SharePoint Designer の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint Designer 2013は、作成し、SharePoint サイトやアプリケーションをカスタマイズするために使用 wweb とアプリケーションのデザイン プログラムです。SharePoint Designer 2013、することができますデータが豊富なページを作成する、強力なワークフローを有効にしたソリューションを作成およびサイトの外観をデザインします。

SharePoint Designer 2013編集機能をサイトを作成できる 1 つの場所を提供することによって、一意のサイトを提供します。サイトを構成する要素をカスタマイズします。ビジネス プロセスをサイトのロジックをデザインします。サイト パッケージ ソリューションを展開します。コードを記述することがなく、これを行うことができます。

注: ほとんどの情報は、ここでは、 SharePoint Designer 2013とSharePoint Designer 2010の両方を説明します。SharePoint 2013 サイトおよび後で、 SharePoint Designer 2013に設計されています。SharePoint Designer 2010は、SharePoint 2010 サイトで機能します。

次のセクションでは、 SharePoint Designer 2013としたを開始する方法について学習しましょう、組織内で実際に使っています。

ダウンロードとインストールSharePoint Designer 2013

SharePoint Designer 2013SharePoint Designer 2010をが置き換えられます。SharePoint Designer 2013を移動するには、ダウンロードして SharePoint Designer 2013 をインストールするを参照してください。

SharePoint Designer 2013エクスペリエンス

SharePoint サイトは、あらゆる種類および規模の企業のニーズに対応する中で、急速に複雑化しています。つまり、ドキュメント、タスク リスト、およびスケジュールの格納場所として使用されるだけでなく、動的でデータを豊富に含んだビジネス プロセス対応のサイトへと変化を遂げています。

このような変化により、サイト デザイナーは、ビジネスのニーズを把握するだけでなく、SharePoint と、そのサイトの 1 つを構成するすべての部分についても理解することが必要です。特に、サイトに含まれる多数の移動パーツ間の関係を理解し、これを 1 か所で管理できるようにすることが重要です。

SharePoint Designer 2013では、サイト、そのリスト、ライブラリ、ページ、データ ソース、ワークフロー、アクセス許可] などの操作できる 1 つの環境を提供します。だけでなく、1 か所でサイトの次の重要な要素を表示することができますが、これらのオブジェクト間の関係を表示できます。

詳細にカスタマイズされたビジネス ソリューション サイトの設計と構築の最初のステップとして、ここで枠組みを説明します。まず、SharePoint 内外のデータ ソースに接続します。次に、この情報をユーザーに公開し、SharePoint サイトまたは Office クライアント アプリケーションを使用して情報を送り返すことができるようにします。次に、詳細にカスタマイズされたワークフローを作成してビジネス プロセスを自動化します。最後に、サイトの外観を組織のイメージに合うようにカスタマイズします。

これらのタスクを 1 か所で行うことで、別のツールや方式を使用してサイトのさまざまなコンポーネントを検索、更新する時間を節約できるため、ソリューションの設計、構築、およびカスタマイズにかける時間を多く取ることができます。

次のセクションでは、 SharePoint Designer 2013の操作環境とユーザー インターフェイスについて説明します。

SharePoint Designer 2013は、ローカル コンピューターにインストールされるクライアント プログラムです。SharePoint と統合されても、密接にします。そのため、 Windows の [スタート] メニューと SharePoint で、[ページ] メニューの [編集] ボタンなどのさまざまな場所を使用して、コンピューターから直接起動できます。

[編集] メニューから SharePoint Designer を選択します。

さまざまな場所を開くことができますSharePoint Designer 2013、たとえば、リスト、ビュー、ワークフロー、およびマスター ページをカスタマイズする場合があります。SharePoint Designer 2013をまだインストールしていない場合は場合、初めてから SharePoint を起動する画面からダウンロードしてインストールして、web します。次にSharePoint Designer 2013を開いたときにすぐに開きます。Windows [スタート] メニューで利用できるもできます。

注: SharePoint Designer 2013とその機能を個別になれます制限されているか、[ SharePoint Designer 設定] ページを使用して無効化します。この記事で説明したタスクを実行することがない場合は、理由があります。詳細については、管理者に問い合わせてください。

SharePoint Designer 2013 、[スタート] メニューからを開くと、最初にするを参照してくださいを [ファイル] タブ。既存のサイトをカスタマイズするか、この画面で [新しいサイトを作成するためのオプションがあります。

[ファイル] タブとページ

既存のサイトをカスタマイズするには、既存のサイトを参照、個人用サイトをカスタマイズしたりSharePoint Designer 2013で開いている最近使用したサイトのいずれかを選択できます。

新しいサイトを作成するには、空のテンプレートを使用して、テンプレートの一覧から選ぶしたりお勧めのテンプレートのいずれかを選択できます。ここでは、サーバーとサイト名を指定して、サイトを作成します。サイトが作成され、 SharePoint Designer 2013で開かれます。

SharePoint からSharePoint Designer 2013を開くと、この画面が表示されません。代わりに、 SharePoint Designer 2013インターフェイスで開くサイトが表示されます。

SharePoint Designer 2013インターフェイス

SharePoint Designer 2013では、作成、カスタマイズ、および SharePoint サイトとソリューションの展開をする 1 つの環境を提供します。これが可能にして、ユーザー インターフェイスは、すべてのサイトとそのコンポーネント間の関係を構成するコンポーネントを表示します。

サイトを初めて開くと、サイトの概要 (タイトル、説明、現在のアクセス許可、サブサイトなど) が表示されます。

[サイト] タブ

3 つの部分 (ナビゲーション、概要、リボン) に分かれたインターフェイス

設計およびサイトの構築で作業しているSharePoint Designer 2013インターフェイスの 3 つの主要な領域があります。

  1. ナビゲーション ウィンドウ: サイトの主な部分 (コンポーネント) 間を移動するときに使用します。

  2. [ギャラリー] ページと [概要] ページ: 各コンポーネントの種類の一覧と、1 つの特定のコンポーネントの概要が表示されます。

  3. リボン: 選択したコンポーネントを操作するときに使用します。

吹き出しのあるサイトのページ

ナビゲーション ウィンドウには、サイトを構成するコンポーネント (リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプ、データ ソース、ワークフローなど) が表示されます。これらのコンポーネントのうちいずれか、たとえば [お知らせ] リストを編集するには、[リストとライブラリ] を開いて、すべてのリストとライブラリが表示されたギャラリー ページを開きます。

ここから [お知らせ] リストを開くと、そのリストの概要ページが開きます。概要ページには、このリストに関連付けられたビュー、フォーム、ワークフローなどが表示されます。いずれかのビューを編集するには、このページから直接そのビューを開きます。

ビューを開く、ビューを編集し、最も一般的な状況に応じた編集タスクを表示するリボンが変更されることがわかります。使い慣れた Microsoft Office アプリケーションで、リボン、ための作成と簡単にタスクを編集するわかっています。終了したら、編集、[戻る] ボタンまたは使用スタイル階層リンク ナビゲーション ページの上部にあるサイトの概要に戻るにはします。

SharePoint Designer 2013インターフェイス簡単なサイトのさまざまなコンポーネントを識別する、ドリル ダウンおよびそれらのコンポーネントのいずれかの編集およびサイトのメインのビューに戻ります。

SharePoint Designer 2013でサイトのさまざまなオブジェクトの動作、に加えてことになる表示しより大きなサイトまたはアプリケーションの設定にアクセスします。これは、ファイルをインポートして、 SharePoint Designer 2013をアプリケーションの設定を変更するページを追加する別のサイトを開くが含まれます。Windows [スタート] メニューからSharePoint Designer 2013を開くと表示する最初の画面は、[ファイル] タブには、これらのアクションを実行します。

このビューに移動する左上の [ファイル] タブをクリックします。戻るには、 SharePoint Designer 2013インターフェイスに戻る] をクリックします。

柱SharePoint Designer 2013のカスタマイズ

SharePoint Designer 2013は、作成、サイトとアプリケーションのロジックを含んでいるが、しないソリューションをカスタマイズするために使用できます ' コードを記述を必要とします。追加し、データ ソースを変更する、リスト ビューとデータ ビューをカスタマイズする、ビルドしビジネス ワークフローを展開する、企業ブランドのデザインを利用できます。組織の実際のビジネス ソリューションに、サイトの外を有効にすると、power とSharePoint Designer 2013の機能を活用する実際に開始します。

次のセクションでは、カスタマイズを設計およびSharePoint Designer 2013を使用するソリューションを構築するときの柱を説明します。

SharePoint 内外のデータに接続する

SharePoint Designer 2013、さまざまなデータ ソースに接続でき、サイトおよび Office クライアント アプリケーションにそのデータを統合できます。ユーザーは、その結果、ことができますを参照してくださいサイトでのビジネス データを操作して、プログラム内をクリックするとは別にこれらのデータ ソースに接続することではなくします。

新しいデータ接続のオプション ボタン

外部データベースや SOAP サービス、REST サービスへの接続は、リボンから直接実行できます。

データ ソースに接続はSharePoint Designer 2013の強力な機能をユーザーにデータを使用できるようにする使用できる多くのサポートされているオプションがあります。データ接続をまとめてリストとライブラリ、外部のデータベースとデータ ソース、web サービス、およびその他します。

SharePoint Designer 2013を使用してに接続できるデータ ソースのプレビューをご紹介します。

リストとライブラリは、サイト上で使用する一般的なデータ ソースです。人数の一意の他のデータ ソースと比較している SharePoint の一部では既におよびと同じデータベースを SharePoint として使用します。これらのデータ ソースへの接続を作成する – だけを追加するSharePoint Designer 2013のリストとライブラリのギャラリーを使用して追加するには、ブラウザーの追加の手順を実行する必要はありません。リストまたはライブラリを作成すると、関連する列、コンテンツ タイプ、およびその他のスキーマ属性をカスタマイズできます。

注: この機能は SharePoint テクノロジのすべての実装では使用できません。詳細については、サービス管理者に問い合わせてください。

Business Connectivity Services (BCS) は、既存のビジネス データとプロセスを標準化されたインターフェイスを提供する SharePoint ベースのフレームワークです。BCS、外部ビジネス データ ソースに接続できます: SQL Server、SAP、Siebel、web サービス、およびカスタム アプリケーション、SharePoint サイトおよび Office アプリケーションにします。

SharePoint Designer 2013でに接続する、外部データの外部コンテンツ タイプを作成しています。外部コンテンツ タイプを作成、読み取り、更新、または削除する方法、ビジネス アプリケーションで使用されるオブジェクト、接続の詳細を保存することで外部データ ソース内のデータを表すし、操作のユーザーはオブジェクト自体にかかることがあります。

外部コンテンツ タイプは、ビジネス データ カタログに格納されます。外部コンテンツ タイプを作成すると、作成者とその組織内のユーザーは、このコンテンツ タイプに基づいて、SharePoint リスト、ビュー、フォーム、およびワークフローを簡単に作成できるだけでなく、Office クライアントとの統合も簡単に実現できます。外部コンテンツ タイプは、他のコンポーネントと同様、SharePoint に組み込まれるため、これらの外部データ ソースに対する完全にカスタマイズされたユーザー インターフェイスを作成できます。

データベースをデータ ソースとして追加することで、他のデータベースのデータをサイトに統合できます。接続できるデータベースは、Microsoft SQL Server、Oracle など、OLE DB プロトコルまたは ODBC プロトコルをサポートする任意のデータベースです。必要な情報は、データベースが格納されているサーバーの名前、データ プロバイダー、および使用する認証の種類だけです。データベースをデータ ソースとして追加および構成すると、ユーザーが SharePoint サイトから移動せずにデータ ソースのデータ ブロックを読み書きできるビューおよびフォームを作成できます。

簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP) は、メッセージの XML ベースの交換にプロトコル XML web サービスを使用して、さまざまなデータ ソースに接続できるようにします。SharePoint Designer 2013] で、組織内の別のサイトまたはプログラミング言語、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、インターネット上のサイト上のデータ ソースへの接続に使用することができます。XML web サービスを使用できる場合は、サイトで通貨コンバーター、株価情報、電卓、またはサービスの天気予報を表示します。

主要な状態の転送 (残りの部分) が、テクノロジの利点と web サービスを作成する方法だけでなく、web のプロトコルをネットワークに接続されたソフトウェアのアーキテクチャ スタイル。コンテンツについての説明を指定されたサーバー サイド スクリプトを閲覧してサイトからのデータを入手するのには、このタイプを使用できます。SOAP と同様に、使用できる場合このSharePoint Designer 2013で通貨コンバーター、株価情報、電卓、またはサービスの天気予報に表示するには、別のサイト上のデータ ソースに接続します。この種類のデータ接続は SOAP を実装するよりも簡単ですが、HTTP に制限されています。

組織では、XML ファイルにデータを保存する場合は、 SharePoint Designer 2013内のデータ ソースとしてこれらのファイルに接続できます。データ ソースとして XML ファイルに接続するにSharePoint Designer 2013に直接作成、コンピューターまたはネットワーク上の場所からインポートしたりには、外部の場所に接続できます。

データを豊富に含んだインターフェイスを作成する

必要なデータ ソースへの接続を確立すると、対話型のデータが豊富なユーザーがこれらのデータ ソース インターフェイスを作成する準備ができたらします。SharePoint Designer 2013、強力なを作成して、データ ソースの動的なユーザー インターフェイスが利用できるようにする Office ビジネス アプリケーションで、SharePoint サイトとカスタム ウィンドウ、ウィンドウ、およびフィールドを含め、すべての場所の番号。

インターフェイス作成するにはには、ユーザー設定のビュー、フォーム、web パーツ、ナビゲーション、および Office クライアントのユーザー設定の windows および作業ウィンドウが含まれます。このような柔軟性では、ビジネス データに完全にカスタマイズされたユーザー エクスペリエンスを作成することができます。

また、複数のデータ ソースを組み合わせて 1 つのビューに表示できるほか、関連するアイテムのビューを表示するダッシュボードの作成、役割ごとの専用のカスタム フォームの設計、データの選択時に表示するツールバーやリボン コマンドのカスタマイズを行うこともできます。

SharePoint Designer 2013を使用してデータに関連付けられているユーザー インターフェイスをカスタマイズするさまざまな方法を紹介します。

ビューを使用すると、さまざまな方法でデータを表示できます。リストまたはライブラリの外部データ ソースを表示している、かどうかは、して、ユーザーに関連する情報を表示するのにビューを使用することができます。SharePoint Designer 2013、すべてのビューを作成するには、[XSLT (Extensible Stylesheet 言語変換)] に表示されるデータ ビューで Microsoft ASP.NET テクノロジーを活用します。ビューでは、することができますを表示してフィールドを非表示にする、並べ替え、フィルター処理を計算する、条件付き書式設定などを適用します。選択できるからも簡単に開始するのには、いくつかのビューのスタイルがあります。最終的には、作成し、データ モデル、ユーザー、およびビジネスに合わせて、任意のビューをカスタマイズすることができます。

ユーザーからの情報を収集するには、フォームを作成します。度にカスタマイズされた web ベースのフォームでは、ユーザーが簡単にデータに書き戻すデータ ソース。ビューと同様に、データ、ユーザーの役割の状態に基づいてフィールドの外観をカスタマイズすることができます。データを表示、データを編集し、データを作成するフォームを使用することができ、(.aspx ファイル) のSharePoint Designer 2013を組み込みフォームの編集者または (.xsn ファイル) 用の Microsoft InfoPath を使用してフォームをデザインできます。フォームを作成し、[タスク名] ボックスの一覧など、特定のデータ ソースのカスタマイズし、後で説明するように、ワークフローのユーザー情報の収集に使用できます。

SharePoint Designer 2013では、カスタム アクション ビルダーを使用して、SharePoint のリボン、ツールバー、およびリスト アイテムのメニューに、リンク、アイコンは、スクリプトなどのカスタム アクションを作成できます。新しい機能をサイトに追加すると、いつでもことができますに検出して SharePoint メニューには、その機能を公開することで使用できるように、ユーザーは簡単にします。リストのワークフローを開始するなど、特定のオブジェクトに特定のタスクを実行できるようにカスタム アクションを使用することもできます。

web パーツは、情報の単位-独立データまたは機能: SharePoint ページに追加します。ビューとそれ以前のバージョンに記載されているフォームが、web パーツに保存されているが、これらのほかには、多くの機能およびデータとやり取りする方法を実行する web パーツを追加することができます。SharePoint Designer 2013で web パーツ ゾーンに追加する場合、ユーザーは、ブラウザーで web パーツをさらにカスタマイズできます。web パーツと web パーツ ページは、SharePoint でユーザー向けの web インターフェイスをカスタマイズする強力かつ効率的な方法です。

外部コンテンツ タイプを使用する外部データ ソースの情報を、Microsoft Outlook 2010 や SharePoint Workspace などのクライアント アプリケーションで公開できます。つまり、ユーザーがアプリケーション内での操作と同じように、外部のビジネス データの読み取り、書き込み、および削除を実行できるインターフェイスを作成できます。このようなインターフェイスの作成は、クライアントのフォーム、領域、および作業ウィンドウを使用して行います。その結果、ユーザーは、既に使用している熟知したサイトや Office アプリケーションで、ビジネス データを操作できるようになります。

ナビゲーション インターフェイスのユーザーを作成することで重要な部分を再生して、SharePoint、だけでなくSharePoint Designer 2013全体で管理している領域はします。たとえば、データ ビューまたはフォームを web パーツ、ワークフロー、またはサイト レベルでなどのトップ リンク バーまたはサイド リンク バーのナビゲーション リンクをカスタマイズすることがあります。サイトとその部分にユーザーをフォローできる十分に計画されたナビゲーション モデルがあることを確認します。

ビジネス プロセスを管理する

組織のすべてのビジネス プロセスは、共通するビジネス ニーズに基づいて関連付けられた一連のアクティビティで構成されています。ワークフローは、このモデルに則して設計されており、一連の条件とアクションで構成されるルールベースのワークフローが用意されています。SharePoint Designer 2010 では、一連の条件とアクションに基づいて、作業プロセスに応じた一連のアクションをまとめて実行できます。

SharePoint Designer 2010 illustration

最も簡単な組織内の複雑なビジネス プロセスを管理するSharePoint Designer 2013を使用してワークフローを作成できます。ワークフローのビジネス アプリケーションのプロセスと人間の共同作業のプロセスを自動化することで操作します。ビジネス アプリケーションのプロセスのワークフローを別のデータ ソースの変更とデータ ソースを 1 つの更新可能性があります。共同作業ができる人のプロセスのワークフローを可能性があります承認のための従業員のマネージャーにドキュメントを送信します。

SharePoint ワークフローは、コードを記述することがなく、ビジネス プロセスをアプリケーション ロジックを紹介します。これが可能に入れ子になったロジック、手順を許可するSharePoint Designer 2013で強力なまだ直感的なワークフロー エディターでします。または、設計および Microsoft Visio を使用しているSharePoint Designer 2013にエクスポートできるフローチャート テンプレートでワークフローを共有できます。

SharePoint Designer 2013のワークフローの構成要素を次に示します。

イベントは、ワークフローを開始または初期化する要素です。データ ソースの変更 (新規アイテムの作成やアイテムの変更など) はイベントの一種です。また、別の種類のイベントとして、ユーザー (ワークフローに含まれるユーザー) によってアクティブ化されるものがあります。データ ソースの変更時に開始されるワークフローは、アプリケーションを対象としたビジネス プロセスを自動化するワークフローの一部である場合が多く、例としてデータの状態に応じたファイルのコピーなどが挙げられます。ユーザーによって開始されるワークフローは、人的共同作業ワークフローの一部である場合が多く、例としてコンテンツの承認などが挙げられます。ワークフローは、両方の種類のイベントを認識するように設定できるほか、2 つの種類のイベントの組み合わせに基づいて開始されるように設定することもできます。

条件は、ワークフローがアクティビティを実行するタイミングを決定します。ワークフローはデータ ソースに関連付けられるため、条件では、ワークフローが開始される原因となるデータ ソースの変更を指定します。条件は、多くの場合、"If field equals value" という句で始まります。1 つの条件を複数のアクションに対して使用することも、複数の条件を 1 つのアクションに対して使用することもできます。ルールを使用すると、1 つ以上のアクションと複数の条件を組み合わせることができます。この場合、条件内のすべての句が true である場合に、関連付けられたアクションが実行されます。

アクションは、ワークフローでの作業の基本的な単位です。ワークフローをデザインする際に、必要な一連のアクション] を指定すると、その一連のワークフロー デザイナーのアクションを作成し、します。他の (シリアル アクション) の後にいずれか、または両方を同時に (並列アクション) が発生したことをそれらを設定できます。ワークフローには、ワークフロー自体またはワークフロー参加者によって実行されるアクションの任意の数を含めることができます。SharePoint Designer 2013には、豊富な用意された、再利用可能なアクションが含まれています。これらのアクションを使用して、ワークフローことができます、たとえば、メールを送信して、アイテムのチェックインまたはチェック アウト リスト、計算、およびその他の操作します。

これらのアクションには、[承認処理を開始する]、[フィードバック処理を開始する] など、組織内で人によって行われるプロセス用に特別に設計された別個のワークフロー エディターを含む、特別なタスク アクションがあります。このようなアクションを使用すると、ほとんどすべてのビジネス プロセスを管理できる高度なワークフローを作成およびカスタマイズできます。

ワークフローは、1 つ以上のステップおよびサブステップで構成されています。ステップを使用すると、条件とアクションをグループ化して、1 つのルール セットの評価と実行が終わってから次のルール セットを実行するように指定できます。各ステップには、任意の数の条件とアクションを含めることができます。ワークフローを、1 つのステップまたはサブステップ内の一連のアクションとして設計することもできます。1 つのステップのルールが最後まで処理されてから次のステップが実行されるため、特定のアクションに影響を与えるために必要なルールを同じステップ内にまとめると便利です。また、特にワークフローに多数のアクションが含まれているが、条件は少数である場合に、ワークフローを整理する目的でステップを使用することもできます。

ワークフローが多くの場合にワークフロー参加者から情報を収集することができるフォームを含む定義済みの時間にワークフローにします。出席者がワークフローに関連付けられているタスクを操作できます。ワークフローでは、フォーム、ワークフローを開始するときに、ユーザーから情報を収集する開始フォームのタスク リストに関連付けられているユーザー設定のタスク フォームのリストまたはコンテンツ タイプにワークフローを関連付ける関連付けフォームをデザインできます。フォームをデザインする際は、 SharePoint Designer 2013または Microsoft InfoPath 2010 でデザインされたユーザー設定フォーム (.xsn ページ) でネイティブ ASP.NET ベース フォーム (.aspx ページ) を使用することができます。InfoPath より多くのカスタマイズと、ワークフロー フォームのブランドを提供します。

変数は、ワークフロー内のデータの格納場所 (キャッシュ) です。変数を使用すると、ワークフロー内にさまざまな種類のデータを格納でき、後からワークフロー参照を使用してそのデータを参照できます。ワークフローでは、多くの種類の変数を使用できます。たとえば、開始フォームのパラメーターによって生成される変数や、現在のワークフローに関するデータを格納するローカル変数などを使用できます。ローカル変数では、ブール型、日付/時刻型、リスト アイテム ID、数値、文字列など、さまざまな種類の変数データを使用できます。変数を作成して値を設定すると、後からワークフロー内の条件やアクションでその変数を参照できます。

デザインとブランド

SharePoint Designer 2013から提供されたユーザー設定の最終的な領域は、デザインとブランド、つまり、企業外観を作成して、SharePoint サイトに適用します。グラフィック、カスタム ナビゲーション、およびその他のサポート会社のロゴ、配色、ヘッダーとフッターを組み込むことができます。その結果より大きな企業サイトの一部として、サイトのすべてのページをすぐに識別できます。SharePoint Designer 2013では、デザインし、ブランドの SharePoint サイト ページ レイアウトでは、マスター ページを使用して、カスケード スタイル シートします。

デザインとブランドのサイトとは異なりますのカスタマイズ、その他の柱はどこにフォーカスをカスタム ビジネス ソリューションを作成します。多くの場合、サイト コレクションの上部にある小さいも、一般的に実行するブランド設定が、たとえば、イントラネットやインターネットに接続するポータルします。カスタム ブランドは、[下に作成したサブサイトを継承されます。ブランドの残存作業時間もソリューションの作成者ではなく、web デザイナーによって実行される可能性があります。

これらの理由から、マスター ページ、ページ レイアウト、およびカスケード スタイル シートは、サイト コレクションの管理者以外のすべてのユーザーに対しては、すべて既定でオフになっています。このため、これらの高機能かつ扱いの難しいファイルにアクセスできるのは、サイトのブランドの決定を担当するスタッフだけです。もちろん、特定のユーザーに対してこれらの機能の設定をオンに戻すことはできます。

サイトのデザイナーでは、 SharePoint Designer 2013を使用してサイトのカスタム ブランドを作成する方法を紹介します。

マスター ページ

マスター ページは、ASP.NET の機能と、1 つの場所でサイトのレイアウトをデザインし、全社の他のページをテンプレートとして再利用する方法として SharePoint に含まれています。SharePoint サイトのページを表示するたびに、2 つを表示しているページを結合: マスター ページとコンテンツ] ページ。マスター ページは、一般的なレイアウトとナビゲーション (通常は、左、上、およびページの一番下の部分を) を定義します。[コンテンツ] ページでは、ページに固有のコンテンツを提供します。SharePoint Designer 2013には、豊富なページを編集するマスター ページをカスタマイズして、他のユーザーと共有したりするのに使用できるツールのセットが用意されています。

ページ レイアウト

発行サイトを使用する場合は、ページ レイアウトを使用してサイトの外観やレイアウトもデザインします。ページ レイアウトは、組織内のユーザーが作成する発行ページのテンプレートとして機能します。マスター ページに加えて、ページ レイアウトでも、タイトル、本文、テキスト、およびグラフィックスをページのどの部分に配置できるようにするかなど、発行ページの詳細な制御や構造の指定を行うことができます。発行ページでは、SharePoint の発行インストラクチャが使用されるため、ブラウザー ベースのコンテンツの作成や発行に伴う煩雑な作業を行わなくても、これらの操作を簡単に行うことができます。

カスケード スタイル シート

ほとんどの web サイトや web アプリケーションのようには、SharePoint は、色、グラフィックス、およびサイトのページを構成するさまざまなオブジェクトの配置を適用するのにカスケード スタイル シート (CSS) を使用します。多くの場合、ページに適用されている複数のスタイル シートがあります。これらのスタイルをカスタマイズするには、マスター ページ、ページ レイアウト]、またはサイトのページに直接それらを変更するかどちらも行うことができます: ページに添付された CSS ファイルに直接スタイルを変更するツールSharePoint Designer 2013で強力な CSS の編集を使用します。CSS ファイルを使用して、SharePoint のテーマをカスタマイズすることもできます。CSS ファイルをカスタマイズするを変更するファイルの場所、または「スキン」SharePoint サイトの企業の外観があること。

カスタムの SharePoint ソリューションを展開する

この時点までのすべてのアイテムは、実際のビジネス ソリューションを作成するのには、 SharePoint Designer 2013を使用する方法にフォーカスしています。接続して内部のデータを統合して、SharePoint の外部でこのデータに強力なユーザー インターフェイスを作成する、ワークフローを使ってビジネス プロセスを管理するし、企業外観に一致するようにサイトのブランド設定を表示しました。

しかし、今度はソリューション自体に対して、他のサーバーまたは企業全体への展開、Visual Studio を使用したさらに詳細なカスタマイズ、外出先に持参するためのオフラインでの保存などの操作を行う必要があります。このため、ソリューションをパッケージに変換する必要がありますが、これは [テンプレートとして保存] オプションを使用して行います。

サイトのボタンを管理します。

ソリューションをテンプレートとして保存する機能は、SharePoint の強力な機能です。テンプレートは、web ソリューション パッケージ (.wsp ファイル) を含むデータ ソースと構造、ビュー、フォーム、ワークフロー、および web パーツを含め、サイトのコンテンツ全体として保存されます。

テンプレートでも、詳細な制御を行うことができます。テンプレートでは、リスト、ビュー、ワークフローなど、サイトの特定の部分を操作できます。これらの部分をテンプレートの形で個別のコンポーネントとして保存することもできます。この機能を使用すれば、ソリューション開発における共同作業をまったく新しい方法で行うことができます。

SharePoint のビジネス ソリューションのサイクルを完了する

SharePoint Designer 2013に多くの時間を費やすことにすばやくわかった多くの基本的な複数のサイトのカスタマイズを行うことができます。データ接続、データが豊富なユーザー インターフェイス、カスタム ワークフローを含めるし、サイトのブランド化を完了する実際のビジネス ソリューションを作成することができます。構築する、SharePoint ですべて可能なソリューションで終わるアプリケーション開発ライフ サイクルを実行することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×