SharePoint Designer 2010 の出力データソースを削除する必要がある

[ワークフローの開始] の関連付け/ワークフロー パラメーターが実行されるたびに、呼び出された 2010 ワークフローからの戻り値を取得するデータ ソースが 1 つ作成されます。 したがって、同じ関連付け/ワークフローを選ぶと (たとえば、"ワークフローの開始" アクションを消去してからアクションとパラメーターをもう一度追加するなど)、複数のデータ ソースが作成されます。 ただし、ワークフローの他の部分で以前のソースを使用すると、ワークフローがキャンセルされます。

ところ    新しいバージョンの新しいバージョンが作成されて使用できるようになるには、古いバージョンのデータソースを使用しないでください。

SharePoint Designer 2010 ワークフローのローカル変数名には特殊記号を含めてはならない

Sharepoint designer 2013 ワークフローから SharePoint Designer 2010 ワークフローのローカル変数を検索する場合、2010ワークフローのローカル変数名に特殊文字が含まれている場合 (たとえば、? または #) は、16進数コードとして表されます。

これは、2013 ワークフローでは変数名に特殊記号を使用できないためです。

回避策    データはそのまま処理されますが、デザイン時に異なって表示されます。 この問題を念頭に置いておくだけでかまいません。 特殊記号を含む変数は、特に追加作業を行わなくても使用できます。

参照先リストが存在しない場合、SharePoint 2013 (WF4) ワークフロー パッケージは機能のアクティブ化中に失敗する

ソリューション ギャラリーを展開してアクティブ化すると、サイト機能をアクティブ化する必要があります。 参照先リストが存在しなければ、失敗します。

ところ    ターゲットサイトでパッケージのアクティブ化に失敗した場合は、次の2つのことを確認する必要があります。

  • 参照先リストが存在しないサイトにワークフロー パッケージが展開されるとどうなるか。

サイトの機能のアクティブ化は失敗します。

エラー メッセージはあまり詳しく説明されていませんが、ULS ログを見ると、次のようなヒントを得ることができます。

“Workflow XAML failed validation due to the following errors: Failed to create a 'ListId' from the text '$ListId:Lists/Vacation;”

ただし、機能のアクティブ化が失敗すると、必要なリストを作成した後でも機能の再アクティブ化が再び失敗する可能性があります。 これは、ワークフロー定義の展開が不完全だからです。 次の操作を実行する必要があります。

  1. SharePoint Designer を開き、機能のアクティブ化中に失敗したワークフロー定義を削除します。

  2. ソリューションを非アクティブ化し、ソリューションを削除します。

  3. ソリューションをアップロードし、ソリューションをアクティブ化します。

  4. サイトの機能をアクティブ化します。

  • 相対リストの Url (たとえば、リスト/休暇) が同じであることを保証する必要があります。 指定した名前のリストを作成し、それを別の名前に変更しても、リスト URL は変更されません。これは、元の表示名を基にしているためです。 このように、リストの更新された名前に基づいてワークフローをパッケージ化した場合でも、ワークフローはターゲットサイトの古い名前に基づいてリスト URL を検索します。 したがって、ターゲットサイトでリストを再作成する場合は、更新された名前ではなく、リストに元の名前を指定していることを確認する必要があります。 これにより、リスト URL が保存されます。 リストが作成されたら、リストの名前を更新された名前に変更できます。

[ワークフロー タスク] リストと [ワークフローの履歴] リストがない状態で、リスト/サイトのワークフローが SharePoint 2013 ワークフロー パッケージからサイトに展開されると、ワークフローがキャンセルされる

リスト/サイトのワークフローが展開されるときは、対象サイトに正しい [ワークフロー タスク] リストと [ワークフローの履歴] リストが配置されている必要があります。 対象サーバーに [ワークフロー タスク] リストと [ワークフローの履歴] リストがなければ、[ワークフロー設定] ページからワークフローをクリックするとエラー メッセージが表示されることがあります。

回避策    これは、ワークフローが以前に作成されたことのない対象サーバーにワークフローを展開したときに見られる現象です。 回避策として、SharePoint Designer でダミー ワークフローを作成して公開し、[ワークフロー タスク] リストと [ワークフローの履歴] リストを作成します。 次に、展開されたワークフローを SharePoint Designer から開き、[ワークフロー タスク] リストと [ワークフローの履歴] リストを調整し、ワークフローを再公開します。

SharePoint Designer 2013 のテキストベースのワークフロー デザイナーのコピーと貼り付け機能に関する問題点

大半の編集ツールで頻繁に使われる機能を提供できるようにしましたが、次の制限があります。

  • [元に戻す] (Ctrl + Z) を使用できない。

  • クリックとドラッグで複数のオブジェクトを選べない。

  • 選んだアイテムをクリックとドラッグで移動できない。

  • Shift キーを押しながら左マウスをクリックして、ステージ、ステップ、並列ブロックなどの複数の構造体は選べないが、この操作で複数のアクションを選べる。

  • 異なるワークフロー プラットフォーム タイプ間でのコピーと貼り付けを行えない。

  • クリップボードはテキスト ベースのデザイナーのワークフローのコピーと貼り付けのアクションに完全に統合されていないので、クリップボードの [貼り付け] ボタンが予期しているとおりに動作しない。

  • SharePoint Designer のインストールと別の PID 間でコピーと貼り付けを行えないので、リモート デスクトップ間でコンテンツのコピーと貼り付けを行えない。

  • プロパティを保持しないので、"辞書を作成" アクションに対して貼り付けを行えない。

ところ ほとんどのマウス操作では、キーボードを使うことができます。 その他の項目については、回避策はありません。

ワークフロー フォームが、InfoPath フォームから ASPX フォームに変更された

SharePoint Designer 2013 と Microsoft Azure Workflow に基づくワークフローの場合、SharePoint Designer は、SharePoint 2010 ワークフローで作成された InfoPath フォームの代わりに ASPX フォームを作成します。 フォームをカスタマイズする場合は、ワークフローの概要ページのフォーム スラブからフォームをクリックすると、標準の ASPX ページ エディターが表示されます。

ところ    現時点では回避策はありません。

2 つの SharePoint Designer インスタンスが実行されていると、"タスク処理" アクションを挿入できない

"承認処理を開始する" や "フィードバック処理を開始する" などの SharePoint Designer 2010 ワークフロー アクションは、SharePoint Designer の 2 つのインスタンスが同時に実行されているとワークフロー デザイナーに挿入できません。

回避策    SharePoint Designer 2010 ワークフロー アクションで作業する場合は、SharePoint Designer のインスタンスを 1 つだけ実行するようにしてください。

SharePoint Designer ワークフローでルックアップがサポートされないフィールド

Sharepoint Designer 2013 では、SharePoint リストとドキュメントライブラリの一部のフィールドがサポートされておらず、それらのルックアップフィールドがワークフローから読み取られた場合、そのワークフローはキャンセルされます。 これらのフィールドは、すべてのルックアップ型フィールドであり、主にグローバル (非表示) リストへの参照であり、一部のフィールドは、同じリスト内のフィールドに対する参照型です。

  • リスト内のフィールド

  • アプリの作成者

  • アプリの変更者

  • クライアント ID

  • ディスカッションのタイトル

  • フォルダーの子の数

  • 子アイテムの数

  • アイテムの種類

  • 親アイテム ID

  • パス

  • 返信

  • 最短スレッド インデックスの ID の参照

  • 並べ替えの種類

  • URL パス

  • ドキュメント ライブラリのフィールド

  • アプリの作成者

  • チェックインのコメント

  • クライアント ID

  • ファイル サイズ

  • フォルダーの子の数

  • 子アイテムの数

  • アイテムの種類

  • パス

  • 並べ替えの種類

  • URL パス

  • ウイルスの状態

ところ    次のいずれかの操作を行います。

  • "HTTP Web サービスを呼び出す" アクションを使用します。 例: http://site_name/_api/Web/Lists/GetByTitle('list_name')/Items(item_ID)/FieldValuesAsText?$select=field_name

ここで、field_name とは SPField オブジェクトの EntityPropertyName プロパティです。

  • "リストのワークフローを開始する" および "サイトのワークフローを開始する" アクションを使用し、SharePoint 2010 ワークフローを呼び出します。

ページの先頭へ

OneDrive for Business (Office Online 単体型 SKU の場合)

トップ ナビゲーションに、Yammer ナビゲーション タブが表示されない

OneDrive for Businessのテナント管理者は、 Office 365の上部にあるナビゲーションバーでニュースフィードまたは Yammer を表示するために使用しました。 ただし、スタンドアロンの OneDrive for Business のサブスクリプションでは、これらのタブは表示されなくなります。 [テナント管理者] ページで Yammer.com サービスが有効になっている場合でも、この上部のナビゲーションは表示されません。

設計上、単体の OneDrive for Business には、既定で Yammer やニュースフィードのソーシャル ナビゲーション タブは含まれません。 ただし、ソーシャル ネットワークとして Yammer.com サービスを有効にしている場合は、トップ ナビゲーションに OneDrive リンクのほかに Yammer のワンクリック リンクが表示されるはずです。

ところ    ソーシャルネットワークとして Yammer を有効にした場合は、www.yammer.com に直接アクセスして、組織の id Office 365 を使ってサインインすることができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×