SharePoint Server 2010 での基本タスク

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 2010 の使用を開始する いくつかの基本的な作業とMicrosoft SharePoint Server 2010を使用する方法を学習するための情報を紹介します。

この記事の内容

SharePoint Foundation、SharePoint Server の概要

SharePoint Server の機能

SharePoint サイトのパーツ

サイトの詳細、機能に影響を与える

サイトにコンテンツを追加します。

管理およびサイトのコンテンツを操作します。

SharePoint Foundation、SharePoint Server の概要

SharePoint Foundation 2010 は、無料で利用可能なは、以前のバージョンの Windows SharePoint Services を呼ばれていましたを SharePoint サイトの基になる技術です。SharePoint Server 2010 では、リスト、ライブラリ、サイトの管理、サイトのカスタマイズの一貫性のある、使い慣れたフレームワークを提供する SharePoint Foundation 技術に依存しています。SharePoint Foundation で利用できるすべての機能は、SharePoint Server 2010 の使用もできます。

ただし、SharePoint Server 2010 は、その他の機能と機能を提供することによって、SharePoint Foundation を拡張します。たとえば、SharePoint サーバーと SharePoint Foundation の両方には、チーム サイト、ブログ、および会議ワークスペースで同僚と共同作業用のサイト テンプレートが含まれます。ただし、SharePoint Server には、発見、組織内のユーザーに役立つタグやニュース フィードを整理する、移動、および、同僚と情報を共有できるように拡張のソーシャル コンピューティング機能が含まれます。同様に、SharePoint Server では、SAP、Siebel、およびその他のビジネス アプリケーションのビジネス データを検索する機能などの大規模の組織内の従業員に便利な機能を組み込む SharePoint Foundation から検索テクノロジが向上します。

SharePoint Foundation、SharePoint サーバーの両方の他のプログラム、サーバー、および Microsoft Office system を含め、テクノロジを効率的に操作するものです。たとえば、できますサイト、リストまたはライブラリをオフラインで SharePoint Workspace で、ネットワークから切断している間、サイトのコンテンツを操作してし、再接続したときに自動的に変更を同期します。使い慣れた Microsoft Office プログラム内からさまざまな SharePoint タスクを完了することができます。たとえば、開始したり、Microsoft Word 内から経費報告書を承認するワークフローに参加できます。

SharePoint Server の機能

SharePoint Server 2010 の機能は、6 つの領域に集中しています。この記事では、場所詳細については、関連の記事をこれらの機能と、[リンクの各について簡単に紹介します。

グループ作業とソーシャル コンピューティング

SharePoint Server 2010 では、SharePoint Foundation のグループ作業機能を拡張してブラウザーから、または Microsoft Word などの使い慣れたアプリケーションから簡単に作成、タグ、評価とリソースに関連するユーザーを支援する、ユーザーを支援を昇格します。ニュース フィードとユーザーの検索を高速化の回答を検索します。

これらの機能を実行できる主な場所の 1 つは、個人用サイトでです。個人用サイトは、ドキュメント、リンク、およびオンライン プロファイルの個人情報を共有する独自の SharePoint サイトです。ブログについてや、業務に必要な情報を検索することもできます。

WN プロファイル

共有する情報を決定してして個人用サイトでプライバシーを保護する情報。ノート シールは、その他のユーザーのノート シールまたはがニュースフィードで共有情報および検索情報にリンクできます。個人用サイトで情報を管理する方法には、詳細については、個人用サイトとプロファイルで共有する情報を管理するを参照してください。

SharePoint Server 2010 も有効にへの参加任意の場所オンラインまたはネットワークに接続されていないときに SharePoint Workspace 豊富な機能を提供することにより、外出先で共同作業するユーザーを解放します。

エンタープライズ コンテンツ管理

Microsoft からエンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) では、企業の大量のコンテンツの管理対象でないによる問題の解決を支援します。SharePoint Server 2010 は、Microsoft Office system などの使い慣れたツールとの統合によって組織内のすべての従業員にコンテンツ管理を拡張するマイクロソフト ECM ソリューションのサーバーの全体の一部です。Microsoft ECM ソリューションには、コンテンツの全体のライフ サイクルを管理するための機能が用意されています-作成、編集、および共同作業、期限切れにから-統一された 1 つのプラットフォームにします。

SharePoint Server 2010 では、次の目標を達成するために組織を有効にする機能の重複しない値のセットを提供することでコンテンツの全体のライフ サイクルを管理する組織が役立ちます。

  • さまざまなコンテンツを管理します。   SharePoint Server 2010 のドキュメント管理機能を使用して、一貫性のある分類を一元管理のリポジトリに複数の場所からさまざまなコンテンツを統合する支援します。新しいドキュメントでは、組織に作成して複数のドキュメントにまたがる作業生産物を管理する機能を有効を設定します。統合検索機能は、検索、共有、およびこの情報を使ってユーザーを使用できます。新しい用語ストア機能などのメタデータの管理機能では、サイト全体でメタデータを一元管理する組織のに役立ちます。メタデータは、構造を特定、発見、情報を管理するために使われているデータに関する情報です。ナビゲーションのメタデータ駆動とメタデータ フィールドをドキュメントに埋め込む機能のサポートは、情報の検索および検出が向上します。許可のないアクセスからコンテンツを保護することもできます。ワークフローなどのコラボレーション ツールでは、ユーザーが共同作業をよりを作成、確認するには、構造化の方法でドキュメントの承認を使用できます。

  • 満たしてコンプライアンスと法的要件   SharePoint Server 2010 のレコード管理機能は、組織に保存し、[ビジネス レコード、いずれかのインプレース進行中のレコードの横にあるか、ロックダウン中央リポジトリでの保護を有効にします。組織では、遵守規制や企業ポリシーを組織に法的なリスクを軽減するために適切な時間内に保存することを確認するレコードに有効期限ポリシーを適用できます。監査証跡には、レコードが適切に保持されますが、内部および外部の監査を証明できるものが提供されます。保留リストは、特定のレコードが破棄されないようにするための法的証拠開示の下に配置できます。

  • 複数の Web サイトを効率的に管理します。   SharePoint Server 2010 のWeb コンテンツ管理機能は、Web コンテンツを編集ツールと組み込みの承認プロセスを使用するコンテンツを公開するユーザーを有効にします。従業員がコンテンツをアップロード、画像、音声、ビデオなど、IT スタッフの多くの部分をサポートしていない適時に Web サイトにします。リッチ メディアの新しいサポートには、豊富なビューと選択機能は、新しいアセット ライブラリが含まれています。SharePoint のコンテンツ タイプとしてのビデオのサポートストリーミング ビデオ インフラストラクチャ、スキン Silverlight メディア プレーヤー.マスター ページおよびページ レイアウトのフォーム テンプレートには、ページに一貫したブランド設定を適用する組織が有効にします。組み込みの Web analytics 機能では、トラフィック、分析、在庫分析レポートのサポートを提供します。SharePoint Server 2010 では、イントラネット、エクストラネット、およびインターネット サイト、および多言語サイトの 1 つの展開と管理インフラストラクチャも提供します。

エンタープライズ検索

このようなエンタープライズ コンテンツ管理およびコラボレーション適切な結果を迅速にして、知識の影響を関連付けて、ユーザーのために SharePoint Server 2010 実現するその他のビジネス生産性機能を補完する強力な検索インフラストラクチャと専門知識します。

検索では、個人のコンテキストを考慮して、ガイドが必要な情報を表示する対話型のナビゲーションを使用して検索を絞り込むことができます。SharePoint Server は、その他のコンテンツ ソースと組織内のすべての情報に接続するコンテンツ タイプの間で検索の範囲を拡大、SAP、Siebel、カスタム データベースなどのエンタープライズ アプリケーションなど、情報を公開して、必要なユーザー。

ビジネス インテリジェンス

ビジネス インテリジェンスは、組織のシステムに格納されている情報を受け取り、それを実践的な最もが下すことができるように、必要があるユーザーの手にする方法、技術、およびプロセスのセットです。キーの一部として Microsoft のビジネス インテリジェンス プラットフォーム、SharePoint Server 2010 に役立つ、組織内のすべてのユーザーにビジネス インテリジェンス機能を拡張するすべてのユーザーに適切な意思決定の適切なデータにアクセスできるようになるようします。

組織は、おそらくさまざまなデータベース、電子メール メッセージ、スプレッドシート ファイルなどの形式でデータを格納します。SharePoint Server 2010 では、さまざまなソースからデータを抽出し、そのデータ分析と意思決定を支援するための方法で表示できます。

Excel Services では、公開、共有、および SharePoint サイト上の Excel ブックを管理する意思決定を支援します。組織内の他のユーザーは、セルの値、数式、およびデータを分析するには、ブラウザーから書式設定に変更できます。

SharePoint Server 2010 の PerformancePoint Services では、組織の重要な目的とメトリックを把握を増やすでき、分析や洞察の豊富な奥行きを有効にすることができます。か、組織の他のユーザーが作成し、トレンドを見つけるには、スコアカード、レポート、およびフィルターで対話型ダッシュ ボードを使用できます。、SharePoint サイトに詳細なグラフを追加し、グラフ データに接続するさまざまな SharePoint リスト、外部データのリスト、Business Data Connectivity Service、Excel Services、またはその他の Web パーツなどのソースからもできます。

ポータル

SharePoint Server 2010 と組織は作成して、ビジネス (エンタープライズ イントラネット ポータル、企業のインターネット Web サイト、および部門ポータル サイト) のすべての側面でポータル サイトを維持することができます。エンタープライズ イントラネットおよびポータルへの部門は組織内の個々 のサイトを接続し、既存のビジネス アプリケーションへのアクセスを統合します。チームとでは、組織の個人では、ポータル サイトを使ってに専門知識、情報、および遂行するために必要なビジネス アプリケーションにアクセスすることができます。

ポータル サイトを使用している組織内のユーザーが自分の個人用サイトの活用できます。個人用サイトとは、管理し、ドキュメント、コンテンツ、リンク、および連絡先を保存するための場所を提供する個人のサイトです。点を自分のスキルおよび興味に関する情報を見つけるには、組織内の他のユーザーの連絡先として追加した個人用サイトが使用されます。個人用サイトには、この記事で説明した、ソーシャル コンピューティング機能が含まれます。

SharePoint Server 2010 では、組織が特定の種類のユーザーにコンテンツを対象とするなどの個別のユーザー向けポータル サイトの操作をカスタマイズするために使用できる機能も含まれます。組織では、SharePoint Server 2010 などの SharePoint と互換性のある Web デザイン プログラムを使用して、ポータル サイトをさらにカスタマイズできます。

ビジネス プロセスとフォーム

SharePoint Server 2010 には、できる多くの機能の統合し、ビジネス プロセスの合理化が用意されています。ワークフローには、プロジェクトの承認やドキュメントの校閲などの一般的なビジネス プロセスを管理し、それらのプロセスに関連するタスクを追跡して調整のコストが利用しやすくできます。SharePoint Server 2010 がや、ニーズに合わせてカスタマイズする際に使用できるいくつかの定義済みワークフローがあります。一意なビジネス プロセスをサポートするカスタム ワークフローを作成するのには、SharePoint Designer を使用することもできます。

ブラウザー ベースのフォームを作成し、 Microsoft InfoPath 2010を使用していない組織からデータを収集もできます。

SharePoint サイトのパーツ

サイトは、場所、組織がプロジェクトで作業会議の開催、情報、および共有、関連する Web ページのグループです。たとえば、チームでは、独自のサイトのスケジュール、ファイル、および手順に関する情報を格納する可能性があります。チーム サイト、大規模な組織ポータル サイト部門人的リソースなどを作成して情報や組織の他のリソースを公開する場所の一部があります。

すべての SharePoint サイトがある一般的な要素がわかっている必要がありますが開始するのにはについて: リスト、ライブラリ、Web パーツ、およびビュー。

チーム サイト

リスト   リストは、場所、組織が保存、共有、および情報を管理する Web サイトのコンポーネントです。たとえば、作業割り当てを管理または予定表でチームのイベントを追跡するタスク リストを作成することができます。ディスカッション掲示板、アンケートまたはホスト ディスカッションを行うことができます。

ライブラリ   ライブラリとは、特別な種類のファイルとファイルに関する情報を格納するリストです。ファイルの表示、追跡、管理とライブラリで作成した方法を制御することができます。

ビュー   最も重要なまたは目的に最適なリストまたはライブラリでアイテムを表示するのにビューを使用することができます。たとえば、リストまたはライブラリ内の特定のドキュメントを強調表示する特定の部門に適用されるすべてのアイテムのビューを作成できます。リストまたはライブラリからユーザーを選択できる複数のビューを作成することができます。サイトの別のページで、リストまたはライブラリのビューを表示するのに Web パーツを使用することもできます。

自分のタスク ビュー

Web パーツ   Web パーツは、ほとんどのページをサイトでの基本的な文書パーツを構成する情報の単位です。サイトのページを編集する権限がある場合は、Web パーツを使用すると、画像を表示するサイトをカスタマイズすることができ、グラフ、その他の Web ページ、ドキュメントのリストの部分は、ビジネス データとその他のビューをカスタマイズします。

Web パーツ

サイトの詳細、機能に影響を与える

インストールおよび SharePoint の構成の詳細については、表示内容と、どのようなオプションには、サイトで利用可能なに影響します。

アクセス許可   既定のフル コントロール アクセス許可レベル、割り当てられた、サイトを管理するためのオプションのすべての範囲である場合。投稿または読み取りアクセス許可レベルを割り当てられた場合、オプション、およびサイト コンテンツへのアクセスが制限します。この記事で説明したオプションの多くは、ユーザーがコンテンツを読み取るいないして変更を行うことができるリーダーのアクセス許可レベルを持つユーザーに利用できません。アクセス許可に柔軟なとカスタマイズ可能なもので、組織固有の設定があります。

カスタマイズ   組織は、可能性がありますが、権限とサイトのブランド設定をカスタマイズまたはもサイト ナビゲーションをカスタマイズし、別の場所にページで、[サイトの操作] メニューなどのコントロールを移動します。同様に、組織に導入 SharePoint 2010 のリボンの機能を使用しないようにしました可能性があります。

SharePoint のバージョン   この記事では、SharePoint Server 2010 で開始する方法について説明します。 SharePoint の以前のバージョンを使用している場合は、そのバージョンのヘルプを参照してください。

サイトにコンテンツを追加します。

リストとライブラリにファイルに項目を追加するには、Web ブラウザーを使用します。サイトのページのページの上部付近にある、リボン上の最も一般的な操作を実行を使用するボタンが表示されます。

WN のリボン

リボンのボタンは、次のいずれかの淡色可能性があります。

  • アクションが該当するか、その他のいくつかの操作によって異なります。たとえば、チェック アウトする前に、文書のチェック ボックスを選択してください。

  • タスクを完了するアクセス許可がありません。

  • サイトの機能が無効です。たとえば、ワークフローがサイトで有効いない可能性があります。

保存することもファイルをライブラリに一部のクライアントから SharePoint Server との互換性のあるプログラムをします。たとえば、Word で作業しているときは、SharePoint サイト上のライブラリに Microsoft Word 文書を保存できます。

リストまたはライブラリにファイルにアイテムを追加するには、リストまたはライブラリに投稿する権限が必要です。組織での権限と権限レベルの使用方法の詳細については、サイトの所有者または管理者にお問い合わせします。

アイテムまたはファイルを追加すると、リストに対する読み取り権限を持つ他のユーザーは、承認が必要でない限り、そのアイテムまたはファイルを見ることができます。 そのアイテムまたはファイルに承認が必要な場合は、承認の権限を持つユーザーによって承認されるまで、リストやライブラリ内で承認待ちの状態で保存されます。 アイテムやファイルが追加された時点でリストまたはライブラリを既に表示していた場合は、追加されたアイテムまたはファイルが表示されるように状況に応じてブラウザーの表示内容を更新してください。

サイトで受信メールや送信メールを利用できる場合には、リストおよびライブラリでメール機能も利用できます。 予定表、お知らせ、ブログ、ディスカッション掲示板などの一部のリストは、ユーザーがメールを送信してコンテンツを追加できるように設定することができます。 タスク リストや案件管理リストなどの他のリストは、アイテムを割り当てるとき、割り当てられるユーザーにメールを送信するように設定することができます。

既存のリストとライブラリにコンテンツを追加することに加え、新しいリストとライブラリを作成する権限を持っている場合があります。 リスト テンプレートとライブラリ テンプレートを使うと容易に作成できます。 権限レベルに応じて、新しいページやサイトを作成したり、カスタマイズしたりすることもできます。

リスト

異なる種類のリストがありますが、アイテムを追加するための手順は似ていますが、異なる種類のリストを操作する新しいのいくつかの方法を学習する必要はありません。リスト アイテムには、一連の列内のテキストが含まれていますが、一部のリストの添付ファイルをアイテムに追加することができます。

リストにアイテムを追加する

  1. 一覧で、アイテムを追加するには、リボンの [アイテム] タブをクリックします。(はイベント] タブの [予定表。)

  2. [新しいアイテム(新しいイベントを予定表) をクリックします。

    ヒント: 別すばやく予定表にイベントを追加するには、予定表の日付をポイントし、[追加] をクリックします。

  3. およびを完了するとその他の必要なフィールドを実行します。

  4. [保存] をクリックします。

編集またはリスト内のアイテムを削除します。

  1. アイテムをポイントし、[アイテムの横に表示されるチェック ボックスを選択します。

    ヒント: 複数のアイテムの操作を実行するには複数のチェック ボックスをオンにします。

  2. [リボンの [アイテム] タブで、適切なアイテムの編集またはアイテムの削除] のいずれかをクリックします。

多くの種類のサイトでは、[一部のリストが作成されます。これらの既定の予定表] リスト ディスカッション掲示板からリストの範囲。権限がある場合、いくつかの種類の構造と簡単に開始するための設定を提供するリスト テンプレートからリストを作成することもできます。

リストを作成する

  1. リストを作成するには、サイトの操作] メニューの [ [サイトの操作] メニュー をクリックし、[その他のオプションを作成する] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューが表示されない場合、または作成するオプションが表示されない場合は、リストを作成するアクセス許可をいないがあります。

  2. [作成] ページを作成するリストの種類をクリックします。たとえば、リンクです。

  3. リストの名前を入力を完了するその他のフィールドを入力して、[作成] をクリックします。

ライブラリ

ライブラリとは、チーム メンバーと共同でファイルの作成、収集、更新、管理を行うことのできるサイト上の場所です。 各ライブラリにはファイルの一覧とファイルに関する主要な情報が表示されるため、ユーザーが共同でファイルを使う場合に便利です。

ライブラリにファイルを追加するには、Web ブラウザーからアップロードします。ファイルをライブラリに追加した後、適切な権限を持つ他のユーザーは、ファイルを確認できます。ファイルが追加されると、ライブラリが表示されている場合、は、新しいファイルを表示するのには、ブラウザーを更新する必要があります。

SharePoint Server との互換性のあるプログラムを使用している場合は、ライブラリで作業している場合は、テンプレートに基づいて新しいファイルを作成できます。SharePoint Workspace または Microsoft Word などの別のプログラムからライブラリにファイルを保存することもできます。

ライブラリにファイルを追加します。

  1. ライブラリでファイルを追加する、リボンの [ドキュメント] タブをクリックします。

  2. ドキュメントのアップロード] をクリックします。

  3. ドキュメントを参照し、[ OK] をクリックします。

ヒント: Microsoft Word 2010など、SharePoint Server 2010 と互換性のあるプログラムを使用している場合は、ドラッグし、[ドキュメントのアップロード] ダイアログ ボックスに、Windows エクスプ ローラーからドキュメントをドロップします。

編集またはライブラリでファイルを削除します。

  1. ファイルをポイントし、[ファイルの横に表示されるチェック ボックスをオンします。

  2. [リボンの [ドキュメント] タブには、適切なドキュメントの編集または、ドキュメントの削除] をクリックします。

さまざまな種類のサイトを作成するときの既定のライブラリ、共有ドキュメント] と呼ばれるが作成されます。ドキュメントの共有は、いくつかの種類のファイルを保存するために使用できるドキュメント ライブラリです。リストを管理する権限がある場合、イメージを保存する画像ライブラリなどの他のライブラリを作成することができます。

ドキュメント ライブラリを作成する

  1. ドキュメント ライブラリを作成するには、[サイトの操作] メニューの [ [サイトの操作] メニュー ] をクリックし、[新しいドキュメント ライブラリ] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューが表示されない場合、または作成するオプションが表示されない場合は、ライブラリを作成するアクセス許可をいないがあります。

  2. ライブラリの名前を入力を完了するその他のフィールドを入力して、[作成] をクリックします。

他の種類のライブラリを表示するには、作成し、サイトの操作] をクリックし、[その他のオプションを作成する] をクリックすることができます。説明を表示するライブラリのオプション] をポイントします。

別の種類のライブラリを作成します。

  1. ライブラリを作成するには、[サイトの操作] メニューの [ [サイトの操作] メニュー ] をクリックし、[その他のオプション] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューが表示されない場合、または作成するオプションが表示されない場合は、ライブラリを作成するアクセス許可をいないがあります。

  2. 説明を表示するライブラリのオプション] をポイントします。

  3. ライブラリの名前を入力を完了するその他のフィールドを入力して、[作成] をクリックします。

    サイド リンク バーのライブラリを表示するかどうかなどのオプションを設定するには、作成] をクリックする前に、その他のオプションをクリックします。

ライブラリを削除する

  1. サイド リンク バーのライブラリの名前をクリックするか、[サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックし、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、適切な [ライブラリ] セクションでライブラリの名前をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 画像ライブラリの場合は、[設定] メニュー [設定] メニュー で [<ライブラリの種類>ライブラリの設定] をクリックします。

    • 他のライブラリの場合は、[ライブラリ ツール] で [ライブラリ] タブをクリックし、[設定] グループで [ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [権限と管理] で [この <ライブラリの種類> ライブラリの削除] をクリックします。

  4. 削除の確認を求めるメッセージが表示された場合、ライブラリを削除しても問題ないことが確認できているなら、[OK] をクリックします。

サイトとページ

サイトは、チームが頻繁に参照するスケジュール、ガイドライン、ファイル、その他の情報を保存するなど、一般的な用途で使うことができます。 また、会議の記録や、組織のメンバーが頻繁にニュースやアイデアを投稿するブログのホスティングなど、より具体的な目的で使うこともできます。

ブログ サイト

組織は、ページ、サブサイトおよび最上位レベルのサイトを使用してサイトのコンテンツを行ったり、重複しない値に分割することができます。たとえば、組織内の各部門より大きなポータル サイトの一部である固有のチーム サイトがあります。

リストとライブラリを追加してサイトにコンテンツを追加できます。権限がある場合は、サイトにページを追加することもできます。動的コンテンツをすばやく追加する Web パーツを使用して、Web パーツ ページの追加を検討することがあります。

新しいサイトを作成する必要がある場合は、新しいサイトを作成するの簡単に開始するため、いくつかの種類のサイト テンプレートから選択できます。サイトとサブサイトを作成することができるかどうかは、組織がそのサイトおよび作成するには、その権限を設定する方法によって異なります。組織がサイトへのアクセス許可を管理する方法の詳細については、サイトの所有者または管理者を参照してください。

サイトを作成する

  1. サイトを作成するには、サイトの操作] メニューの [ [サイトの操作] メニュー ] をクリックし、[新しいサイト] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューが表示されない場合、または作成するオプションが表示されない場合は、サイトを作成するアクセス許可をいないがあります。

  2. サイトのタイトルURL 名を入力します。

  3. [テンプレートの選択] で、サイト テンプレートを選択します。

  4. その他のオプション、[作成] をクリックし、目的を選択します。

ページを作成する

注: ページを作成する手順、サイトを使っている、発行機能が有効にするにはかどうかの承認が必須ページを発行するかどうかの種類によって異なります。

  1. ページを作成するには、サイトの操作] メニューの [ [サイトの操作] メニュー ] をクリックし、[新しいページ] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューが表示されない場合、または作成するオプションが表示されない場合は、する権限がないページを作成します。

  2. ページの名前を入力し、[作成] をクリックします。

  3. 作成した新しいページで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキストを追加するには、入力するか、テキスト ボックスにテキストをコピーします。

    • テキストの書式設定、リボンの [テキストの書式設定] タブをクリックして、ボタンを選択します。

    • Web パーツまたは既存のリストを挿入するには、挿入] タブをクリックして、適切なボタンをクリックして Web パーツまたはを必要なリストを選択し、[追加] をクリックします。

    • 新しいリストを挿入するには、 [挿入] タブをクリックして、リストのタイトルを入力して選び、リストの種類をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  4. ページの編集が完了したら、リボンの [保存] をクリックします。

ページを編集する

  1. ページを編集するには、リボンの [編集] ボタンをクリックします。

    注: ]、[編集] ボタンが表示されない場合は、ページを編集するアクセス許可されないがあります。

  2. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • テキストを追加するには、入力するか、テキスト ボックスにテキストをコピーします。

    • テキストの書式設定、リボンの [テキストの書式設定] タブをクリックして、ボタンを選択します。

    • Web パーツまたは既存のリストを挿入するには、挿入] タブをクリックして、適切なボタンをクリックして Web パーツまたはを必要なリストを選択し、[追加] をクリックします。

    • 新しいリストを挿入するには、 [挿入] タブをクリックして、リストのタイトルを入力して選び、リストの種類をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  3. ページの編集が完了したら、リボンの [保存] をクリックします。

管理およびサイトのコンテンツを操作します。

チームの生産性を向上させるために、リスト、ライブラリ、サイトのコンテンツを管理したり拡張したりするいくつかの方法があります。 情報の検索や操作を効率的に行うための機能があります。 情報へのアクセスを管理するための機能もあります。

コンテンツに移動する

ナビゲーション用の要素を使うと、必要なコンテンツを簡単に閲覧できます。カスタマイズできるナビゲーション用の要素は、トップ リンク バーとサイド リンク バーの 2 つです。

各リストまたはライブラリの設定] ページを使用して一覧表示することができ、ライブラリは、サイド リンク バーに表示します。リンクの順序を変更、追加または、リンクを削除して追加したりのリンクを整理するセクションを削除できます。たとえば、リストが多すぎるリスト] セクションである場合は場合、は、タスク リストタスク リストへのリンクを含めることができます、新しいセクションを追加できます。SharePoint Server 2010 と互換性がある、ブラウザー内からサイド リンク バーにこれらすべての変更を行うことができます。外部サイトのページにリンクを追加することもできます。

クイック起動

サイトの各ページ最上部にタブの並びが表示されており、サイトのユーザーはこのトップ リンク バーからサイト コレクションの他のサイトに移動できます。サイトの新規作成時に、そのサイトを親サイトのトップ リンク バーに含めるかどうかや、親サイトのトップ リンク バーを使えるようにするかどうかを選ぶことができます。

トップ リンク バー

サイト固有のトップ リンク バーを使用している場合は、サイトのトップ リンク バーに表示されるリンクをカスタマイズすることができます。親サイト内に作成されるすべてのサイトは、サイトが親サイトのトップ リンク バーの継承を構成している、トップ リンク バーで、表示もできます。サイト コレクションの外部で他のサイトへのリンクを含めることもできます。

コンテンツへのアクセスを管理する

サイトの所有者または管理者は、ユーザーや、ユーザーを含む SharePoint グループに権限レベルを設定できます。 権限の対象となるのは、サイト、サイト上のリストとライブラリ、リストとライブラリ内のアイテムです。

特定のサイト、リスト、ライブラリ、リストまたはライブラリ、リスト アイテム、またはドキュメント内のフォルダーなど、さまざまなオブジェクトのさまざまなアクセス許可レベルを割り当てることができます。

リストおよびライブラリを整理する

保存して、自分の情報を検索する場合や、グループのニーズに基づいてのリストとライブラリを整理する方法によって異なります。一部の計画と、組織に最も適した構造を設定することができます。

リストとライブラリ内の情報は、列、タイトル、姓、名、または会社などに保存されます。並べ替える列を使用することができするアイテムをフィルターがリストまたはライブラリの列見出しをクリックして、スプレッドシートではします。最も重要なリストまたはライブラリでアイテムを表示するのにビューを使用することもできます。

リストまたはライブラリのビューを変更します。

  1. リストまたはライブラリでビューを変更する、リボンの [リストまたはライブラリ] タブをクリックします。

  2. ビューの管理] で [現在のビューのビュー] の一覧の横にある矢印をクリックし、ビューを選択します。

自分のタスク ビュー

詳細については、リスト アイテムまたはファイルをライブラリに格納する必要がある場合は、並べ替え、グループ化、およびリストの複数のビューを作成するための列を追加できます。たとえば、並べ替えることができます期限またはグループのリスト項目部署名です。

作成する列の種類にはいくつかのオプションがあります。1 行テキスト、選択肢のドロップダウン リスト、他の列から計算される数値、サイト上のユーザーの名前や写真などが含まれます。

列を作成します。

  1. リストまたはライブラリでファイルを追加する、リボンの [リストまたはライブラリ] タブをクリックします。

  2. [列の作成] をクリックします。

  3. 列の名前を入力し、[列の種類を選択します。

  4. 追加の設定を選択し、[ OK] をクリックします。

特定の部門が、最も興味のある、最も優先度の各ユーザーに割り当てられているすべてのアイテムとタスクなどの情報を見つけるためのビューを作成するのにリストまたはライブラリ内の列を使用することもできます。作成、ビューを変更する方法については、作成、変更、またはビューを削除するを参照してください。

リストの一部の機能は、チームを作成し、いくつかのリストまたはライブラリでアイテムを効率的に管理できます。たとえば、リスト アイテムに関する情報を表示する列を作成でき、他のリストでそれを共有できます。または、複数のライブラリにファイルを使用できるようにする場合は、簡単にコピーできますしてサイトにあるその他のライブラリにします。求められること更新プログラムのファイルが変更された場合。

大きなリストやライブラリを管理する方法の詳細については多くのアイテムがリストとライブラリを管理する」を参照してください。

ユーザー補助機能を使う

サイトは、キー操作だけでリスト、ライブラリ、その他の機能に完全にアクセスできるようにデザインされます。 また、アクセシビリティ テクノロジの利用者がより簡単にメニューやその他のコントロールを操作できるモードも用意されています。 キーボード ユーザーは、[メイン コンテンツにスキップ] を使うと、定型的なナビゲーション リンクをスキップしてより重要なコンテンツへのリンクにアクセスできます。

見出しの変更履歴とコメントより構造を定義し、スクリーン リーダーを使用しているユーザーの操作を向上させるために設計されています。ユーザー設定の代替テキストを定義するサイトにアップロードする画像を許可します。たとえば、サイト イメージ Web パーツのホーム ページに表示されるイメージや画像ライブラリに追加する図をユーザー設定の代替テキストを割り当てることができます。サイトを表示するは、Windows のハイ コントラスト オプションは、障碍のあるユーザー向けも利用できます。

バージョンを管理する

ミスした場合に前のバージョンを復元したり、変更のバージョン履歴を表示したりできるように、リストまたはライブラリのバージョンを管理するように設定できます。 バージョンを管理すると、アイテムまたはファイルとそれらのプロパティの改訂が保存されます。 これにより、コンテンツの改訂を詳細に管理することができ、現在のバージョンにミスがある場合は前のバージョンに戻すこともできます。 複数のユーザーがプロジェクトで共同作業する場合や、情報が開発とレビューの複数の段階で使われる場合は、特にバージョン管理が役立ちます。

バージョン履歴

1. 現在発行されているメジャー バージョンが強調表示されます。バージョン番号は整数です。

2. プロパティまたはメタデータが変更されると、新しいバージョンが作成されます。

3. ファイルの最初のバージョンは、常にマイナー バージョン番号 0.1 です。

バージョン管理がすべての既定のリスト タイプのリストのアイテムに対して利用できます: 予定表、案件管理リスト、およびユーザー設定リストを含む-Web パーツ ページを含むすべてのファイルの種類のライブラリに格納できるとします。

ドキュメントを共同編集する

2 つ以上のユーザーは、Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションを同時に編集できます。この新しい機能を使用すると、読み取りおよび SharePoint に保存されているファイルの一部を書き込みができます。たとえば、操作できます 1 段落上、Word 文書を仕事仲間と同時に、同じドキュメント内の別の段落を行って。

変更時に更新を受け取る

RSS には、配布リストとライブラリに更新プログラムを含む、標準化された形式で情報を受け取るに便利な方法が用意されています。標準化された XML ファイル形式では、情報をさまざまなプログラムを表示することができます。できますも購読するリストとライブラリに警告を設定してコンテンツが変更されたことがわかるようにします。

チームでフィードを使うと、チームのフィードを購読するチーム メンバー向けにコンテンツをカスタマイズしたり、チームの Web サイトへのリンクを提供できます。 RSS フィードを使うと、チームの進捗やプロジェクトの更新状況を簡単に管理できます。 チームの複数の Web サイトを閲覧する代わりに、それらのサイトからの最新のニュースや更新を自動的に入手できます。

ワークフローを管理する

ワークフローは、サイトのドキュメントとアイテムに特定のビジネス プロセスを実装することで、ユーザーがドキュメントで共同作業したり、プロジェクト タスクを管理するのに役立ちます。 ワークフローは、組織が一貫したビジネス プロセスに従うように支援します。 また、特定のビジネス プロセスに関するタスクと手順を管理することで、組織の効率と生産性を向上させます。 これにより、これらのタスクを実行するユーザーは、ワークフローの管理を気にする必要がなく作業に集中できます。

ワークフローは、コストと時間を管理し、これらの処理に関連する人のタスクを追跡してプロジェクトの承認やドキュメントの校閲などの一般的なビジネス プロセスを調整するために利用しやすくできます。たとえば、組織ことができます定義済みの承認ワークフローを使用するか、作成し、展開カスタム ワークフローを別のビジネス プロセスを管理します。

コンテンツ タイプを操作する

リストまたはライブラリは、複数のコンテンツ タイプをサポートできます。 コンテンツ タイプを使うと、組織は大量のコンテンツをより効率的に整理、管理、処理できます。 リストまたはライブラリで複数のコンテンツ タイプを許可するように設定した場合、利用可能なオプションの一覧からマーケティング プレゼンテーションまたは契約など、組織でよく使われるコンテンツ タイプを追加できます。

リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加した後ことで可能なリストまたはライブラリをそのタイプのアイテムが含まれます。ユーザーは、そのタイプの新しいアイテムを作成するのには、そのリストまたはライブラリの [新しいアイテム] ボタンを使用できます。

リストとライブラリにおけるコンテンツ タイプの主な利点の 1 つは、ことができるように、1 つのリストまたはライブラリを含む複数の種類のアイテムまたはドキュメントの種類、一意のメタデータ、ポリシー、または動作の場合があります。コンテンツ タイプの使用の詳細については、コンテンツ タイプとコンテンツ タイプの発行の概要を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×