SharePoint ワークフローの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ワークフローは、SharePoint サイトのドキュメントとアイテムにビジネス プロセスを実装すると、ユーザーがドキュメントで共同作業したり、プロジェクト タスクを管理したりするのに役立ちます。ワークフローは、組織が一貫したビジネス プロセスに従うのにも役立ちます。また、ビジネス プロセスに関するタスクと手順を管理すると、組織の効率と生産性を向上させます。そのため、これらのタスクを実行するユーザーは、ワークフローの管理を気にすることなく作業に集中できます。

この記事の内容

ワークフローとは?

SharePoint ワークフローの 2 つのプラットフォーム

組み込みワークフロー

カスタム ワークフローのサポート

ワークフローの使用手順

ワークフローとは?

ワークフローは、結果を生み出す一連のタスクとして定義される場合があります。 SharePoint 製品とテクノロジ では、ワークフローは、ビジネス プロセスに関連した一連のアクションやタスク間での、ドキュメントやアイテムの自動的な動きとして狭く定義されています。 ワークフローを使うと、組織はSharePoint リストまたはライブラリのドキュメントやアイテムに、ビジネス ロジックを関連付けることができ、組織内で共通のビジネス プロセスを一貫して管理できます。 ビジネス ロジックは、基本的には、ドキュメントやアイテムに対するアクションを定義したり制御したりする命令のセットです。

ワークフローにより、一般的なビジネス プロセス (プロジェクトの承認またはドキュメントのレビューなど) に関連する人的作業を管理して、これらのプロセスの調整に必要なコストや時間を合理化できます。 たとえば、SharePoint サイトでは、承認を得るために、ユーザーのグループでドキュメントを回覧するワークフローをドキュメント ライブラリに追加できます。 ドキュメント作成者がライブラリ内のドキュメントに対して、このワークフローを開始すると、ワークフローによって、ドキュメント承認タスクが作成され、タスクがワークフロー参加者に割り当てられて、タスクの実行手順と承認が必要なドキュメントへのリンクが含まれたメール通知が参加者に送信されます。 ワークフローの進行中、ワークフロー所有者 (この場合は、ドキュメントの作成者) またはワークフロー参加者は、[ワークフローの状態] ページで、ワークフロー タスクを完了した参加者を確認できます。 ワークフロー参加者がそれぞれのワークフロー タスクを完了すると、ワークフローは終了し、ワークフローの完了を伝える通知が自動的にワークフロー所有者に送信されます。

上の例の承認ワークフローのアクションは、次の図で示したプロセスに従っています。

承認ワークフローのフローチャート

ワークフローは、既存の作業プロセスをサポートするだけでなく、ユーザーがドキュメント、リスト、ライブラリを使って共同作業や連携を行う方法も拡大します。 サイト ユーザーは、SharePoint リストまたはライブラリのドキュメントやアイテムからアクセスできるカスタマイズ可能なフォームを使って、ワークフローを開始したり、ワークフローに参加したりできます。 また、SharePoint 製品のワークフロー機能は、Microsoft Office 2013 と強固に統合されているので、以下のワークフロー タスクは、両方の製品で実行できます。

  • ドキュメントやアイテムに利用できるワークフロー リストの表示

  • ドキュメントやアイテムに対するワークフローの開始

  • ワークフロー タスクの表示、編集、再割り当て

  • ワークフロー タスクの完了

ページの先頭へ

SharePoint ワークフローの 2 つのプラットフォーム

SharePoint 2010 ワークフロー プラットフォームは、Office 365 と SharePoint Server 2013 に引き継がれているので、SharePoint 2010 ワークフロー プラットフォームで作成されたすべてのワークフローは、引き続き使うことができます。 このワークフロー プラットフォームは、Windows Workflow Foundation 3.5 (WF3.5) をベースにしています。 SharePoint 2013 ワークフロー プラットフォームは、Windows Workflow Foundation 4 (WF) をベースにしており、設計が大幅に変更されました。 おそらく、新しいワークフロー プラットフォームの最も顕著な機能は、ワークフロー実行ホストとして Microsoft Azure が使用されていることでしょう。 ワークフロー実行エンジンは、Office 365 や SharePoint Server 2013 とは独立して、Microsoft Azure に組み込まれました。

その結果、SharePoint でワークフローを作成する場合は、SharePoint 2010 ワークフローと SharePoint 2013 ワークフローという 2 つのプラットフォームから選ぶことになります。

ページの先頭へ

組み込みワークフロー

SharePoint サイトには、一般的なビジネス シナリオに対応する次のような組み込みワークフローが含まれています。

  • 承認    このワークフローでは、承認を得るために、ドキュメントやアイテムがユーザーのグループで回覧されます。 既定では、承認ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているので、自動的にドキュメント ライブラリで利用できます。

  • フィードバックの収集    このワークフローでは、フィードバックを収集するために、ドキュメントやアイテムがユーザーのグループで回覧されます。 レビュー担当者は、フィードバックを送ることができます。収集したフィードバックは、1 つにまとめられて、ワークフローを開始したユーザーに送信されます。 既定では、フィードバックの収集ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているので、自動的にドキュメント ライブラリで利用できます。

  • 署名の収集    このワークフローでは、デジタル署名を収集するために、Microsoft Office ドキュメントがユーザーのグループで回覧されます。 このワークフローは、Office 2013 プログラムで開始する必要があります。 参加者は、Office プログラムでドキュメントにデジタル署名を追加して、署名タスクを完了する必要があります。 既定では、署名の収集ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているので、自動的にドキュメント ライブラリで利用できます。 ただし、署名の収集ワークフローがドキュメント ライブラリのドキュメントに対して表示されるのは、そのドキュメントに 1 つ以上の Microsoft Office 署名欄が含まれている場合だけです。

  • 発行承認    このワークフローは、レビューと承認を得るために、案件の専門家と利害関係者にコンテンツが自動的に回覧されるという点で、承認ワークフローと似ています。 発行承認のワークフローは、新規および更新済みの Web ページの発行が細かく管理される発行サイト専用にデザインされていることが他のワークフローとは異なります。

  • 3 段階の状態管理    このワークフローを使って、顧客サポートの問題、潜在顧客、プロジェクト タスクなど、大量の案件やアイテムの追跡が必要なビジネス プロセスを管理できます。

上のそれぞれのワークフローは、いろいろな方法でカスタマイズできます。 たとえば、ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプなどに追加して、ドキュメントやアイテムで使用できるようにする場合、ワークフローに関する情報が含まれているタスク リストや履歴リストをカスタマイズできます。

サイト ユーザーがドキュメントやアイテムに対してワークフローを開始する場合、ユーザーは参加者のリスト、期日、タスクの実行手順を指定して、ワークフローをさらにカスタマイズできます。

ページの先頭へ

カスタム ワークフローのサポート

組み込みワークフローは、さまざまなニーズに合わせて、ある程度はカスタマイズできますが、組織のビジネス プロセスに固有のワークフローの設計や開発が必要になることがあります。 ワークフローは、ビジネス プロセスの要件によって、シンプルにも複雑にもなり得ます。 開発者は、サイトを利用するユーザーによって開始されるワークフローを作成したり、リスト アイテムの作成や変更などのイベントに応じて自動的に開始するワークフローを作成したりできます。 カスタム ワークフローを開発して、展開している場合、上で説明した組み込みワークフローに加えて、またはその代わりに、カスタム ワークフローを利用できます。

カスタム ワークフローは、次の 2 つの方法で作成できます。

  • パワー ユーザーが Microsoft SharePoint Designer 2013 と Office Visio 2013 を使って、特定のリストやライブラリに対して使用するコードのないワークフローを設計する    SharePoint Designer 2013 ワークフローは、利用可能なワークフロー アクティビティのリストから作成され、ワークフローを作成したユーザーがリストやライブラリにワークフローを直接展開します。 SharePoint Designer 2013 は、Visio 2013 とも連動するので、視覚的なワークフローの開発環境で、図形やコネクタを使って、図を作成できます。 また、Visio 2013 と SharePoint Designer 2013 の間で、互いにワークフローをインポートすることもできます。

  • 専門のソフトウェア開発者が Visual Studio 2012 以降を使って、ワークフローを作成する    作成されたワークフローには、カスタム コードとワークフロー アクティビティが含まれます。 専門の開発者がカスタム ワークフローを作成後に、サーバー管理者が複数のサイトに展開します。

ページの先頭へ

ワークフローの使用手順

ドキュメントやリスト アイテムに対してワークフローを使用するための手順は、いくつかあります。 それぞれの手順は、役割に応じて、個人が実行します。 たとえば、サイト管理者はワークフローをドキュメント ライブラリで利用できるようにし、コンテンツ作成者はワークフローの開始や進行中のワークフローの変更を行い、それ以外のユーザー (ドキュメントのレビュー担当者や承認者など) はワークフロー タスクを実行します。

リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプにワークフローを追加する

ワークフローを使用できるようにするには、ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプに追加して、特定の場所のドキュメントやアイテムで利用できるようにする必要があります。 ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプに追加するには、リストの管理権限が必要です ほとんどの場合、サイト管理者または特定のリストやライブラリを管理する担当者が、このタスクを実行します。

サイト内でワークフローを利用できるかどうかは、次のように、追加された場所によります。

  • ワークフローを直接リストやライブラリに追加すると、利用できるのは、そのリストやライブラリのアイテムに対するワークフローだけです。

  • ワークフローをリスト コンテンツ タイプ (特定のリストやライブラリに追加されたサイト コンテンツ タイプのインスタンス) に追加すると、利用できるのは、そのコンテンツ タイプに関連付けられた特定のリストやライブラリ内のコンテンツ タイプのアイテムに対するワークフローだけです。

  • ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加すると、そのワークフローは、そのサイト コンテンツ タイプのインスタンスが追加されたすべてのリストやライブラリで、コンテンツ タイプのすべてのアイテムに対して利用できます。

  • サイト内のリストやライブラリ全体でワークフローを利用するには、サイト ワークフローを作成します。

ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプに追加する場合、次のオプションを指定して、特定の場所にあるワークフローをカスタマイズできます。

  • ワークフローのこのインスタンスの名前

  • ワークフロー関連タスクが保存されているタスク リスト

  • ワークフローに関連したすべてのイベントが記録されている履歴リスト

  • ワークフローの開始方法

  • その他のオプションは、参加者へのタスクの回覧方法、ワークフローの実行条件、ワークフローの実行後に必要なアクションなど、個々のワークフローに固有のオプションです。

ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプに追加すると、特定の場所にあるドキュメントやアイテムに対して利用できるようになりますが、実際のワークフローは開始されません。

ドキュメントやアイテムに対するワークフローを開始する

ワークフローをリスト、ライブラリ、コンテンツ タイプに追加して、利用できるようになると、ドキュメントやアイテムに対するワークフローを開始できます (ワークフローを手動で開始できるよう設定されている場合)。 ワークフローを開始するには、ドキュメントやアイテムで利用できるワークフローのリストからワークフローを選びます。 必要に応じて、ワークフローに必要な情報をフォームに入力することが必要になる場合もあります。 ワークフローの設計や設定によっては、ドキュメントやアイテムに対してワークフローを開始するときに、参加者、期日、タスクの実行手順などを指定して、ワークフローをさらにカスタマイズできます。

進行中のワークフローを変更する

アイテムに対してワークフローを開始した後で、ワークフローの動作の変更が必要になる場合があります。 たとえば、ワークフローの開始後に、ワークフローを開始したユーザーが別の参加者を追加する必要がある場合や、 ワークフロー参加者が自分のタスクを別のユーザーに再割り当てしたり、ワークフローの対象であるドキュメントやアイテムへの変更を要求したりする場合などです。 一部の組み込みワークフローは、ワークフローの進行中に変更できます。 カスタム ワークフローを開発して、展開している場合は、ワークフローの進行中に、ワークフローを変更できます。

ワークフロー タスクを完了する

ユーザーによる操作が必要なすべてのワークフロー イベントは、ワークフロー タスクで表されます。 ワークフローで、タスクをワークフロー参加者に割り当てると、タスクが割り当てられたユーザーは、タスクを完了するか、ワークフロー タスク フォームを編集して、ワークフローへの変更を要求できます。 ワークフロー参加者は、ワークフロー タスクを SharePoint サイトで実行するか、直接 Office 2013 プログラムで実行できます。 ワークフロー参加者がワークフロー タスクを完了するか、ワークフローへの変更を要求すると、ワークフローは次のステップに移動します。

ワークフローの状態を追跡する

ワークフロー所有者と参加者は、ワークフローに関連付けられた状態ページで、ワークフローの進捗状況を確認できます。 状態ページには、未完のワークフロー タスクに関する状態情報が表示されます。 また、ワークフローの履歴情報も表示されます。

レポート ツールを使って、ワークフロー履歴の集計分析を実行できます。この分析結果を使って、プロセスのボトルネックを特定したり、グループが特定のビジネス プロセスの達成目標を満たしているかどうかを判断したりすることができます。事前に定義された Microsoft Office Excel レポートをワークフローで使うこともできます。また、ワークフローの履歴情報は、他のプログラムやカスタム ビジネス プロセス監視ソリューションで使用、分析できる SharePoint リストのデータ ソースとして利用できます。

ページの先頭へ

関連項目

SharePoint に組み込まれたワークフローについて

SharePoint 2013 のワークフロー

SharePoint Designer 2013 と Visio 2013 のワークフロー開発

SharePoint Server 2013 のワークフローを開始します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×