SharePoint Online でハブサイトを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 のグローバルまたはSharePoint管理者の場合は、Microsoft PowerShell を使用して既存のサイトをハブサイトに変換できます。

注: 

  • コミュニケーションサイトを選択するか、新しいテンプレートを使うチームサイトを選ぶことをお勧めします。従来のチームサイトを使用している場合、ハブナビゲーションはモダンページにのみ表示され、ハブサイトの設定はモダンページにのみ表示されます。既に別のハブに関連付けられているサイトは、ハブサイトに変換できません。

  • 組織では、最大50のハブサイトを作成できます。ハブサイトに関連付けることができるサイトの数に制限はありません。

  • ハブサイトは OneDrive をサポートしていません。

  • ユーザーが自分のサイトをハブに関連付けると、ハブサイトまたは関連サイトのアクセス許可には影響しません。ハブにサイトを関連付けることを許可しているすべてのユーザーがハブにアクセス許可を持っていることを確認することが重要です。

PowerShell を使用してハブサイトを作成する

  1. 最新のSharePoint Online 管理シェルをダウンロードしてインストールします。以前のバージョンが既にインストールされている場合は、最初にアンインストールしてから最新バージョンをインストールします。

  2. SharePoint Online Management Shell を組織のSharePoint Onlineに接続します。詳細については、「 SharePoint Online PowerShell に接続する」を参照してください。

  3. オプションユーザーのグループが自分のサイトをハブに関連付けることができるようにするには、メールが有効なセキュリティグループを作成し、ユーザーを追加します。

  4. 次のコマンドを実行して、サイトをハブサイトに変換し、ハブサイトの機能を有効にします。

    Register-SPOHubSite URL

    ( urlはサイトの url です)。

  5. プリンシパル [0]でメッセージが表示されたら、手順3で作成したグループを指定するか、個々のユーザーの UPN を入力します。行ごとに1つずつ、追加のプリンシパルを入力できます。アクセス許可の割り当てが完了したら、enter キーを押します。組織内のすべてのサイト所有者が自分のサイトをハブに関連付けることができるようにするには、最初のプロンプトで enter キーを押します。

    注: 

    • 作成後にサイトをハブに関連付けるアクセス許可を制限するには、次のコマンドを実行します。

    • Grant-SPOHubSiteRights -Identity -Principals GroupEmail -Rights Join

    • (ここで、 idはサイトの URL であり、 GroupEmailはメールが有効なセキュリティグループのメールアドレスです。)

  6. サイトがハブサイトに変換されたことをハブサイトの所有者に通知します。

詳細情報

  • 上記の PowerShell コマンドと、ハブサイトを管理するその他のコマンドの詳細については、「 SharePoint hub サイトを管理する」を参照してください。

  • サイトデザインを使用して、joinHub site script アクションを使用して、新しく作成したサイトの既存のハブサイトへの参加を自動化することもできます。サイトスクリプトとサイトデザインを作成する方法の詳細については、「 SharePoint サイトのデザインとサイトスクリプトの概要」を参照してください。

  • サイト所有者がハブサイトをカスタマイズする方法の詳細については、「 SharePoint hub サイトをセットアップする」を参照してください。

関連項目

ハブサイトを削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×