SharePoint Online ゲストプラットフォームの移行動作に関する情報

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

SharePoint Online は、より強力なゲストシナリオのサポートを提供する新しいゲストプラットフォームに移行しました。この記事には、SharePoint Online ゲストプラットフォームの移行動作に関する管理者向けの情報が記載されています。

追加情報

この移行の影響は、管理者以外には見えません。ただし、管理者は、既存のすべての guest アカウントが監査レポートに新しく追加されたように見えるという予期しない動作に気付くことがあります。これには、長い間 (おそらく年) に招待状を持たないアカウントも含まれます。

Contoso テナントの次の例を考えて

みましょう。 Contoso テナント (contoso.onmicrosoft.com) のメンバーが、Fabrikam: dave@fabrikam.com からゲストユーザーへの招待を発行しました。2014で招待状が受理されたことに注意してください。

妥当 (1): dave@fabrikam.com
AcceptedOn (1): 2014-12-15T17:30: (日)
CreatedOn (1): 2014-12-15T17:30: (日)
CreationType (1): 招待状 (1
) UserState (1): 承認済み [2
] UserType (1): ゲスト [1]


contoso.onmicrosoft.com の SharePoint ゲスト移行プロセスが、2016の7月25日に発生したことを想像してみてください。管理者は、dave@fabrikam.com が、dave@fabrikam.com によって最新の招待を承諾した後、ほぼ1年半後に、その日にゲストとして作成されたことに気付くことがあります。このエントリは、次のように表示されます。

dave_fabrikam # EXT # @contoso. onmicrosoft.com (0123456789ABCDEF)

この動作は、デザインによって行われます。システムエラーまたは未承認のアクティビティの結果ではありません。


それでもヘルプが必要な場合Microsoft コミュニティにアクセスします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×