スキップしてメイン コンテンツへ
SharePoint モダンページの管理とライフサイクル

SharePoint モダンページの管理とライフサイクル

SharePoint の最新ページには、従来の発行サイトのページで提供される機能の多くが用意されています。 SharePoint のモダンページを作成すると、編集、保存、発行、共有を行うことができます。  ページを削除したり、別のバージョンに復元したりすることもできます。 コンテンツ承認フローを設定することもできます。

ページのライフサイクル

[新規作成] ボタン ページのライフサイクルの作成を開始します。 初めてページを作成すると、そのページは "ローカル" 下書きの状態になっているため、他のユーザーはまだ表示できません。

[下書きとして保存] [下書きとして保存] ボタン このページを保存して閉じると、マイナーバージョンとしてチェックインされ、"共有" の下書きになります。 つまり、編集権限 (またはサイト所有者) を持つすべての人がそのファイルを表示して編集できるようになります。

[編集] ボタン ページを編集するには、[編集] ボタンをクリックすると、ページがチェックアウトされました。 ページが編集用に開いている場合、またはチェックアウトされている場合は、他のユーザーは編集できません。 ページは、変更が保存または破棄されるか、ページが公開されるまで、"ロック" されます。 ただし、ページのアクティビティが5分でなければ、編集セッションはタイムアウトし、ページは "ロックが解除されます" ということになります。 

変更を破棄したときに変更を破棄 変更を破棄する 、ページは前の状態に戻ります。 "チェックアウトの取り消し" と同じです。

[公開] ボタンをクリックしてページを公開したときに公開 [発行] ボタン 、"メジャー" バージョンとしてチェックインされ、"ライブ" と表示されます。これは、サイトを表示できるすべてのユーザーがページを表示できることを意味します。

発行済みのページが編集されたときに再公開する [再公開] ボタン [再公開] ボタンでは、ページの次の "メジャー" バージョンがチェックされ、変更内容は "有効" となります。これは、サイトを表示できるすべてのユーザーが新しいバージョンを表示できることを意味します。

コンテンツ承認を含むページのライフサイクル

コンテンツ承認が有効になっているページのライフサイクルは、ページが公開される前に他のユーザーによって承認される必要があるため、わずかに異なります。 承認者は、サイトの所有者またはサイトのフルコントロール権限または編集権限を持つユーザーである必要があります。

次に、[フロー] を使用してコンテンツの承認を有効にした場合のページ発行の追加ステージを示します。 ここでは、複数の承認者を必要とする承認フロー、またはカスタマイズされた承認フローの場合の手順について説明します。

ページを公開する準備ができたら、承認のために送信 [承認のために送信] ボタン 、ページの作成者が承認のためにページを送信します。

承認待ちページが承認されるまで、ページは保留状態のままです。

承認者として指定されたユーザーに対してレビュー[承認の確認] ボタン 、通知を受け取り、[承認の確認] ボタンを表示して、ページを表示できます。 承認者はコンテンツを編集できません。承認または却下またはコンテンツのみを許可することができます。 ページの作成者が受信した通知と一緒に、コメントを送信することもできます。

まし   ページが承認されると、そのページが公開され、"メジャー" バージョンとしてチェックインされ、"有効" となります。これは、サイトを表示できるすべてのユーザーがページを表示できることを意味します。

モダンページでコンテンツの承認を使用するには、Microsoft Flow を使用することをお勧めします。 方法については、「ページの承認を構成する」を参照してください。

ライブラリで承認を必須にする従来の方法を使用する場合は、「サイトリストまたはライブラリのアイテムの承認を必須にする」を参照してください。

ページを編集できるユーザー

編集権限を与えられたすべてのユーザーがページを編集できます。 チームサイトで、チームサイトグループに他のユーザーを追加すると、既定で編集のアクセス許可が与えられます。 コミュニケーションサイトでは、サイトの所有者と、編集権限が付与されたユーザーのみが編集できます。

ページで [編集] をクリックすると、ページがチェックアウトされます。これは、ページを保存して閉じるか、変更を破棄するか、ページを公開しない限り、他のユーザーが編集できないことを意味します。 これらの各操作により、ページが再びチェックインされます。

他のユーザーが誤ってページをチェックアウトした場合、または保存して閉じるのを忘れてしまった場合、または変更を破棄または公開した場合は、非アクティブな状態が5分続いたときにページが自動的に保存され、

2人のユーザーが同じページを同時に編集することはできません。 1人のユーザーがページを編集用に開いていて、他のユーザーがそのページを編集しようとしている場合、そのページが他のユーザーによって編集されていることを示すメッセージが表示されます。 編集用のページを開いているユーザーに、変更を保存して閉じる、変更を破棄する、または発行することによって、そのページを "解放" するように依頼することができます。 ただし、ページに5分間のアクティビティがない場合、編集セッションは自動的にタイムアウトし、ページは "ロックが解除されます" ということになります。 

サイトの所有者には、ページを編集しているユーザーのチェックアウトを上書きする追加のオプションがあります。

ページの検索

ページは [ページ] ライブラリに保存され、ナビゲーションの [ページ] をクリックするとアクセスできます。 ナビゲーションにページが表示されない場合は、[サイトの設定] SharePoint Online の [公開 Web サイトの設定] ボタン 、[サイトコンテンツ] の順に移動し、[サイトページ] を探します。

前のバージョンを復元する

  1. ページライブラリに移動します。

  2. ページ名と日付の間のスペースを右クリックして、メニューから [バージョン履歴] をクリックします。 メニューをスクロールしないと [バージョン履歴] が表示されないこともあります。

    [バージョン履歴] が表示されない場合は、ダイアログの省略記号 (...) をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

    ファイルのバージョン リストが表示されます。

    3 つのバージョンが表示されているバージョン履歴ダイアログ ボックス
  3. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、復元するバージョンの隣にカーソルを合わせ、右側の下矢印をクリックするとオプション リストが表示されます。

    バージョン履歴オプション (表示、復元、削除)

    [復元] をクリックします。

  4. [OK] をクリックすると、現在のバージョンが最新版として復元されます。

    [OK] が選択されているバージョン復元確認ダイアログ ボックス

    注: SharePoint では、復元した以前のバージョンが削除されることはありません。コピーが作成され、それが最新版に設定されます。

ページライブラリでのページのチェックインとチェックアウト

チェックインページのチェックインとチェックアウトを管理するには、[編集]、[保存]、[閉じる]、[変更の破棄] 、[ページのコマンドの発行] の使用をお勧めします。 ただし、任意のドキュメントライブラリで使用するのと同じ手順を使用して、手動でページのチェックインとチェックアウトを行うことができます。 詳細については、「ドキュメントライブラリのファイルのチェックアウトまたはチェックイン」を参照してください。

ページの発行を取り消す

他のユーザーがページを表示する必要がなくなった場合は、そのページの発行を取り消すことができます。

  1. [ページ] ライブラリに移動します。

  2. 発行を取り消すページを選びます。

  3. 省略記号 (...) をクリックし、[その他] をクリックします。

  4. [非公開] をクリックします。

未発行ページを下書きの状態に戻して、表示されないようにします。 ただし、ページは検索結果に引き続き表示されます。 この問題が発生しないようにするには、ページからアクセス許可を削除する必要もあります。

  1. [ページ] ライブラリに移動します。

  2. 省略記号 (...) をクリックし、[その他] をクリックします。

  3. [プロパティ] をクリックします。

  4. 上部の [共有相手] をクリックし、[共有の停止] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×