スキップしてメイン コンテンツへ

SharePoint 集計フィールドでの HTML マークアップの処理

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

microsoft SharePoint のリストとライブラリでは、従来の UI モードで実行されている計算フィールドを使用して、microsoft Excel と似た数式に基づいた結果を表示できます。これは、リストまたはライブラリのデータの計算に記載されている長期にわたる機能です。

一部のユーザーは、計算フィールドに HTML マークアップまたはスクリプト要素を追加しています。この機能については文書化されていないため、SharePoint Online の集計フィールドでは、2017以降の6月13日からカスタムマークアップの実行をブロックします。6月2017公開更新プログラム (PU) 以降の膿は、sharepoint server 2016 と sharepoint server 2013 でオンプレミスの使用のための構成可能なオプションをブロックすることになります。

詳細情報

SharePoint Online

計算フィールドを変更して、カスタムマークアップの実行をブロックしています。つまり、サポートされていないマークアップが含まれている計算フィールドは、正しく表示できません。

この変更は、2017の6月13日に発効しました。管理者は、2017を最新の9月10日まで延長することができます。この拡張の間、集計フィールドでのカスタムマークアップの実行はブロックされません。この要求は、Microsoft サポートから送信できます。ただし、2017の9月10日以降は、サポートされていないすべてのマークアップを無視します。

sharepoint server 2013 と sharepoint server 2016

6月の 2017 PU とその後の膿には、 CustomMarkupInCalculatedFieldDisabledと呼ばれる新しい web アプリケーション設定が含まれます。この設定により、オンプレミス管理者は、特定の web アプリケーションの集計フィールドでカスタムマークアップを実行するかどうかを判断できます。

次に示すのは、更新プログラムのインストール時に、既存の web アプリケーションと新規に使用する既定の動作です。

Web アプリの種類

既定の設定

更新プログラムのインストール後に新しく作成された web アプリ

集計フィールドでのカスタムマークアップの実行をブロックする

更新プログラムがインストールされた後の既存の web アプリ

集計フィールドでのカスタムマークアップの実行を許可する

次に、JSLink と CustomAction のドキュメントへの便利なリンクをいくつか示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×