SharePoint 管理センターでユーザー プロファイルを管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事は、グローバル管理者および Office 365 の SharePoint 管理者を対象としたものです。SharePoint Server を実行している場合は、「SharePoint Server で User Profile Service を管理する」を参照してください。

管理者ではない場合、プロファイルの変更については「Office Delve でプロファイルを表示して更新する」を参照してください。

ほとんどの組織では、SharePoint 管理センターでユーザー プロファイルの設定を変更する必要はありません。ユーザー プロファイルの設定を操作する必要がない組織のために、この記事では最も一般的なタスクについて説明します。

この記事の内容

カスタム ユーザー プロパティを作成および編集する

OneDrive アカウントで管理者を追加および削除する

対象ユーザーを管理する

一部のユーザーが OneDrive を作成できないようにする

カスタム ユーザー プロパティを作成および編集する

Office 365 では、ID は Azure Active Directory で管理されます。詳しくは、「Office 365 ID と Azure Active Directory について」を参照してください。SharePoint Online はこのプロファイル情報を受け取ります。ユーザーに関してその他の情報を格納する必要がある場合は、SharePoint 管理センターでカスタム プロパティを作成することができます。これについて詳しくは、「SharePoint Online でユーザー プロファイルのプロパティを追加および編集する」を参照してください。

注: SharePoint Online 管理センターでユーザーのサブタイプを作成するのではなく、Office 365 管理センターを使ってグループを作成するか、Azure AD 管理センターを使って動的なメンバーシップのグループを作成することをお勧めします。

OneDrive アカウントで管理者を追加および削除する

OneDrive アカウントの所有権を別のユーザーに委譲したり、ユーザーに別のユーザーの OneDrive に対するフル コントロール権限を付与したりすることが必要になる場合があります。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左のウィンドウの [ユーザー プロファイル] をクリックします。

  5. [] の [ユーザー プロファイルの管理] をクリックします。

    ユーザー プロファイルのページでユーザー プロファイルの管理リンク
  6. ユーザーの名前を入力し、[検索] を選択します。

  7. ユーザーを右クリックし、[サイト コレクションの所有者の管理] をクリックします。

  8. OneDrive アカウントの管理者を追加および削除した後、[OK] をクリックします。

    OneDrive の所有者を管理します。

自動的に削除するユーザー アカウントがマークされているときにユーザーの管理者にOneDriveの所有権の移行についての情報] は、「アクセスの委任を設定する」を参照してください。

対象ユーザーを管理する

対象ユーザーを使うと、以下の情報に基づいて特定のユーザーに対してのみ表示されるように、ページ上のコンテンツをカスタマイズできます。

  • 配布リストまたはセキュリティ グループでのメンバーシップ

  • 報告体制内の場所またはユーザー プロファイル内の一般情報

たとえば、特定の地理的な場所にいるユーザーに対してのみ、ナビゲーション リンクを表示することができます。対象ユーザーに基づいてカスタマイズできるのはクラシック テンプレートを使っているサイトのみであることに注意してください。また、対象ユーザーはセキュリティ機能ではありません。特定のユーザー グループに関連するコンテンツを提供するのには役立ちますが、適切な権限を持つユーザーであればコンテンツへのアクセスを妨げられません。対象ユーザーの使い方については、「コンテンツを特定の対象ユーザーに限定して開示する」を参照してください。

対象ユーザーまたは対象ユーザー ルールを追加、編集、削除するには、[対象ユーザーの管理] ページに移動します。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左のウィンドウの [ユーザー プロファイル] をクリックします。

  5. [] の [対象ユーザーの管理] をクリックします。

    ユーザー プロファイル] ページの対象ユーザーの管理リンク

    新しい対象ユーザーの作成:

    新規対象ユーザーを作成します。

    対象ユーザーの新しいルールの作成:

    新規対象ユーザーのルールを作成します。

対象ユーザーは約 1 週間ごとにコンパイルされ、コンパイル後の対象ユーザー メンバーだけを見ることができます。ユーザー プロファイル ページには、対象ユーザーの数、コンパイルされていない対象ユーザーの数、コンパイルのステータスと日時が表示されます。

一部のユーザーが OneDrive を作成できないようにする

OneDrive の使用ライセンスを持っているユーザーに OneDrive を作成させたくない場合は (たとえば規制上の理由により)、禁止できます。ユーザーが既に OneDrive を作成している場合、次の設定を変更しても削除されないことに注意してください。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左のウィンドウの [ユーザー プロファイル] をクリックします。

  5. [] の [ユーザー権限の管理] をクリックします。

    ユーザー プロファイルのページでユーザー権限の管理リンク
  6. 既定では、外部ユーザー以外のすべてのユーザーが OneDrive を作成できます。そのグループを削除し、特定のグループを追加して、ライセンスを持つユーザーのサブセットにだけ OneDrive の作成を許可します。

    OneDrive を作成できるユーザーを制御するためのアクセス許可] ダイアログ ボックス
  7. [OK] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×