SharePoint Online のユーザープロファイルの同期に関する情報

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この記事では、AD インポートと呼ばれるユーザープロファイル Active Directory インポートタイマージョブについて説明します。Active Directory インポートタイマージョブは、Office 365 の大規模なユーザー同期パイプラインに含まれています。

手続き

Office 365 ユーザー同期パイプライン

SharePoint Online では、Active Directory インポートタイマージョブ (AD インポート) を使用して、ユーザープロファイルアプリケーションにユーザーとグループをインポートします。AD インポートは、SharePoint Online (ユーザープロファイルアプリケーション) に対する変更を同期します。タイマージョブは、変更を要求します。次に、同期用に構成されているユーザープロファイルプロパティに値をコピーします。ad インポートは、azure ad Connect によって同期される azure Active Directory 属性のサブセットを同期します。AD インポートによって同期されるプロファイルプロパティは構成できません。
Office 365 ユーザー同期パイプラインのグラフィック描写

パイプライン内のプロセスの内訳

Office 365 のユーザー同期パイプラインには、次の4つのプロセスがあります。

同期プロセス

説明

Azure AD Connect

azure AD Connect は、オンプレミスの active directory から azure active directory にデータを同期します。詳細については、「オンプレミス id と Azure Active Directory との統合」を参照してください。

AAD からの同期

azure active directory は、azure active directory からのデータを、このディレクトリストアに同期します。

広告のインポート

Active directory インポートでは、ユーザープロファイルアプリケーションに対して、データの同期が行われます。

WSS の同期

WSS Sync は、ユーザープロファイルアプリケーションから SharePoint Online サイトコレクションにデータを同期します。

AD インポートと同期されるプロファイルプロパティ

AD インポートでは、次の Azure Active Directory 属性がユーザープロファイルアプリケーションに同期されます。

Azure Active Directory 属性

ユーザープロファイルプロパティ

UserPrincipalName

[名前]:
ユーザー名 名前: ユーザー名

このプロパティの値は、ユーザーの OneDrive for Business サイトコレクションのパスを作成するために使用されます。

たとえば、次
のようになります。 gherrera@contoso.com と/gherrera_contoso_com/

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

UserPrincipalName

[名前]:
アカウント名 名前: アカウント

このプロパティは、ユーザーのクレームエンコードされたユーザープリンシパル名を格納します。

例: i:0#.f|membership|gherrera@contoso.com

このプロパティは、ユーザープロファイルを検索するために使用されます。

UserPrincipalName

[名]: クレーム

ユーザー識別子 名前: SPS-sps-claimid

このプロパティは、ユーザーのクレーム識別子を格納します。識別子は、ユーザープリンシパル名です。

例: gherrera@contoso.com

UserPrincipalName

[名前]: ユーザー

プリンシパル名 名前: SPS-UserPrincipalName

このプロパティには、ユーザーのユーザープリンシパル名が格納されます。

例: gherrera@contoso.com

GivenName

[名]

: マネージャー 名前: マネージャー

manager プロパティは、同僚を特定するために使用され、ユーザープロファイルと OneDrive for Business の削除プロセスで使用されます。

詳細については、「SharePoint Online および OneDrive for Business でユーザープロファイルを削除する方法3042522」を参照してください。

DisplayName

[名前]

: Name 名前: PreferredName

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

例: ガブリエラ Herrara

電話

[名]:

勤務先電話番号 名前: WorkPhone

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

例: (123) 456-7890

proxyAddresses

[名]:

作業メール 名前: WorkEmail

プロファイルに追加されたときに、次の順序で処理します。

WorkEmail プロキシアドレスの値に SMTP が付加されている場合: (大文字にする必要があります)

WorkEmail プロキシアドレスの値に smtp が付加されている場合: (小文字である必要があります)


このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

例: gherrera@contoso.com

ProxyAddresses

[名]:

SIP アドレス 名前: SPS-SIPAddress

SPS-SIPAddress プロキシアドレスの値に sip: が付いている場合。

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

PhysicalDeliveryOfficeName

[名]

: Office 名前: Office

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

タイトル

[名前]

: タイトル 名前: タイトル

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

タイトル

[名前

]: 役職 名前: SPS-役職

SPS-役職には、Title と同じ値が含まれています。SPS-役職は用語セットに接続されています。

このプロパティは、サイトコレクションにはレプリケートされません。

部署

[名]

: 部門 名前: 部門

このプロパティは、WSS 同期によってサイトコレクションにレプリケートされます。

部署

[名]

: 部門 名前: SPS-部門

SPS-部門には、部門と同じ値が含まれています。SPS-部門は用語セットに接続されています。

このプロパティは、サイトコレクションにはレプリケートされません。

WWWHomePage

[名]: パブリック

サイトのリダイレクト 名前: PublicSiteRedirect

PreferredLanguage

[名]:

言語設定 名前: SPS-MUILanguages

SPS-MUILangauges は、MUI が有効になっているときに、ユーザーのサイトがどの言語で表示されるかを決定するために使用されます。

msExchHideFromAddressList

[名]: SPS

-HideFromAddressLists 名前: SPS-HideFromAddressLists

msExchRecipientTypeDetails

[名]: SPS

-RecipientTypeDetails 名前: SPS-RecipientTypeDetails

ObjectGuid

[名]: Active

Directory Id 名前: ADGuid

内部

stinguishedName

[名前]:

識別名 名前: SPS-名

内部

ObjectId

[名]: import-module msonline」

-ObjectId 名前: import-module msonline」-ObjectId

内部

UserType

[名]: SPS

-UserType 名前: SPS-UserType

内部

よく寄せられる質問 (faq)

Q1.ユーザープロファイルアプリケーションで変更内容を確認する必要があるのはいつですか?

A1.広告のインポートによって、[変更履歴] ディレクトリから同期されます。変更はバッチ処理され、タイマージョブは、ユーザープロファイルアプリケーションと同期されるようになります。必要な時間は、広告のインポートジョブで処理が行われる変更の数 (作業) によって異なります。多くの変更がある場合、タイマージョブには多くの作業が必要であり、変更がユーザープロファイルアプリケーションに反映されるまでに時間がかかります。タイマージョブに少量の作業が必要な場合、変更はユーザープロファイルアプリケーションにより速く反映されます。

AD インポートは、ユーザーが完全に同期されるまでの全体的な時間を構成する同期の1つです。AD インポートタイマージョブは、継続的に、この変更を行うことができます。広告のインポートでは、SharePoint Online サーバーファーム内のすべてのテナントの変更が処理されます。

サービスレベルアグリーメント (SLA) では、ユーザープロファイルアプリケーションに24時間以内にユーザーの変更が反映されます。これは、通常の条件の下で、ユーザープロファイルアプリケーションと同期するために変更が必要になることを想定している最長期間です。詳細については、「sharepoint 管理センターから sharepoint Online ユーザープロファイルを管理する」を参照してください。

注: Office 365 教育機関を持っているテナントは、すべてのユーザーが既定でインポートされることはありません。ユーザーのスタブプロファイルは、最初に SharePoint Online にアクセスしたときに作成されます。スタブプロファイルが作成されると、次の広告インポートジョブの一部としてプロファイルがインポートされます。

Q2.SharePoint Online ユーザープロファイルのプロパティは、広告のインポート同期によって常に上書きされますか?

A2.AD インポートによって同期されるプロパティについては、Azure Active Directory の値で上書きされることを想定しています。

Q3.AD インポートは変更されたプロパティのみを更新しますか?

A3.広告のインポートは、主に上流に発生する変更によって駆動されます。ただし、必要に応じてフルインポートを実行することもできます。テナントまたはユーザーのすべてのプロパティを同期することができます。

第4四半期.AD インポートの追加プロパティをマップして、Azure Active Directory からユーザープロファイルアプリケーションに同期させることはできないのはなぜですか?

A4.AD インポートは、事前に構成された一連のプロパティに制限されており、タイマージョブの一貫性のあるパフォーマンスを保証します。


それでもヘルプが必要な場合Microsoft コミュニティにアクセスします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×