SharePoint 管理センターにおける Information Rights Management (IRM) の設定

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

、SharePoint Online では、IRM 保護がリストとライブラリ レベルでのファイルに適用されます。組織では、IRM 保護を使用できる、前に、最初に Rights Management を設定する必要があります。IRM を暗号化し、使用制限を割り当てる Azure 情報保護から Azure Rights Management サービスに依存しています。Azure Rights Management では、すべてではなく、一部の Office 365 プランが含まれます。詳細については、どの Office アプリケーション/サービスのサポート Azure Rights Managementをお読みください。

SharePoint 管理センターを使って IRM サービスを有効にする

前に、組織 IRM で保護する SharePoint リストおよびライブラリを最初に、組織の Rights Management サービスをアクティブにする必要があります。については、どのようにAzure Rights Management をアクティブにするを参照してください。Rights Management サービスを有効にする Office 365 グローバル管理者権限を持つ職場または学校のアカウントを使用する必要があります。それ以外の場合、SharePoint Online での IRM の機能を使用することはできません。

Rights Management サービスをアクティブ化] の後に IRM を有効にする、SharePoint 管理センターにサインインします。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左側のウィンドウで [設定] を選びます。

  5. Information Rights Management (IRM) ] セクションでは、構成で指定した IRM サービスを使用するにはを選択し、 IRM 設定の更新]をクリックします。IRM 設定を更新すると、SharePoint リストとドキュメント ライブラリでの IRM を使用して、組織のユーザーが開始できます。ただし、これを行うオプションかかる場合があります時刻ライブラリの設定とリストの設定に表示されます。

IRM 対応の SharePoint ドキュメント ライブラリとリスト

IRM 設定を更新したら、サイトの所有者は SharePoint リストとドキュメント ライブラリを IRM で保護できます。詳しくは、「Information Rights Management をリストまたはライブラリに適用する」をご覧ください。

サイトの所有者では、リストまたはライブラリに対して IRM を有効にする] は、そのリストまたはライブラリでサポートされているファイルの種類を保護します。ライブラリで IRM が有効なアクセス権管理のすべてのライブラリでファイルに適用されます。リストに対して IRM を有効にすると、実際のリスト アイテムではなくリスト アイテムに関連付けられたファイルだけにアクセス権管理が適用されます。

ユーザーは、IRM を有効にしたリストまたはライブラリのファイルをダウンロード、承認されたユーザーのみが表示できるように、ファイルは暗号化されます。各権限が管理されたファイルには、ファイルを表示できるユーザーを制限する発行ライセンスも含まれます。一般的な制限は、ファイルを読み取り専用にする、ユーザーをローカル コピーを保存して、ファイルの印刷を禁止するテキストのコピーを無効にします。IRM でサポートされているファイルの種類を読み取ることができるクライアント プログラムでは、これらの制限を適用するために、権限が管理されたファイル内で発行ライセンスを使用します。これは、権限が管理されたファイルがダウンロードされた後でもの保護を保持する方法です。リストまたはライブラリでは、IRM を有効にする、リストまたはライブラリに Information Rights Management を適用するを参照してください。

作成するか、Office Online を使って IRM が有効なライブラリ内のドキュメントを編集することはできません。代わりに、一度に 1 人のユーザーは、ダウンロードして、IRM で暗号化されたファイルを編集します。複数のユーザーには、チェックイン、チェック アウトを共同編集、管理や編集を使用します。

IRM で保護されたライブラリから PDF ファイルをダウンロードすると、Office 365 は、保護された PDF ファイルを作成します。ファイルの拡張子は変更されませんが、ファイルが保護されています。このファイルを表示するには、完全な Azure 情報保護クライアントは、Azure 情報保護ビューアーを必要がありますか、表示をサポートしている別のアプリケーションには、PDF ファイルが保護されています。

SharePoint Online は次のファイルの種類の暗号化をサポートします。

  • PDF

  • Microsoft Office Word、Microsoft Office Excel、Microsoft Office PowerPoint の 97 から 2003 までのファイル形式

  • Microsoft Office Word、Microsoft Office Excel、および Microsoft Office PowerPoint の Office Open XML 形式

  • XML Paper Specification (XPS) 形式

次のステップ

SharePoint Online の場合は、IRM を有効にした、rights management をリストとライブラリに適用を開始できます。詳しくは、リストまたはライブラリに Information Rights Management を適用するを参照してください。

Windows 版の新しい OneDrive の同期クライアントでは、IRM で保護された SharePoint ドキュメント ライブラリと OneDrive の場所を同期する限り、ライブラリの IRM 設定は、ドキュメントのアクセス権を期限切れに設定されていない) をサポートしています。詳細については、または新しい同期クライアントの展開を開始するのには、エンタープライズ環境での新しい OneDrive の同期クライアントの展開を参照してください。

ページの先頭へ

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×