SharePoint サイトのグループと権限について理解する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007サイトにあるアクセス許可によって、サイトにアクセスできるかどうか、およびそのコンテンツに対して実行できる操作が決定されます。サイトやサブサイトごとに異なるアクセス許可を設定できます。同じサイトのコンテンツごとに異なるアクセス許可を設定することもできます。

サイトに表示されるコンテンツとメニューオプションは、自分に割り当てられているアクセス許可によって異なります。サイト所有者は、通常、SharePoint グループにユーザーを追加して、サイトにアクセス許可を付与します。グループには、グループのメンバーであることによって受信するアクセス許可レベルがあります。

サイトにはどのようなアクセス許可レベルがありますか?

アクセス許可レベルに応じて SharePoint サイトにアクセスすると、次のようなエクスペリエンスを実現できます。

注: 次の例では、サイトの既定の SharePoint グループと権限レベルを想定しています。サイトの所有者によってアクセス許可が割り当てられていることによって、エクスペリエンスが異なることがあります。

読み取りアクセス許可レベルを持っている

サイトを表示できますが、サイトまたはそのコンテンツに変更を加えていない場合は、閲覧アクセス許可レベルを持つビジターグループに属しています。たとえば、サイトを表示することはできますが、サイトでドキュメントを編集できない場合は、読み取りアクセス許可レベルがあります。

投稿のアクセス許可レベルがある

サイトを表示してサイト上のコンテンツを変更することはできますが、サイトに変更を加えない場合は、 Contributeのアクセス許可レベルを持つメンバーグループに属している必要があります。

フルコントロールのアクセス許可レベルを持っている

[フルコントロール] アクセス許可レベルを持つ [所有者] グループに属しているサイトのコンテンツと設定を変更できる場合。サイト所有者が実行する一般的なタスクの1つは、アクセス許可を管理することです。

サイトにアクセスする権限がありません

エラーが発生した場合: サイトにアクセスしようとしたときに拒否されたメッセージが表示される場合は、サイトの閲覧に必要なアクセス許可がありません。[アクセスの要求] をクリックして、サイトの所有者に必要なアクセス許可を付与します。

注: アクセスを要求する機能は、SharePoint サイトのオプション機能です。この機能が有効になっている場合は、サイトへのアクセスを要求できます。

サイトのアクセス許可を管理する

所有者グループのメンバーとして、サイトへのアクセスレベルを決定します。ユーザーにサイト全体へのアクセス権を付与したり、サイト上の特定の情報 (リストや1つのファイルなど) を指定したりすることもできます。特定のアイテムにアクセス許可レベルを割り当てると、その他のサイトへのアクセスを制限することなく、契約や予算の情報など、機密性の高いコンテンツを保護するのに役立ちます。

SharePoint グループとアクセス許可レベルは、サイトへのアクセスを効率的に管理するのに役立ちます。SharePoint グループにユーザーを追加し、サイトとそのコンテンツにアクセス許可レベルを割り当てます。既定では、リスト、ライブラリ、リストとライブラリ内のフォルダー、アイテム、ドキュメントのアクセス許可は、親サイトから継承されます。ただし、サブサイト、ライブラリ、さらにはファイルなど、下位レベルのアイテムに固有の権限を割り当てることができます。

SharePoint グループ

各サイトには、所有者などの SharePoint グループの既定のセットが付属しています。SharePoint グループの名前は、サイトの名前と一致します。たとえば、サイトの名前がマーケティングの場合、グループはマーケティング所有者と呼ばれます。ユーザーをこれらのグループに追加して、後でグループにアクセスできるようにすることで、個々のメンバーにアクセス権を付与する必要がなくなります。SharePoint グループを作成して、カスタムレベルのアクセスを提供することもできます。サイトの既定のメンバーよりも、特定のグループに対するリベラルまたは制限の高いアクセスを提供する必要がある場合があります。たとえば、多くの場合、機密プレゼンテーションを提供するマーケティングマネージャーのグループがある場合は、そのサイトの他のすべてのユーザーから制限された情報を共有できるマーケティングマネージャーグループを作成することができます。

アクセス許可レベル

各アクセス許可レベルには、そのレベルの目的の役割とタスクに基づいて、それに関連付けられた一連の権限が含まれています。たとえば、メンバーグループには、既定で Contribute のアクセス許可レベルがあります。サイトの所有者は、各アクセス許可レベルに関連付けられているアクセス許可を選択します (ただし、制限された Access とフルコントロールを除き、カスタマイズすることはできません)。または、新しいアクセス許可レベルを追加して、さまざまなアクセス許可を組み合わせることができます。一部のサイトには、サイトの目的に合わせて追加のグループとアクセス許可レベルがあります。たとえば、管理サイトの発行や記録などがあります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×