SharePoint サイトのごみ箱のアイテムを復元する

SharePoint サイトのごみ箱のアイテムを復元する

SharePoint ドキュメント ライブラリまたはリストからアイテムを削除しても、SharePoint からすぐには削除されません。削除されたアイテムはサイトのごみ箱に移動され、一定期間保持されます。その間、削除したアイテムは元の場所に復元することができます。SharePoint Online を使用しており、他のユーザーによって削除されたアイテムの編集権限をお持ちの場合は、そのアイテムを表示して復元することもできます。

アイテムを削除してサイトのごみ箱を空にする方法については、「アイテムを削除するか、SharePoint サイトのごみ箱を空にする」を参照してください。

注: 

更新日: 2017 年 12 月。お客様からのフィードバックに感謝します。

アイテムを SharePoint Online サイトのごみ箱から復元する

自分で削除したアイテムや、他のユーザーが削除したアイテム (そのアイテムの編集権限をお持ちの場合) は復元することができます。

注: 先行リリース プログラムを購入した組織には、一部の機能が段階的に追加されます。つまり、このような機能は、まだ表示されなかったり、ヘルプ記事に記載されている内容と異なったりする場合があります。

  1. 左側のウィンドウの [ごみ箱] をクリックします。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    左側のウィンドウにごみ箱が表示されない場合は、次の手順に従ってください。

    • [設定] SharePoint Online の [設定] ボタン をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックします。

    • ごみ箱は、上部のコマンド バーの右端にあります。

      SharePoint Online サイトのコンテンツ ページの [ごみ箱] ボタン
  2. [ごみ箱] ページで、復元するアイテムまたはファイルの左にあるボックスをクリックして選択します。

    アイテムが強調表示されている SharePoint Online のごみ箱
  3. [復元] をクリックします。

    強調表示されている SharePoint Online の [復元] ボタン

注: 探しているアイテムが表示されず、そのアイテムが最近削除された場合、サイト コレクション管理者は、サイト コレクションのごみ箱からアイテムを復元できる可能性があります。サイト コレクション管理者の場合は、「サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する」を参照してください。

アイテムを復元する場合、そのアイテムが削除された元の場所に復元されます。

アイテムを SharePoint 2016 または 2013 のごみ箱から復元する

  1. 画面の左側にあるクイック起動バーで、[ごみ箱] をクリックします。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    クイック起動バーに [ごみ箱] が表示されない場合は、次の手順に従ってください。

    • [設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックします。

    • ごみ箱は [サイト コンテンツ] ページの右上にあります。

      [サイト コンテンツ] でのごみ箱ボタンの表示

    注: ごみ箱が表示されていない場合   : ごみ箱が無効にされている可能性があります。ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。管理者の場合は、「ごみ箱の設定を構成する」を参照してください。

  2. [ごみ箱] ページで、削除または復元するアイテムまたはファイルの左にあるボックスをクリックして選択します。

  3. [選択したアイテムの復元] をクリックし、選択したファイルを復元します。

    ごみ箱のアイテムを復元するか削除するかを選びます。
  4. 確認ダイアログで、[OK] をクリックします。

注: 探しているアイテムが表示されていない場合は、保存期間が過ぎている可能性があります。管理者権限をお持ちの場合は、「サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する」を参照してください。お持ちでない場合は、復元できる管理者にお問い合わせください。

アイテムを復元する場合、そのアイテムが削除された元の場所に復元されます。

アイテムを SharePoint 2010 または 2007 サイトのごみ箱から復元する

  1. クイック起動バーの [ごみ箱] をクリックします (必要に応じて、下にスクロールしてください)。

    クイック起動バーにある SharePoint 2010 サイトのごみ箱リンク

    注: 

    • ごみ箱には、削除したアイテムのみが表示されます。ユーザーがサイト コレクション管理者でない限り、他のユーザーが削除したアイテムは表示できません。

    • ごみ箱が表示されていない場合   : ごみ箱が無効にされている可能性があります。ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。管理者の場合は、「ごみ箱の設定を構成する」を参照してください。

  2. アイテムの横にあるチェック ボックスをオンにします。

    アイテムが選択されている SharePoint 2007 の [ごみ箱] ダイアログ ボックス
  3. [選択したアイテムの復元] をクリックします。

    SharePoint 2010 でアイテムが選択され、[復元] ボタンが強調表示されている
  4. 確認ダイアログで、[OK] をクリックします。

概要

リスト、リスト アイテム、ライブラリ、ファイル、または特定のバージョンのファイルを元の場所に復元することができますが、その親が削除されていないことが条件となります。たとえば、ファイル自体が削除されている場合、特定のバージョンのそのファイルを復元することはできません。あるファイルを削除すると、そのファイルのすべてのバージョンが削除されるためです。同様に、あるファイルが属していたライブラリが削除された場合、そのファイルは復元できません。

最初にライブラリを復元できれば、ライブラリにファイルを復元できる可能性があります。ただし、セキュリティ設定が可能なオブジェクトを復元すると、削除時のセキュリティ設定可能オブジェクトのすべてのコンテンツが復元されることにご注意ください。セキュリティ設定可能オブジェクトとは、アクセス許可を割り当てることができるオブジェクトです。ここでは、リスト、リスト アイテム、ライブラリ、ファイルが相当します。そのため、この例では、ライブラリを復元すると、ライブラリに含まれていたすべてのファイルも復元されます。

フォルダーはこのルールの例外となります。復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。この場合、フォルダーのコンテンツ全体が復元されることはありません。

削除されたアイテムは、一定期間ごみ箱に保持されます。SharePoint Online の場合、保持期間は 93 日間です。この期間は、アイテムを元の場所から削除したときに始まります。サイトのごみ箱からアイテムを削除すると、サイト コレクションのごみ箱に移動されます。93 日間の残りの日数だけ、そこで保持され、その後、完全に削除されます。

ご意見をお寄せください

この記事はお役に立ちましたか? お役に立った場合は、このページの最下部でお知らせください。また、わかりにくかった点や情報が不足している点があれば、お知らせください。ご使用の SharePoint、OS、ブラウザーのバージョンも含めてください。皆様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×