スキップしてメイン コンテンツへ

SharePoint Online でユーザー プロファイルの同期について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この記事では、広告のインポートと呼ばれる、ユーザー プロファイルの Active Directory のインポートのタイマー ジョブについて説明します。 Active Directory のインポート タイマー ジョブは、Office 365 での大きいユーザー同期パイプラインの一部です。

手順

Office 365 ユーザーの同期のパイプライン

SharePoint Online ユーザー プロファイル アプリケーションにユーザーとグループをインポートするのには、Active Directory インポート タイマー ジョブ (AD インポート) を使用します。 広告のインポートでは、SharePoint Online (SPO) ディレクトリ ストアからユーザー プロファイル アプリケーションへの変更を同期します。 タイマー ジョブは、SPO ディレクトリ ストアからの変更を要求し、同期のために構成されているユーザー プロファイルのプロパティに値をコピーします。 AD インポート Azure AD 接続で同期される Azure Active Directory 属性のサブセットを同期します。 AD インポートして同期されるプロファイル プロパティされない構成します。

Office 365 のユーザーの同期パイプラインのグラフィック表現

パイプラインのプロセスの詳細

Office 365 でユーザーの同期パイプラインには 4 つのプロセスがあります。

同期のプロセス

説明

Azure AD Connect

Azure AD 接続 Azure Active directory、オンプレミスの Active Directory からデータを同期します。 詳細についてを参照してください: Azure Active Directory、オンプレミスのユーザーとの統合します。

AAD SPO 同期する

Azure Active Directory では、SPO ディレクトリ ストア Azure Active Directory からデータを同期します。

広告のインポート

Active Directory のインポートでは、SPO ディレクトリ ストアからユーザー プロファイル アプリケーションへのデータを同期します。

WSS 同期

WSS 同期では、SharePoint Online サイト コレクションにユーザー プロファイル アプリケーションからのデータを同期します。

広告のインポートに同期されるプロファイルのプロパティ

広告のインポートでは、ユーザー プロファイル アプリケーションには、次の Azure Active Directory 属性が同期されます。 

Azure Active Directory 属性

SPO のユーザー プロファイルのプロパティ

UserPrincipalName

表示名: ユーザー名
名前: ユーザー名

サイト コレクションのビジネス ユーザーの OneDrive のパスを作成するのにはこのプロパティの値を使用します。

例:
gherrera@contoso.com と/gherrera_contoso_com/

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

UserPrincipalName

表示名: アカウント名
名前: アカウント名

このプロパティでは、ユーザーのクレーム形式でエンコードされたユーザー プリンシパル名が格納されます。

例: i:0 # .f | メンバーシップ | gherrera@contoso.com

このプロパティがユーザー プロファイルを検索するために使用します。

UserPrincipalName

表示名: ユーザー Id を要求する

[Name]: SP-ClaimID

このプロパティでは、ユーザーのクレーム識別子を格納します。 識別子は、ユーザー プリンシパル名です。

例: gherrera@contoso.com

UserPrincipalName

ユーザー プリンシパル名の表示名:

[Name]: SP-UserPrincipalName

このプロパティでは、ユーザーのユーザー プリンシパル名が格納されます。

例: gherrera@contoso.com

displayName

表示名: 名前

名前: PreferredName

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

例: Gabriela Herrara

勤務先

DisplayName: [勤務先

名前: 住所

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

例: (123) 456-7890

proxyAddresses

DisplayName: メールを操作する

名前: WorkEmail

プロファイルに追加されるときに、この順序で処理されます。 

プロキシ アドレスの値の SMTP が付いている場合、WorkEmail: (大文字にする必要があります)

プロキシ アドレスの値の smtp が付いている場合、WorkEmail: (小文字にする必要があります)


このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

例: gherrera@contoso.com

ProxyAddresses

表示名: SIP アドレス

[Name]: SP-SIPAddress

SP SIPAddress の場合は、sip プロキシ アドレスの値が付きます。 します。

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

ご覧

表示名: Office

名前: Office

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

タイトル

表示名: タイトル

名前: タイトル

このプロパティが WSS 同期して、サイト コレクションに複製します。

タイトル

DisplayName: 役職

[Name]: SP の役職

SP 役職には、タイトルと同じ値が含まれています。 SP 役職は、用語セットに接続されます。

このプロパティは、サイト コレクションにレプリケートされません。

部署

表示名: 部門

名前: 部門

このプロパティは、WSS 同期して、サイト コレクションに複製されます。

部署

表示名: 部門

[Name]: SP 部門

SP 部門には、部門と同じ値が含まれています。 SP 部門は、用語セットに接続されます。

このプロパティは、サイト コレクションにレプリケートされません。

WWWHomePage

表示名: パブリック サイトのリダイレクト

名前: PublicSiteRedirect

PreferredLanguage

表示名: 言語設定

[Name]: SP-MUILanguages

SPO では、SP MUILangauges を使用してサイトの表示で、ユーザーの MUI が有効になっているときに言語を決定します。 

msExchHideFromAddressList

表示名: SP-HideFromAddressLists

[Name]: SP-HideFromAddressLists

msExchRecipientTypeDetails

表示名: SP-RecipientTypeDetails

[Name]: SP-RecipientTypeDetails

オブジェクト Guid

表示名: Active Directory Id

名前: ADGuid

内部

識別名

表示名: 識別名

[Name]: SP の識別名

内部

ObjectId

表示名: msonline-オブジェクト Id

[Name]: msOnline-オブジェクト Id

内部

UserType

表示名: SP-UserType

[Name]: SP-UserType

内部

よく寄せられる質問 (Faq)

第 1 四半期します。ときはなりますユーザー プロファイル アプリケーションで自分の変更を表示するか。

A1 します。 広告のインポートでは、SPO ディレクトリからの変更を同期します。 バッチ処理] で、変更を処理して、タイマー ジョブの実行まで、SPO ディレクトリからの変更は、ユーザー プロファイル アプリケーションに同期します。 必要な時間は、AD インポート ジョブが、変更 (作業) の数によって異なります。 処理します。 タイマー ジョブが多数の作業を行うには多くの変更がある場合は、し、ユーザー プロファイル アプリケーションに反映する変更かかます。 タイマー ジョブに実行する作業の小さなボリュームがある場合は、ユーザー プロファイル アプリケーションの高速で、変更が反映されます。

広告のインポートとは同期をユーザーに、完全な同期の全体的な時間を構成するのです。 AD インポート タイマー ジョブは、SPO ディレクトリからの変更内容を継続的に処理します。 広告のインポートでは、SharePoint Online サーバー ファーム内のすべてのテナントの変更を処理します。

サービス レベル契約 (SLA) を反映する 24 時間以内に SPO ディレクトリ内のユーザーへの変更がユーザー プロファイル アプリケーションに反映されます。 これは、予想されるが、ユーザー プロファイル アプリケーションと同期するために変更を通常の条件を満たす時間の最大の期間です。 詳細については、SharePoint 管理センターから SharePoint Online の管理のユーザー プロファイルを参照してください。

既定でインポートされたすべてのユーザー必要はありません。 Office 365 Education SKU のテナントに注意してください。 ユーザーのスタブ プロファイルは、SharePoint Online へのアクセスを最初に作成されます。 スタブ プロファイルを作成すると、次の AD インポート ジョブの一部として、プロファイルがインポートされます。

第 2 四半期します。AD インポート同期は常に、SharePoint Online ユーザー プロファイルのプロパティを上書きしますか。

A2 します。 AD インポートして同期されるプロパティの Azure Active Directory の値で上書きされることを想定します。

第 3 四半期します。広告のインポートは変更されているプロパティだけを更新しますか。

A3 します。 上位に発生する変更を主に優先するスケジュール方法が AD インポートします。 必要に応じて、フル インポートを実行することがあります。 テナントまたはユーザーのすべてのプロパティを同期することが考えられます。

第 4 四半期します。なぜ、ユーザー プロファイル アプリケーションと Azure Active Directory から同期する AD インポートの追加のプロパティにマップすることですか。

A4 します。 広告のインポートでは、タイマー ジョブの一貫性のあるパフォーマンスを保証するためのプロパティのセットがあらかじめに限定されます。
 


ヘルプが必要ですか。 Microsoft コミュニティに移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×