SharePoint の列にインデックスを追加する

SharePoint の列にインデックスを追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フィルターを使用すると、パフォーマンスを向上する列にインデックスを追加します。リストまたはライブラリで 20 個までの列のインデックスを追加できます。リストまたはライブラリごとに最大 20 個のインデックスを追加するときに、頻繁に使用する列のみにインデックスを追加するをお勧めします。データにオーバーヘッド インデックスを追加します。

リスト ビューのしきい値を超えたブロックされている場合、リストまたはライブラリでより少ない 20,000 アイテムがある場合に、列のインデックスを通常の方法も追加できます。、SharePoint Online で任意のサイズのリストにインデックスを手動で追加できます。

単純インデックスと複合インデックスの作成方法

リストまたはライブラリで列のデータをフィルターするには、 SharePoint のビューを変更する使用がフィルター処理を参照してください。

インデックスを作成する列を選択するには、フィルター処理最もよく使われるさまざまなビューで使用されている列に注意してください。

重要: インデックスを作成するには、ので、リスト全体がリスト ビューのしきい値を超えている場合は、列のインデックスを作成するからできませんの一覧で、すべてのアイテムにアクセスする必要があります。このような場合は、時間帯の中に操作を行うか、管理者に連絡します。

  1. リストまたはライブラリで、左側のナビゲーション バーの名前をクリックしてまたは設定 Office 365 の [設定] ボタン またはサイトの操作] をクリックして、サイトのコンテンツまたはすべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

    設定メニュー、サイト コンテンツが強調表示されています
    SharePoint Online、2016 または 2013 のサイトのコンテンツにアクセスします。
    [サイトの操作] メニューの [すべてのサイト コンテンツの表示]
    SharePoint 2010 でサイトのコンテンツにアクセスします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    SharePoint Online では、[設定] SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン 、[リストの設定] または [ライブラリの設定] を順にクリックします。

    設定メニュー、リストの設定が強調表示されている

    SharePointで 2016、2013、または 2010リストまたはライブラリ、および [リストの設定またはライブラリの設定のリボンの [クリックします。

    リボン上の [リストの設定]
  3. [] セクションまで下にスクロールします。

    重要: ルックアップ列にインデックスを作成し、パフォーマンスを改善できますが、インデックス付きのルックアップ列を利用し、リスト ビューしきい値の超過を防ぐことはできません。プライマリまたはセカンダリのインデックスとして別の種類の列を使用してください。

  4. [インデックス付きの列] をクリックします。

    インデックス付きの列のリストまたはライブラリの設定] ページのリンクします。
  5. [インデックス付きの列] ページで、[新しいインデックスの作成] をクリックします。

    インデックス付きの列のページを強調表示されている新しいインデックスを作成します。
  6. 次の操作を行います。

    1. 単純インデックスを作成するには、[プライマリ列] セクションの [このインデックスのプライマリ列] でルックアップ列ではない列を選択します。

    2. 複合インデックスを作成するには、このインデックスのプライマリ列として参照列を選択します。[セカンダリ列] セクションで、[このインデックスのセカンダリ列参照列ではない別の列を使用します。

      注: 

      • 必ず選んで、列をサポートするインデックスを作成する

      • リスト ビューのしきい値のエラーを回避するためにインデックスを追加する場合は、使用するフィールドは、ルックアップ フィールドではないことを確認します。ルックアップ フィールドするフィールドの種類を確認するのにサポートされている列を参照してください。

      ドロップ ダウン ボックスから選択した列のインデックス ページを編集します。
    3. [作成] をクリックします。

    ライブラリを最初に計画については、ライブラリの概要を参照してください。

インデックス作成のためのサポートされており、サポートされていない列

サポートされている列の種類

  • 1 行テキスト

  • 選択肢 (単一値)

  • 数値

  • 通貨

  • 日付と時刻に関する数式

  • ユーザーまたはグループ (単一値) (参照)

  • 管理されたメタデータ (参照)

  • Yes/No

  • Lookup (検索)

サポートされていない列の種類

  • 複数行テキスト

  • 選択肢 (複数値)

  • 集計値

  • ハイパーリンクまたは画像

  • ユーザー設定の列

  • ユーザーまたはグループ (複数値) (参照)

  • 外部データ

ほとんどの SharePoint サイトで、[メタデータ ナビゲーションとフィルター処理] は既定で有効です。メタデータ ナビゲーションが特定のリストまたはライブラリで構成されていない場合でも、[メタデータ ナビゲーションとフィルター処理] は内部的に動作し、ビューのパフォーマンスを改善しています。[メタデータ ナビゲーションとフィルター処理] 機能は、ビューが読み込まれるたびに動作する最適なインデックスを自動的に選択します。新しいビューを読み込むとき、フィルターをビューに適用するとき、またはフィールドに並べ替えを適用するときは、クエリの最適化によって、データベースにクエリする最適な方法が決まります。

ユーザーが作成したり読み込んだりしたビューでインデックスを使用してリストを照会できない場合は、メタデータ ナビゲーションとフィルター処理によって代替クエリが作成されて実行されます。フォールバック クエリは、基のユーザー クエリが変更されたバージョンです。リスト全体ではなくリストの一部に対してのみクエリするため、要求したアイテムの一部が表示されます。これは、リスト サイズの上限のために元のクエリがブロックされた場合でも、ある程度有効な結果を表示するための処理です。リスト アイテムがリストに追加された日時に基づいて、新しいアイテムのうち最大 1,250 個までが表示されます。クエリによってスキャンされたリストの一部のアイテムに、元のユーザー クエリに一致する結果が含まれない場合、フォールバック クエリが結果を返さないことがあります。

さらに詳しい情報は、「リストまたはライブラリのメタデータ ナビゲーションを設定する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×