SharePoint 2010 からのアップグレード

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

2020 Oct 13]、[Microsoft Office SharePoint Server 2010 のサポートの末尾に到達します。この記事では、他のユーザー、既存の SharePoint Server 2010 データ、SharePoint Online に移行またはアップグレードする、SharePoint Server を自ようにリソースについて説明します。

サポートの終了とは何ですか。

ソフトウェアの 'サポートは終了'、よっては、SharePoint Server 2010、および SharePoint Foundation 2010 ソフトウェアのサポート ライフ サイクル (Microsoft は新機能、バグの修正など、セキュリティの修正などによって時間) の最後になったら、場合によっては、その '退職' します。製品のサポート (または EOS) の最後に、時に何も実際にシャット ダウンまたは停止します。ただし、ソフトウェアのサポートの末尾には、Microsoft が提供されなくなります。

  • 問題が発生した場合のテクニカル サポート

  • 検出された問題、およびサーバーの安定性や使いやすさに影響する可能性がある問題のバグ修正

  • 検出された脆弱性、およびサーバーがセキュリティ違反の攻撃を受ける可能性がある脆弱性に対するセキュリティの修正

  • タイム ゾーンの更新

つまり、それ以上の更新、更新プログラム、またはの修正プログラムは、(修正/セキュリティ更新プログラムを含む)、製品の出荷し、Microsoft サポートされますが完全にへシフトしたサポートを行って、最新バージョンにします。SharePoint Server 2010 のサポートの最後に近づくと、アップグレード、製品や重要なデータを移行する前に不要なデータをトリミングする営業案件の利用する必要があります。

注: ソフトウェアのライフ サイクルは、通常の製品の初回リリースの日付から 10 年後の持続します。Microsoft パートナーソフトウェアの次のバージョンにアップグレードまたは Office 365 に移行 (またはその両方) に役立つ検索することができます。SharePoint を使用して、SQL server のバージョンの特にの基になるテクノロジ同様に、重要なサポートの終了日の対応していることを確認してください。

どのようなオプションがありますか?

最初に、製品ライフ サイクルのサイトでのサポート終了する日付を確認します。次に、この日付の知識を使用するアップグレードと移行の時間を計画することを確認します。製品されません動作しなくなった問題の日付で表示されて、そのを続けることができますが、ため、インストールがその日和も後になった修正されます、ことが必要な計画を策定するうえで役立つよりスムーズに次期バージョンへの移行に注意してください。積を求めます。

この表は、移行する製品機能およびユーザー データにする場合は、コースをプロットが役立ちます。

製品のサポートの終了

最適

SharePoint Server 2010

SharePoint Server 2013

SharePoint Online

SharePoint ハイブリッド

SharePoint Server 2016 (オンプレミス)

クラウドの SharePoint ハイブリッド検索

(オプション) を拡大/縮小のオプションを選んだ場合は、SharePoint Server 2010 からの移行が完了したらすぐに、別のアップグレードの計画を開始する必要があります。(サポートの最後に注意してください常にする必要がありますが、SharePoint Server 2010 と SharePoint Foundation 2010 2020 Oct 13日のスケジュール設定のためください。製品ライフ サイクルのサイト最も正確な日付)

次へ移動をする必要がありますか。

SharePoint Server 2013 と SharePoint Foundation 2013 は、独自のサーバーでオンプレミスでインストールすることができます。を使用する場合は、SharePoint Online オンライン サービスの Microsoft Office 365 の一部であります。を選択できます。

  • SharePoint Online に移行する

  • SharePoint Server または SharePoint Foundation の社内をアップグレードします。

  • 上記の両方を行う

  • SharePoint ハイブリッド ソリューションを実装する

注意隠しコストの今後サーバー ファームの管理に関連する保守またはのカスタマイズを移行して SharePoint Server が依存しているハードウェアをアップグレードします。対応しているが、これらのすべての考慮していて、オンプレミスのアップグレードを続行しやすくなります。それ以外の場合場合は、ファーム大幅なカスタマイズせずに、従来の SharePoint サーバーで実行すると、役計画的な移行を SharePoint Online にします。オンプレミス SharePoint Server ショップを選択する場合、データの内部設置型では、すべてのハードウェア管理の量を減らすに SharePoint Online で一部のデータを配置することもできます。SharePoint Online に移動するには、データの一部にコストがある場合があります。

注: SharePoint 管理者可能性があります、Office 365 サブスクリプションを作成するの新しい SharePoint Online サイトを設定して、SharePoint Server 2010 から離れた位置に、カット新しい SharePoint Online サイトに最も重要なドキュメントのみを実行します。ここからは、残りのデータを SharePoint Server 2010 サイトから内部設置型のアーカイブに消耗する可能性があります。

SharePoint Online (SPO)

オンプレミスの SharePoint Server

時間について高コスト (計画/実行/確認)

時間について高コスト (計画/実行/確認)

費用について低コスト (ハードウェアの購入が不要)

資金 (ハードウェア購入) のコストが高い

移行時に 1 回限りのコスト

将来の移行のたびに 1 回限りのコストが繰り返される

低い総所有コスト/保守

高い総所有コスト/保守

Office 365 に移行する場合、1 回だけ移動が重いコストに費やした時間計画、事前 (中にデータを整理して、決定を残すにクラウドへの対象としている) します。ただし、データを移行すると、アップグレードできるにそれ以降では、自動ハードウェアおよびソフトウェアの更新を管理する必要がなくなったと Microsoft サービス レベル契約 (SLA) でバックアップするファームの稼働時間になります。

SharePoint Online に移行する

SharePoint Online では、すべての機能が関連付けられているサービスの説明を確認する必要があることを確認します。すべての Office 365 サービスの説明へのリンクを示します。

Office 365 サービスの説明

現在、直接に移行できます (SharePoint Server 2010 または SharePoint Foundation 2010) から SharePoint Online の手段がない、作業のすぎて手動です。これはすることによりデータをアーカイブと prune 移動前に、不要ないるサイトにします。記憶域にその他のデータをアーカイブすることができます。また、SharePoint Server 2010 と SharePoint Foundation 2010 のどちらもを停止する作業のサポート、最後にあるため、管理者は、そのデータの一部を移動する、顧客を忘れてしまった場合 SharePoint は実行中の期間を持つことができますにご注意ください。

SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 にアップグレードしてデータを SharePoint Online に挿入する場合の移動も場合があります (情報を移行するには、OneDrive for Business) SharePoint 移行 APIを使用します。

Online Pro

Online Con

Microsoft が、SPO のハードウェアおよびすべてのハードウェア管理を提供します。

使用可能な機能は、オンプレミスの SharePoint Server と SPO で異なる場合があります。

管理者はサブスクリプションのグローバル管理者であり、SPO サイトに管理者を割り当てることができます。

ファーム管理者に SharePoint Server オンプレミスで利用できるいくつかの操作に存在しない場合 (または必要はありません)、Office 365 の管理] ページで SharePoint の管理者の役割でサイト コレクションの管理、およびサイトの所有者は、ローカル自分の組織に

Microsoft は、更新プログラムを適用、修正し、基になるハードウェアとソフトウェア (SharePoint Online を実行する SQL server を含む) を更新します。

サービスで基になっているファイル システムにはアクセスできないため、一部のカスタマイズは制限されます。

Microsoft がサービス レベル アグリーメントを発行し、サービス レベルの問題を迅速に解決します。

バックアップと復元および他の回復オプションは、SharePoint Online のサービスによって自動化されています。使われていないバックアップは上書きされます。

セキュリティのテストとサーバーのパフォーマンスのチューニングは、Microsoft によってサービス内で継続的に行われます。

ユーザー インターフェイスおよび他の SharePoint 機能に対する変更は、サービスによってインストールされ、オンとオフの切り替えが必要な場合があります。

Office 365 は、多くの業界標準を満たす: Office 365 のコンプライアンスします。

FastTrackを支援するための移行では、制限されています。

アップグレードの多くは、手動で行うか、または「SharePoint Online と OneDrive 移行コンテンツ ロードマップ」に記載されている SPO 移行 API によって行います。

Microsoft のサポート エンジニアもデータセンターの従業員も、顧客のサブスクリプションに対する無制限の管理者アクセス権を持っていません。

SharePoint の新しいバージョンをサポートするためにハードウェア インフラストラクチャのアップグレードが必要な場合、またはアップグレードのために第 2 のファームが必要な場合は、追加コストが発生する可能性があります。

パートナーは、SharePoint Online にデータを移行する 1 回限りのジョブを支援できます。

SharePoint Online へのすべての変更は、コントロール内にします。移行後に、メニューのライブラリ、およびその他の機能の相違点をデザイン一時的に影響を与えますユーザビリティ。

Online 製品は、サービスの機能が廃止するもですなしサポート ライフ サイクルの条件を満たすの末尾に自動的に更新されます。

SQL server を基になるだけでなく、SharePoint Server (または SharePoint Foundation) のサポート ライフ サイクルの終わりがあります。

新しい Office 365 サイトを作成し、必要に応じてそこにデータを手動で移行する場合は、Office 365 のオプションを以下で参照できます。

Office 365 プランのオプション

オンプレミスの SharePoint Server をアップグレードする

SharePoint の内部設置型製品 (SharePoint Server 2016) の最新バージョンの SharePoint サーバーのアップグレードが連続的に移動する必要があります、として、SharePoint Server 2016 まで直接 SharePoint Server 2010 からアップグレードする方法はありませんを意味します。

シリアルのアップグレード パス : SharePoint Server 2010 > SharePoint Server 2013 > SharePoint Server 2016

SharePoint 2010 からを SharePoint Server 2016 全体のパスを実行する場合は、この時間がかかる、計画とします。アップグレードには、アップグレード後のハードウェア (が認識する SQL server がアップグレードも必要があります)、ソフトウェア、および管理コストが含まれています。また、カスタマイズは、アップグレード、またはも破棄する必要があります。SharePoint Server ファームをアップグレードする前に、重要なユーザー設定のすべてのノートを収集することを確認します。

注: SharePoint 2010 のサポート ファームの終端の管理、新しいハードウェア (つまり別のファーム サイドバイ サイド インストールを実行する)、SharePoint Server 2016 ファームのインストールおよびを計画および (ダウンロードおよび再のコンテンツのアップロードのコンテンツの手動移行を実行することはなど)。潜在的な問題が発生する (ドキュメントなど 2010 が手動の移行を実行するアカウントの別名を現在最後の変更されたアカウントから)、手動でこれらの移動があり、先にいくつかの作業を行う必要があります (サイト、サブサイト、アクセス許可を再作成してリストの構造の場合)。優れた時間に記憶域、または不要になったを移動するデータが必要な情報を考慮することをお勧めします。これは、移行の影響を削減できます。いずれかの方法では、環境の前に、アップグレードを削除します。特定の既存のファーム機能をアップグレードする前に、使用を停止する前に (わからない) します。

サポートされているアップグレード パスとサポートされていないアップグレード パスを忘れずに確認してください。

カスタマイズがある場合は、移行パスの各ステップでアップグレードを計画することが重要です。

オンプレミスの利点

オンプレミスの難点

フル コントロール、SharePoint ファーム (および SQL の) のすべての側面サーバー ハードウェアからセットアップします。

すべての改と修正、会社の責任 (ですが、サポートの最後にある製品がない場合は、有料の Microsoft のサポートを依頼することができます)。

オンプレミスの SharePoint Server の完全な機能セットと、オンプレミスのファームを SharePoint Online のサブスクリプションにハイブリッドで接続するオプション。

アップグレード、パッチ、セキュリティ更新プログラム、ハードウェアをアップグレード、SharePoint Server と SQL ファームのすべての保守はオンプレミスで管理します。

SharePoint Online の使用よりも大きいカスタマイズ オプションにアクセスできます。

Office 365 によってサポートされるコンプライアンス標準を、オンプレミスで手動構成する必要があります。

セキュリティ テスト、およびパフォーマンスのチューニング サーバー、([コントロール)] で、社内で実行されます。

Office 365 は、オンプレミスの SharePoint Server と相互運用できない機能を SharePoint Online で使えるようにすることができます。

パートナーは、次バージョンの SharePoint Server (および以降) へのデータの移行を支援できます。

SharePoint Server サイトでは、SSL/TLS 証明書が自動的に使用されません。SharePoint Online では自動的に使用されます。

オンプレミスの SharePoint Server での名前付け規則、バックアップと復元、および他の回復オプションの完全な制御。

SharePoint Server を自では、製品のライフ サイクルを区別します。

アップグレードに関するリソース

ハードウェアおよびソフトウェア要件を比較して開始します。現在のハードウェアのアップグレードの基本的な要件を満たしていない場合、は、最初に、ファームまたは SQL server のハードウェアをアップグレードする必要があるまたはことは、SharePoint Online の '常緑' ハードウェアに、サイトの一部のパーセント値を移動することがでく可能性があります。評価を加えると、アップグレード パスはサポートされているとメソッドを実行します。

SharePoint Online と SharePoint Server 内部設置型の間で SharePoint ハイブリッド ソリューションを作成します。

他のオプション (最良の内部設置型といくつかの移行のオンライン環境の両方である必要があります) は、ハイブリッド、SharePoint Server 2013 または 2016 ファームは、SharePoint ハイブリッドを作成するのには SharePoint Online に接続することができます: SharePoint ハイブリッド ソリューションについてについて.

ハイブリッド SharePoint Server ファームが移行目的を決定する場合は、どのようなサイトとユーザーを計画するオンラインに移動する必要があるし、内部設置型をそのまま保持する必要があることを確認します。レビューと (データが社外高、中、または低への影響を特定する)、SharePoint Server ファームのコンテンツの順位はこの判断の際に役に立ちます。SharePoint Online を共有する必要があることがある (a) ユーザー アカウント ログイン、および (b)、SharePoint Server の検索インデックス - クリアできません、サイトの使用方法を確認するまでにある可能性があります。Office 365 を通じての SharePoint ファームの管理が行われます場合は、会社は、SharePoint Online に移行するすべてのコンテンツを後で決定したらと残りのすべてのアカウントとデータをオンラインに移動して、オンプレミス ファームの使用を停止します。その時点からコンソールします。

必ずは既存の種類とのハイブリッドと、オンプレミスの SharePoint ファームと、Office 365 サブスクリプション間の接続を構成する方法を理解してください。

ハイブリッド SharePoint ファームの動作を確認する方法の 1 つは、 Office 365 の開発/テスト環境を作成することです。試用版があるか、Office 365 サブスクリプションを購入するには、なりますようにデータを移行する SharePoint Online でサイト コレクション、web、およびドキュメント ライブラリを作成する (手動でを使用するか、移行 API のまたは – 移行する場合は、[サイトのコンテンツに OneDrive for Business: ハイブリッド ウィザードを使用)。

注: SharePoint Server 2010 ファームをアップグレードする必要が最初に注意してください、社内で SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ハイブリッド オプションを使用します。SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Foundation 2013 は、SharePoint Online の使用、ハイブリッドの接続を作成することはできません。

関連トピック

Office 2007 からアップグレードする、または 2010 サーバーとクライアントに役立つリソース
SharePoint 2010 から SharePoint 2013 へのアップグレード プロセスの概要
から SharePoint 2010 から SharePoint 2013 へのアップグレードのためのベスト プラクティス
アップグレードの SharePoint 2013 での問題に関するトラブルシューティング データベース
アップグレードのために Microsoft パートナー向けの検索
for SharePoint 2013 の製品サービス ポリシーの更新
製品の更新SharePoint Server 2016 のポリシーをサービス

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×