SharePoint、OneDrive、マイクロソフトのチーム用の office 365 の分析ツール

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

定期的にファイルの共有の連絡先し、SharePoint、OneDrive、マイクロソフトのチームを使用して共同作業を行います。Office 365 の高度な脅威保護(分析ツール) をより安全な方法で共同作業を行う組織。分析ツールは、検出して、チーム サイトとドキュメント ライブラリの悪意のあるとして指定されているファイルをブロックするには役立ちます。SharePoint Online、OneDrive for Business、および Microsoft チーム、分析ツールの概要を取得するには、この記事し、[次の手順を実行します。

ヒント: この記事で説明したタスクを実行するためには、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター権限が割り当てられている必要があります。

この記事の内容:

メカニズム

SharePoint Online でのファイルを OneDrive for Business、および Microsoft チーム確認された、悪意のある、分析ツールは、そのファイルをロックするファイルの保存に直接統合します。次の図は、ライブラリで検出された悪意のあるファイルの例を示します。

悪意のあるとして検出された 1 つで向け OneDrive 内のファイルのスクリーン ショット

ブロックされているファイルは、web、モバイルまたはデスクトップ アプリケーションとドキュメント ライブラリには表示されますが、ブロックするファイルことはできませんが開いた、コピー、移動、または共有します。ユーザーは、ブロックされたファイルを削除するただし、ことができます。次の例の内容を次のようにユーザーのモバイル デバイスで:

OneDrive のモバイル アプリから OneDrive for Business からをブロックするファイルを削除するのスクリーン ショット

Office 365 の設定方法によってユーザーをブロックするファイルをダウンロードする機能がない可能性があります。ブロックされたファイルをダウンロードすると、ユーザーのモバイル デバイスでようにを示します。

向け OneDrive をブロックするファイルのダウンロードのスクリーン ショット

詳細については、 SharePoint、OneDrive、マイクロソフトのチーム用の Office 365 の分析ツールを有効にするを参照してください。

次の点に注意してください。

  • 分析ツールは、Business、または Microsoft チームの SharePoint Online、OneDrive では、すべてのファイルをスキャンしてしません。これは仕様します。ファイルは悪意のあるファイルを特定するスマート経験則および脅威信号と一緒にゲストと共有するアクティビティのイベントを使用している手順に従って、非同期スキャンします。

  • SharePoint Online の悪意のある名前を付けて指定されているファイルの場合は、OneDrive for Business、または Microsoft チームが表示されます脅威エクスプ ローラー ( Office 365 の脅威インテリジェンスの一部) とOffice 365 高度な脅威保護するためのレポートで。

  • 分析ツールは、組織の全体的な脅威保護戦略スパムおよびマルウェア対策による保護] と併せて安全なリンク安全な添付ファイルを含むの一部です。詳細については、 Office 365 での脅威から保護するを参照してください。

  • SharePoint Online 管理者は、悪意のあるとして検出されたファイルをダウンロードするのには、ユーザーを有効にするかどうかを確認できます。これは DisallowInfectedFileDownload パラメーターを使用してセット SPOTenant PowerShell コマンドレットを実行する ( SharePoint、OneDrive、マイクロソフトのチーム用の Office 365 の分析ツールを有効にするを参照してください)。

(新規) です。SharePoint の分析ツールのオンライン検疫、OneDrive for Business、および Microsoft チーム

遅延が 2018年で以降では、[セキュリティとコンプライアンス センター検疫機能されているに拡張されます分析ツールの SharePoint Online、OneDrive for Business、および Microsoft チーム。

ときに、SharePoint Online のファイルは、OneDrive for Business、または Microsoft チームは、ファイルを開くまたは共有されるをブロックして分析ツールに加えて、悪意のあるとして識別、検疫済みのアイテムの一覧でそのファイルが含まれています。([セキュリティとコンプライアンス センター、脅威の管理に移動します >校閲>検疫とコンテンツのフィルター処理します。)。

場合は、組織の Office 365 セキュリティ チームの一部していて、 Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの権限が割り当てられている必要がある、ダウンロード、離すと、レポート、できますから分析ツールによって、悪意のあるとして検出されたファイルを削除します。検査します。

  • 解放してレポート、ファイルは、SharePoint、OneDrive、または Microsoft チームのそれぞれのチーム サイトまたはドキュメント ライブラリでファイルの分析ツールのブロックを削除します。開く、共有、およびファイルをダウンロードすることもできます。また、誤検知として Microsoft に、ファイルが報告がMicrosoft へのレポートを送信する] オプションが選択されている場合。

  • 検疫; からファイルを削除するファイルを削除します。ただし、ファイルがまだブロックされているを開いたまたは共有されます。(SharePoint Online、OneDrive for Business、または Microsoft チーム) 各ドキュメント ライブラリまたはチーム サイトにファイルを削除もする必要があります。

  • ファイルのダウンロードをダウンロードして、誤用のファイルを分析できるようになります。

次のステップ

関連トピック

Office 365 の高度な脅威保護
Office 365 高度な脅威保護するためのレポートを表示する
[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの権限

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×